Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


アメリカ携帯キャリアのSIMロック解除ポリシー、一覧


- Old Counter



アメリカでは利用者による携帯端末のSIMロック解除は、2014年8月1日より合法になっています。
アメリカのSIMロック解除合法化法案が、本日2014年8月1日から施行 – 2014年8月2日
ただし、このSIMロック解除合法化法は、キャリアがSIMロック解除を義務付けるものではありません。利用者がキャリアの許可無くSIMロック解除しても、それは合法である(違法ではない)ことを保証したものです。

しかし、2012年10月26日のDMCAアメリカ著作権法付表の3年毎の改訂で利用者による携帯端末のSIMロック解除が合法では無くなってから、
(アメリカで)2013年1月26日以降に購入するSIMロック携帯電話は、『キャリアの許可無く』SIMロック解除することは違法となります。 – 2012年10月26日
ホワイトハウスおよびFCCは携帯端末のSIMロック解除の合法化を提唱し、それに伴い、2013年12月13日、AT&T、Verizon、T-Mobile US、Sprint、U.S. Cellularの5キャリアと、携帯業界団体であるCTIAは、自主的に「SIMロック解除ポリシーを消費者に対して明確化することと、2015年2月11日までに新しいポリシーに従ったSIMロック解除を消費者に提供すること」と約束し、FCCと合意に達しました。

ということで、アメリカのキャリアによるSIMロック解除提供は、法案によって義務化されている訳ではないことを理解してください。AT&TとT-Mobile USはこの2015年2月11日を前に既に数ヶ月前から新しいSIMロック解除ポリシーを公表しています。したがって、2015年2月11日以降変わったことはありません。VerizonはLTE端末に関しては販売時からSIMロックしていませんので、対象になりません。2015年2月11日から大きく変わるのは、Sprintと、Sprintのプリペイド部門であり、これまでSIMロック解除を一切行ってこなかったVirgin Mobile USAおよびBoostMobileです。

また、業界団体であるCTIAに加入していないTracfoneとそのブランド(Net10、StraightTalk、など)は、このFCCとのSIMロック解除の「自主的行動の合意」に従う必要はありませんが、一応、SIMロック解除に前向きに向かうようです。ただし、本日現在のところはTracfone/Net10/StraightTalk専用端末のSIMロック解除は出来ません。

それでは、以下に各社のSIMロック解除ポリシーをまとめてみます。
日本語の簡単な解説を、順次追加していきます。

なお、各キャリアが提供するSIMロック解除料金は、無料です。
また、どのキャリアも、盗難・紛失報告がされている携帯のSIMロック解除リクエストは、受け付けません。

■ AT&T

【AT&T】Consumer Device Unlock Portal
 - ポストペイド契約
 - - 2年契約割引で購入した場合には、その2年契約を満了していること、または、早期解約料を支払うこと。
 - - 分割払いで端末を購入した場合には、残債支払いを完了すること。
 - - 早期アップグレードで入手した端末は、購入してから14日(クーリングオフ期間)を越えていること。
 - - 最低60日間、ポストペイド通信契約されていること。未払いが無い事。
 - - 1アカウント当たり、1年に5台までSIMロック解除をリクエストできる。
 - - 既に解約している過去のAT&T契約者は、1アカウント当たり5台までSIMロック解除をリクエストできる。
 
 - プリペイド契約
 - - 最低6ヵ月、プリペイド通信契約されていること。
 - - 1アカウント当たり、1年に5台までSIMロック解除をリクエストできる?(←要確認)

 - 一度もAT&Tとの契約をしたことが無い人で、AT&T版携帯をSIMロック解除したい人
 - - 端末の残債が無い事、または、その端末の契約が満期を過ぎていること。(つまり、定価で購入した。)

SIMロック解除リクエストページ:
【AT&T】Consumer Device Unlock Portal
で「I have read and agree to the eligibility requirements to unlock my device.」を選択して、「Continue」ボタンをクリック。

電話でのSIMロック解除リクエス:
AT&Tカスタマーサービス「1-800-331-0500」、または、当該携帯から「611」番へ電話。

アンロックコード、または、SIMロック解除可否の連絡は、2営業日以内に受信。

■ T-Mobile US

【T-Mobile US】Unlock your mobile wireless device
 - ポストペイド契約
 - - 最低40日間ポストペイド契約に加入していること。
 - - 分割払い(EIP)で端末を購入した場合には、残債支払いを完了すること。
 - - SimpleChoiceプランに加入していること。旧プラン加入者は最低18ヶ月連続契約、または、SimpleChoiceプランに変更。
 - - 解約済みアカウントの場合には、残債ゼロであること。
 - - 購入時の領収書を請求することがある。
 - - 1アカウント当たり、1年に2台までSIMロック解除をリクエストできる。

 - プリペイド契約
 - - SIMロック解除希望端末が、最低365日、プリペイド通信契約されていること。
 - - 1年未満の契約の場合には、端末加入時から、フィーチャーフォンは累積$25、スマホやタブレットは累積$100のリフィルがされていること。
 - - プリペイド通信契約が継続中であること。(キャンセルされていないこと。)
 - - 購入時の領収書を請求することがある。
 - - 1アカウント当たり、1年に2台までSIMロック解除をリクエストできる。

SIMロック解除リクエスト先:
T-Mobile USカスタマーサービス「1-877-778-2106」、または、当該携帯から「611」番へ電話。(繋がったら、声で「representative」と言えば、リアルなカスタマーサービススタッフに繋がります。)

■ Verizon

【Verizon】Device Unlocking Policy
 - ポストペイド契約
 - - LTE端末は、SIMロックされていない。
 - - CDMA2000専用端末は、SIMロックされていない。「000000」または「123456」でプログラムモードに入れる。
 - - CDMA2000/GSM(W-CDMA)デュアルモード端末は、(いつでも)SIMロック解除をリクエストできる。
 - - - SIMロック解除リクエスト時に、カスタマーサービスからのOTAアクセスが必要なことがある。(つまり、当該端末がアメリカ国内にある必要がある。)

 - プリペイド契約
 - - LTE端末は、SIMロックされていない。
 - - CDMA2000専用端末は、SIMロックされていない。「000000」または「123456」でプログラムモードに入れる。
 - - CDMA2000/GSM(W-CDMA)デュアルモード端末は、12ヶ月の契約(使用)後、SIMロック解除をリクエストできる。
 - - - SIMロック解除リクエスト時に、カスタマーサービスからのOTAアクセスが必要なことがある。(つまり、当該端末がアメリカ国内にある必要がある。)

SIMロック解除リクエスト先 (3G専用、3G/W-CDMA兼用端末):
Verizonカスタマーサービス「1-800-922-0204」(ポストペイド)、「1-888-294-6804」(プリペイド)、または、当該携帯から「611」番へ電話。(繋がったら、声で「representative」と言えば、リアルなカスタマーサービススタッフに繋がります。)

■ U.S. Cellular

【U.S. Cellular】U.S. Cellular® Device Unlocking Policy
 - ポストペイド契約
 - - 2年契約割引で購入した場合には、その2年契約を満了していること、または、早期解約料を支払うこと。
 - - 分割払いで端末を購入した場合には、残債支払いを完了すること。
 - - 定価で購入した端末は、いつでもSIMロック解除リクエストできる。
 - - 未払い料金が無いこと。
 
 - プリペイド契約
 - - 最低12ヵ月、プリペイド通信契約されていること。

 - 一度もU.S. Cellularとの契約をしたことが無い人で、U.S. Cellular版携帯をSIMロック解除したい人
 - - 可能だが、不正なリクエストと判断した場合にはU.S. Cellularに拒否する権利がある。

SIMロック解除リクエスト先:
U.S. Cellularカスタマーサービス「1-888-944-9400」へ電話、または、U.S. Cellularショップへ来店。

アンロックコードはその場で提供、または、ショップが端末をベンダーに送る場合には3~4日で店舗に返却予定。

■ Sprint

【Sprint】Unlocking your Sprint device
 - 「米国内もSIMフリー可能(DSU)」端末
 - - 2年契約割引で購入した場合には、その2年契約を満了していること、または、早期解約料を支払うこと。
 - - 分割払いで端末を購入した場合には、残債支払いを完了すること。
 - - リクエストする人が、Sprintと通信契約中であること。
 - - 2015年2月以前に発売された端末は、カスタマーサービスに電話。
 - - 2015年2月以降に発売された「米国内もSIMフリー可能(DSU)」端末は、条件を満たせば自動的にSIMロック解除される。
 - - 現在使用していないSprint版「米国内もSIMフリー可能(DSU)」端末は、いつでもSIMロック解除をリクエストできる。
 - - 「米国内もSIMフリー可能(DSU)」端末は、現在、以下の端末が該当 :
 - - - iPhone 5S
 - - - iPhone 5C
 - - - iPhone 6
 - - - iPhone 6 Plus
 - - - iPhone 6S
 - - - iPhone 6S Plus
 - - - その他、HTC、LG、Samsungの最新機種。(詳細は、Sprintの上記「Unlocking your Sprint device」参照。)
 - - 「米国外SIMのみSIMフリー可能」端末は、現在、以下の端末が該当 :
 - - - iPhone 4S
 - - - iPhone 5
 - - - その他、HTC、LG、Samsungの一部の機種。(詳細は、Sprintの上記「Unlocking your Sprint device」参照。)

 - 国外SIM使用のためのSIMロック解除(米国内はSIMロック)、Unlocking for international travel、リクエスト
 - - Sprintと現在契約中であること。
 - - 当該端末が最低90日間、通信契約中であること。
 - - 未払いがないこと。
 - - 分割払いで端末を購入した場合には、残債支払いを完了すること。
 - - 過去12ヶ月に別の端末のSIMロック解除を「2回以上」リクエストしていないこと。(つまり、12ヶ月ごとに1 2台SIMロック解除が可能。)

SIMロック解除リクエスト先:
 - 「米国内もSIMフリー可能(DSU)」リクエストは、Sprintカスタマーサービス「1-866-866-7509」または、当該携帯から「611」番へ電話。
 - 国外SIM使用のためにSIMロック解除(Unlocking for International Travel)リクエストは、Sprint Worldwide Careへ電話。Chat、http://sprint.com/swwsupportからフォーム入力で連絡、または、「1-888-226-7212」へ電話  SprintのMyAccountへログインして、個別の端末ごとにリクエスト出来ます。

■ Virgin Mobile USA

【Virgin Mobile USA】UNLOCKING POLICY
 - 当該端末を12ヵ月継続して使用していること。
 - 「米国内もSIMフリー可能(DSU)」端末は、現在、以下の端末が該当 (ただし、2015年2月19日から「米国内もSIMフリー可能」):
 - - iPhone 5s
 - - iPhone 5c
 - - iPhone 6
 - - iPhone 6 Plus
 - これらは、SIMロック解除後はアメリカ国内SIMにも対応。
 - 3G CDMA2000対応のアンドロイド携帯やiPhone 4s/5は、CDMA2000モード(通話モード)のみアンロック。

SIMロック解除リクエスト先:
Virgin Mobile USAカスタマーサービス「1-888-322-1122」へ電話。

■ BoostMobile

【BoostMobile】Unlocking Policy
 - 当該端末を12ヵ月継続して使用していること。
 - 「米国内もSIMフリー可能(DSU)」端末は、現在、以下の端末が該当 (ただし、2015年2月19日から「米国内もSIMフリー可能」):
 - - iPhone 5s
 - - iPhone 5c
 - - iPhone 6
 - - iPhone 6 Plus
 - これらは、SIMロック解除後はアメリカ国内SIMにも対応。
 - 3G CDMA2000対応のアンドロイド携帯やiPhone 4s/5は、CDMA2000モード(通話モード)のみアンロック。

SIMロック解除リクエスト先:
BoostMobileカスタマーサービス「1-888-BOOST-4U(1-888-266-7848)」へ電話。

■ Tracfoneグループ(Tracfone、Net10、StraightTalk)

【Tracfone】TracFone Wireless, Inc. Unlocking Policy
 - 現在、端末メーカーと調整中。SIMロック解除提供開始時期は、未定。
 - 1年間の通信契約を継続していることが、SIMロック解除を提供する条件となる予定。

■ Cricket(AT&T)

【Cricket Wireless】Device Unlock
 - 当該端末を6ヵ月継続して使用していること。

SIMロック解除リクエスト先:
Cricketカスタマーサービス「1-800-CRICKET (1-800-274-2538)」へ電話、または、チャット、または、Cricket店舗へ来店。

■ GoSmart(T-Mobile US)

【GoSmart】Unlock Your Mobile Wireless Device
 - 当該端末を最低3ヵ月継続して使用していること。
 - 購入時の領収書を請求することがある。

SIMロック解除リクエスト先:
GoSmartカスタマーサービス「1-877-582-7788」へ電話。

アンロックコードは、2日以内に提供。

■ MetroPCS(T-Mobile US)

【MetroPCS】MetroPCS Phone Unlock Policy
 - 当該端末を最低でも連続3ヵ月継続して使用していること。

SIMロック解除リクエスト先:
MetroPCSカスタマーサービス「1-888-8metro8 (1-888-863-8768)」へ電話、または、当該端末から「611」へ電話、または、MetroPCS直営店へ来店。
SIMロック解除リクエスト時に当該携帯の電話番号、契約者名、アカウントPIN番号、Eメールアドレス(アンロックコード受信のため)が必要。

アンロックコードは、通常、2~3日で提供。

■ Brightspot(Target)

【BrightSpot】Unlocking
 - 当該端末を過去60日以内に使用したことがあること。
 - 契約が継続中であること。
 - その端末を契約(使用)してから、累計$80のリフィルをしていること。
 - 過去12ヶ月に2台SIMロック解除リクエストしていないこと。(つまり、12ヶ月ごとに2台SIMロック解除が可能。)
 - 購入時の領収書を請求することがある。

SIMロック解除リクエスト先:
Brightspotカスタマーサービス「1-888-984-7127」、または、当該携帯から「611」番へ電話。

■ Walmart Family Mobile (Walmart)

【Walmart Family Mobile】Unlock Your Mobile Wireless Device
 - 当該端末を合計40日以上使用していること。(継続して使用している必要は無い。)
 - 未払いが無いこと。
 - 過去12ヶ月に2台SIMロック解除リクエストしていないこと。(つまり、12ヶ月ごとに2台SIMロック解除が可能。)ただし、保証で端末を交換した場合には、例外。

SIMロック解除リクエスト先:
Family Mobile カスタマーサービス「1-877-760-8760」、または、当該携帯から「611」番へ電話。

アンロックコードは、2日以内に提供。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>