海外在住者(日本人・外国人)が日本で携帯を使う方法、まとめ


- Old Counter



海外在住者(日本人・外国人)が日本国内で携帯を使う方法を、まとめます。

また、このサイトではこれまで触れていなかった日本国内用レンタルSIMについても、追記します。

海外在住者が一時帰国(または旅行・出張)で日本国内で携帯電話を使う、または、持つ方法は、以下の方法があります。

1.自国の携帯を持ち込み、そのまま国際ローミング料金で日本で使う。
2.海外で販売されている日本(ソフトバンク)のSIMを購入し、SIMフリー3G携帯(またはソフトバンク用3G携帯)に差し込んで、使う。
3.日本国内で日本のプリペイド携帯を購入し、使う。
4.日本の空港で日本国内用SIMをレンタルし、SIMフリー3G携帯に差し込んで、使う。
5.世界で使用可能なSIM(「Global SIM」と言う。通常、イギリスの電話番号。)を入手し、SIMフリー3G携帯に差し込んで、使う。
6.日本の空港や自国で日本国内用携帯をレンタルし、滞在中に使う。
7.日本国内用データ専用SIMやポケットWiFiを、購入したりレンタルして、滞在中に使う。

なお、匿名で登録された携帯電話を利用した振込め詐欺などの犯罪を無くすために、日本には2006年4月1日から「携帯電話不正利用防止法」という法律が施行されており、日本に居所があることを証明しないと、日本国内でのSIMだけの購入や携帯電話の契約は、プリペイド・ポストペイドに関わらず、出来ません。
また、この法律はドコモ・ソフトバンク・AUだけでなく、日本通信の通話付きb-mobile TalkingやイオンのプリペイドSIMなどにも適用されます。

通話を伴わないモバイル通信専用SIMや装置に関しては、この法律の適用外なので、住所が海外であっても契約可能です。

なお、アメリカ4社の日本での国際ローミング料金と、ソフトバンクのプリペイド携帯、ソフトバンクの日本国内用SIMレンタル、海外で購入可能なソフトバンクのSIM(Nippon SIM、Japan SIM)の料金の比較は、
アメリカの携帯/iPadを日本でローミングする場合の料金:4社比較 – 2011年5月23日
にまとめてあります。

以下、それぞれのオプションのメリット・デメリットを詳しく考察していきます。


1.自国の携帯を持ち込み、そのまま国際ローミング料金で日本で使う。

注意:
日本には2G GSMの通信方式のキャリアがありませんので、2G GSM専用携帯は日本国内では使えません。

北米で使用している3G周波数は、日本で使用している3G周波数とは違います。
ただし、北米で販売されているほとんどの3Gスマートフォンは国際ローミング対応なので、日本の3G周波数もカバーしているので、ハードウェア的には使用できるでしょう。

北米以外の3G携帯は、日本の3G周波数と同じ周波数を使用しているので、問題は無いでしょう。

※逆は必ずしも正しくありません。
つまり、日本の携帯は、必ずしも北米(アメリカ・カナダ)の3G周波数に対応しているとは限りません。
日米のキャリアの周波数に関しては、
アメリカの携帯電話会社と通信方式・周波数 – 2010年12月1日
を参照して下さい。

国際ローミングでの日本国内での電話(ダイアル)の仕方は、
アメリカの携帯/iPadを日本でローミングする場合の料金:4社比較 – 2011年5月23日
参照。

メリット:
毎回、電話番号が変わらない。
自国の自分の電話番号に掛かってきた電話も、日本で受信できる。

デメリット:
通話コストが高い。
着信も課金される。
パケット(データ)コストが、バカ高い。
(例外:アメリカの場合は、AT&Tの場合はGlobal Data Add-on割引に加入していれば、比較的安い。
AT&T契約のiPhoneを日本で使うときの注意(料金) – 2011年2月6日
参照。アメリカのAT&T以外の他社の場合は、日本でのパケット割引は現在のところありません。)
日本に来ても自国の電話番号なので、日本の人には国際電話をしてもらわないと、自分の電話に繋がらない。
通常、自国のプリペイド携帯は、日本でローミングできないことが多い。

参考:
Verizon iPhone 4は日本で国際ローミング出来るか? – 2011年2月24日
は、iPhone以外のVerizonの携帯やSprintの携帯にも適用できます。

 
 
 

2.海外で販売されている日本(ソフトバンク)のSIMを購入し、SIMフリー3G携帯(またはソフトバンク用3G携帯)に差し込んで、使う。

海外在住者用の日本国内用携帯SIMが発売されました – 2010年12月11日
で紹介したSIMで、Nippon SIMまたはJapan SIMと呼ばれ、アメリカの日系携帯電話関連会社から入手できます。
基本的には、ソフトバンクの海外在住者向けSIMです。
現在、出荷先はアメリカ国内と日本国内(帰省先など)の住所に限られているようです。
入手にはパスポートなどの身分証明書が必要です。
支払いは、自国発行のクレジットカードで使用後、支払います。

料金は、前述の
アメリカの携帯/iPadを日本でローミングする場合の料金:4社比較 – 2011年5月23日
参照。

メリット:
一度購入すれば、電話番号が変わらない。
日本の電話番号である。
着信は無料。

デメリット:
パケット(データ)コストが、バカ高い。
日本とアメリカ以外には発送してもらえない。

 
 
 

3.日本国内で日本のプリペイド携帯を購入し、使う。

海外在住で日本のプリペイド携帯を購入する方法は、
海外在住者、ソフトバンクのプリペイド(プリモバイル)携帯購入-1:購入編 – 2011年2月15日
で紹介しましたので、詳しくお読みください。

冒頭部分に書いた「携帯電話不正利用防止法」のおかげで、日本に居所があることを証明しないと、購入できません。が、日本国パスポート所有者は条件さえ満たせば、ナントカ購入できます。

購入・発送は、日本国内のみです。

メリット:
一度購入すれば、電話番号が変わらない。
日本の電話番号である。
着信は無料。

デメリット:
プリペイド契約ではインターネットが出来ない。(メールは、月300円で可能。)
局側での留守録が、出来ない。(携帯本体を使った簡易留守録は可能だが、電波が届かないところでは簡易留守録は役に立たない。)
海外のSIMフリー携帯にSIMを入れ替えると、メールが出来なくなる。(テキストは可能。)
日本国内以外では入手できない。
短期滞在の外国人は、自分名義で購入するのは不可能。(有効なビザを所有する90日以上滞在の外国人は、区市町村役場で外国人登録をした後、その証明とパスポートを持っていけば、日本国内で携帯の契約ができる。)
 
 
 

4.日本の空港で日本国内用SIMをレンタルし、SIMフリー3G携帯に差し込んで、使う。

ソフトバンクが、国内用SIMを空港でレンタルしています。
http://www.softbank-rental.jp/inbound/phones/sim3g.php
または、検索エンジンで「ソフトバンク 国内 SIM レンタル」で探してください。

SIMフリーで、3G W-CDMA 2100MHz対応携帯であれば、これが使えます。

特に、法律の関係で日本国内用プリペイド携帯(SIM)が購入できない人には、これしか選択が無い場合があるでしょう。

iPhone用SIMに限り1日の最大パケット料金が1500円なので、比較的安心して使えます。
iPhone以外のSIMではこのパケット料金の上限が無いので、注意してください。

メリット:
クレジットカードとパスポートだけで、誰でも(外国人でも)入手可能。
日本の電話番号である。
着信は無料。

デメリット:
毎回電話番号が違う。
SIMフリー携帯でしか使えない。
iPhone以外で使用すると、パケット料金がバカ高い。
日本国内のいくつかの国際空港でしか入手できない。
飛行機を降りて直後や、飛行機に乗る直前には、使えない。
通話料金以外にレンタル料が課金される。
 


追記:
この会社も、日本国内用iPhone、iPad、アンドロイドスマホ用SIMをレンタルしています。
Global Advanced Communications 日本国内用SIMレンタル

 
 

5.世界で使用可能なSIM(「Global SIM」と言う。通常、イギリスの電話番号。)を入手し、SIMフリー3G携帯に差し込んで、使う。

イギリスの通信会社何社かが「世界約200カ国で使える、Global SIM」という触れ込みで販売しているSIMがあります。
その中の例として、アメリカで入手できるSIMのひとつにeKit SIMがあります。
http://www.ekit.com

アメリカ以外の国でもこれに似たGlobal SIMは必ず販売されているはずなので、自国で探してみてください。

これらのSIMはイギリスの電話番号(「+44」で始まる電話番号)を持ち、世界のほとんどの国で通話が出来ます。
中には、イギリスとアメリカの2カ国の番号を持っている「Dual Number SIM」もあります。

※「Dual Number SIM」の電話番号の切り替えは、携帯の電源を入れるときの起動時のPIN番号の入力によって、切り替えます。(例:「12345」を入力すると、イギリス番号。「22345」を入力すると、アメリカ番号。)
両方の電話番号を同時に使うことは出来ません。
が、通常は、片方の電話番号に掛かってきた通話を、もうひとつの使用中の電話番号に転送することで、問題解決します。

メリット:
電話番号がひとつなので、世界中どこに旅行・出張しても、掛けてもらう人に電話番号の変更を伝えなくても良い。
国際ローミングよりは通話料は安い。

デメリット:
SIMフリー携帯でしか使えない。
着信も課金されるSIMが多い。
データ(パケット)料金がバカ高い。
イギリスの電話番号なので、イギリス以外では国際電話をしてもらわないと、自分に繋がらない。
世界中で通話料金を比較的安く抑えるために、「コール・バック・システム」を使っていることが多く、使いにくい。

※「コール・バック・システム」= 相手に電話するときに、相手の電話番号をダイアルして掛ける。 ⇒ 一旦電話を切る。 ⇒ コールバックサーバーが電話をした自分と、相手とに、同時に電話し、繋がる。 ⇒ 電話を受ける。 ⇒ 相手と会話が出来る。
 
 
 

6.日本の空港や自国で日本国内用携帯をレンタルし、滞在中に使う。

これについては説明は不要だと思います。
成田空港にも複数の会社があるし、世界の大都市では出発前に借りられるところも多いでしょう。

メリット:
クレジットカードとパスポート(自国でのレンタルなら、身分証明書も不要)だけで、誰でも(外国人でも)入手可能。
日本の電話番号である。
着信は無料。

デメリット:
毎回電話番号が違う。
パケット料金がバカ高いか、インターネットは不可。
到着空港でのレンタルの場合は、飛行機を降りて直後や、飛行機に乗る直前には、使えない。
通話料金以外にレンタル料が課金される。

 
 
 
7.日本国内用データ専用SIMやポケットWiFiを、購入したりレンタルして、滞在中に使う。

端末を日本国内で使用する目的がインターネット接続が中心であれば、日本通信が海外在住者用「U300 SIM Visitor」を発売しています。
b-mobile U300 SIM Visitor
速度は遅い(ダウンロード最高300bps)ですが、既にアクティベートされて届くので、アクティベートの手間が省けます。価格もそこそこで、30日で自動的に期限が切れる(延長は可能)ので、解約手続きもラクで、解約料も不要です。

※ 追記:日本通信は、現在は速度の速いSIMも発売しているようです。同社のホームページで良く調べて、お買いください。

その他、Global Aadvance Communicationsなど数社が日本国内用ポケットWiFiをレンタルしています。空港の事務所または空港内郵便局で受け取りが出来ます。返却も、封筒に機器を入れて、空港内の郵便ポストに入れれば終了です。料金はクレジットカードに課金されます。
Global Aadvance Communications 日本国内ポケットWiFiレンタル
など。

メリット:
音声通信機能が無ければ「携帯電話不正利用防止法」の対象ではないので、日本国内居所証明は不要。
クレジットカードだけで、誰でも(外国人でも)入手可能。
どこでもネットが出来る。

デメリット:
電話機能は無い。
 
 
 

ちなみに筆者は、
●日本で街中で行動中にネットやメールや地図・時刻表アプリを使うときは、AT&T契約のiPhoneを、日本へ行くときだけGlobal Data Add-Onに加入し、使う。帰米したら、Global Data Add-Onは解約する。
●日本のホテル以外でPCを使うときは、数年前から加入しているウィルコム・エッジを、2年前からはウィルコム・コア・3G(ドコモ通信網使用)に変更して、それを使って3Gモバイル通信でネットに繋げる。
●電話はソフトバンクのプリペイド携帯を使用。
で、三重武装して日本へ行きます。

 
 
 











――<●>――
関連すると思われる記事: