Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年3月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。

アクセス数(このカウンターは2015年8月1日にリセットされました。)

über ecSTATic
累積訪問者数:2,080,227
累積閲覧頁数:4,201,321
累積RSS数:1,419,241
累積Bots頁数:3,133,888
当頁累積閲覧数:599
昨日訪問者数:1,026
昨日閲覧頁数:2,363
昨日RSS数:672
昨日Bots頁数:4,202
直近5分以内の訪問者数:21


SprintのiPhone 5c/5s/6/6 PlusでWiFi Callingを使用する方法


- Old Counter



2015年4月8日のiOS 8.3の更新に伴い、SprintのiPhone 5c/5s/6/6 Plus利用者はWiFi Callingが使用できるようになりました。

そこで、まだ出来ていない人は、以下の手順をチェックしてください。

Step 1.iPhoneをiOS 8.3にアップデートします。
「Settings(設定) ⇒ General(一般) ⇒ Software Update(ソフトウェアアップデート)」で、iOS 8.3(以上)に更新してください。

Step 2.キャリアプロファイルを更新します。
「Settings(設定) ⇒ General(一般) ⇒ About(情報)」をタップすると、「Carrier Settings Update」をUpdate(更新)します。
このあと、「Settings(設定) ⇒ General(一般) ⇒ About(情報)」で、Carrierの項目が「Sprint 19.1(以上)」になっていなければなりません。

Step 3.Wi-Fi Call (Wi-Fi通話)をオンにしてみる。
「Settings(設定) ⇒ Phone(電話)」をタップし、「Wi-Fi Calls(Wi-Fi通話)」の項目が表示されているかどうかを、確認します。
Step 1.とStep 2.終了後にこの項目が無ければ、iPhoneをいったん再起動(電源オフ ⇒ オン)してください。

次に、「Settings(設定) ⇒ Phone(電話) ⇒ Wi-Fi Calls(Wi-Fi通話)」をタップし、「Allow Wi-Fi Calls(Wi-Fi通話を許可する)」をオンにします。

以下のようなエラー画面が出たら、PCでSprintのアカウント管理ページで「Wi-Fi Calling」のオプションに加入しなければなりません。(画面に書いてある電話番号に電話しても、OK。)

Step 4.PCでSprintのアカウント管理ページにアクセスし、「Wi-Fi Calling」のオプションに加入する。

PCなどのブラウザーでSprintのアカウント管理画面にログインし、Wi-Fi Callオプションに加入したい電話番号の端末の右横の「Manage this device」をクリックしてプルダウンメニューを表示し、「Change my services」をクリックし、次の画面で「Wi-Fi Calling」のオプションを選択し、画面右下の「Save」ボタンをクリックします。

「変更が保存された」というポップアップメッセージが表示されます。
同じアカウントの他のiPhoneもオプション追加する場合には「Yes, let me pick another phone.」、終了した場合には「No thanks, I’m finished.」をクリック。
変更がSprint側でアップデートされるには1~2時間掛かることがあるそうです。

Step 5.再度、iPhoneのWi-Fi Call (Wi-Fi通話)をオンにしてみる。

Step 4のあとにしばらく待って、再度、iPhoneのWi-Fi Call (Wi-Fi通話)設定をオンにしてみます。
「Settings(設定) ⇒ Phone(電話) ⇒ Wi-Fi Calls(Wi-Fi通話)」をタップし、「Allow Wi-Fi Calls(Wi-Fi通話を許可する)」をオンにします。

このとき、下の画面のように、「9-1-1 Address」画面が表示されたら、OKです。
画面の指示に従って、自分の住所を確認し、画面一番下の「Submit」ボタンをタップします。

これで、WiFi Callが使用できるようになりました。WiFi Callingが有効になっていて、かつ、WiFiに接続されているときは、キャリア名のところが「Sprint Wi-Fi」と表示されます。
電話の発信や着信は、この状態で普通に出来ます。

WiFi Callでは使用出来ない(電話出来ない)サービスがあります。たとえば、
 - 211: Community Resources
 - 311: Non-Emergency Services
 - 411: Directory Assistance
 - 511: Traffic Information
 - 611: Sprint Customer Care
 - 711: TDD Relay for Deaf and Hard of Hearing
 - 811: Call Before You Dig Services
 - *2: Sprint Customer Care
 - *3: Sprint Pay by Phone option
 - *4: Sprint Wireless Account Information
 - *5: Sprint Wireless Account Information in Spanish
など、です。

また、WiFi Callは以下の国では、その国の法規制により、使用できません。
 - オーストラリア
 - インド
 - シンガポール
 - 中国
 - キューバ
 - 北朝鮮
 - イラン
 - スーダン
 - シリア

Sprintの場合、WiFi Callで通話の着信や、アメリカ番号へ発信をする場合には、料金は無料です。通話分数もカウントされません。 WiFi Callでアメリカ国外の電話番号に発信する場合には、アメリカから国際電話を掛けた料金が適用されます。

参考:
【Sprint】FAQs about Wi-Fi Calling











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>