Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


2年契約が切れたSprint版iPhone 5sが、アメリカのSIMでも使えるようになっていた。




本日よりT-Mobile USがデータ通信量を2倍にするというので、そのプランへ加入変更するため、数日前から筆者加入の各社の通信プランを見直しています。

ついでに、2年契約が切れたSprint版iPhone 5sもアメリカ国内SIMロックを解除(Domestic SIM Unlock)してもらおうと、Sprintのサイトでその連絡先を探していました。そしたら、「サイト更新中」でアクセスできないという・・・

Sprintはこれまでアメリカ国外での使用を目的に「米国外SIMへの」SIMロック解除(Unlocking for international travel)は受け付けていましたが、「加入後90日を超えてから」などの条件が付いていました。(実際には90日より前でもリクエストできたケースもありますが・・・)しかし、昨年のFCC(連邦通信委員会)の勧告により、今年(2015年)2月11日よりアメリカの携帯各社は「自主的SIMロック解除」の方針を発表しており、SIMロック解除後はアメリカ国内の他社に本体を持ち込んでも契約出来るようにしようとしています。2015年2月発表時点ではSprintはアメリカ国内SIMロックを解除(Domestic SIM Unlock、DSU)に関しては、「2015年2月以前に購入したSprint版iPhoneなどのDSU対応可能端末に関しては、カスタマーサービスに連絡すれば、DSU SIMロック解除可能」と発表していました。
アメリカ携帯キャリアのSIMロック解除ポリシー、一覧 – 2015年2月14日
2015年2月以降に販売の端末に関しては、「Sprint加入者で、かつ、契約束縛条件(2年契約、または、分割払い)」が解除されれば、自動的にSprintはDSU SIMロック解除する、と発表しています。
アメリカのApple Storeで「デバイスオンリー」で購入した後に日本で使用し、一度もSprintと加入したことの無いSprint版iPhoneなどに関しては、Sprint側に端末のシリアル番号のデータベースが無い可能性もあり、自動DSU SIMロック解除になるかどうか、わかりません。Sprintに申し出れば、DSU SIMロック解除してくれるでしょう。

注意:Sprintの場合、国内SIMロック解除(DSU)すると、海外SIMロック解除も同時に解除されます。つまり、「DSU=完全なFactory Unlock」です。DSUを一度すると、二度とSIMロック解除する必要はありません。

ま、Sprintのサイトが「更新中」でアクセスできなかったこともあり、カスタマーサービスに電話する前に「まだアメリカ国内SIMで使用できない状態でのスクリーンショットを撮っておこう」と思ってAT&TのSIMをSprint iPhone 5sに挿入したら、・・・あれ?「iPhoneをアクティベーションするには、サポートされている電話会社の互換性のあるSIMカードしか使用することはできません。」というメッセージが出ないよ?

で、驚いて、Sprint版iPhone 5sにAT&TのSIMを挿入したままで通話を発信してみると、出来るではないですか!

ついでに、T-Mobile USのSIMを挿入して通話発信・・・これも、成功!

今度は、VerizonのSIMを挿入して通話発信・・・これも、成功!

なんと、2015年2月でもカスタマーサービスに電話しなくとも、自動的にDSU(アメリカ国内SIMロック解除)されていました!

Sprint版iPhone 5s/5c/6/6 Plusで、契約束縛(2年契約、分割払い)を終了している人は、試しにSprint以外のSIMを挿入してみてください。あなたのSprint版iPhoneも自動SIMロック解除されているかもしれませんよ。(筆者は購入後3~4ヶ月ころ、つまり、2014年12月か2015年1月にはこのiPhone 5sで「米国外SIMロック解除」をリクエストしていたので、そのために自動でDSU SIMロック解除されていた可能性もあります。)











――<●>――
関連すると思われる記事:

8 comments to 2年契約が切れたSprint版iPhone 5sが、アメリカのSIMでも使えるようになっていた。

  • かめ

    こんにちは

    長年Sprint利用者ですが2年契約は終えています.質問なのですが、iPhone4sとiPhone5を家族で契約しているのですがこれもSimロック解除対象になるのでしょうか?
    Simロック解除した携帯は日本で使用可能でしょうか?
    よろしくお願い致します。

    [返信]

    A Yoshida 返信:

    SprintのSIMロック解除は2段階あります。
    アメリカ国外SIM使用のためのSIMロック解除(Unlocking for International Travel)は、SprintがiPhone 4sを発売開始した当時から行っています。SprintのWorldwide Careカスタマーサービス1-888-226-7212に電話し、「海外(例:日本)へ旅行するので、そこのローカルSIMを使いたいから、SIMロック解除して欲しい。」と言うような内容でリクエストすれば、すぐに「アメリカ国外SIMロック解除」はしてくれます。これで、日本の現地SIMやその他の国でのSIMを使用できるようになります。
    しかし、このSIMロック解除では、アメリカ国内のSIM(AT&T、T-Mobile US、Verizon、そのMVNO)は使用できません。

    次の段階はアメリカ国内他社SIMが使えるDomestic SIM Unlock(DSU)ですが、Sprintの発表ではDSU対応のiPhoneはiPhone 5s/5cからになっています。SprintはそもそもiPhone 5までの時点ではDSUということそのものを考えていなかった可能性があります。したがって、これらの端末のiOSのファームウェアやハードウェアなどが対応しておらず、iPhone 4s/5ではDSUが出来ず、AT&TとT-Mobile USや、それらのMVNOのSIMでは使用できない可能性は、あります。

    私も米国外SIMフリーSprint版iPhone 4sを最近まで持っていましたが、古い機種を一度に処分したときにeBayで手放してしまったので、DFU可能かどうかは検証できません。Sprint版iPhone 5は持っていません。

    ちょっと古いですが、アメリカ国外SIM使用のためのSIMロック解除(Unlocking for International Travel)手順は、こちらを参考に。
    「Sprint版iPhone 5s(A1453)のSIMロックを解除しました。・・・「Sprint版は、アメリカ国内SIMロック」の検証も。」
    http://blogfromamerica.com/?p=20039

    [返信]

  • かめ

    Yoshida 様

    詳しく説明して頂きありがとうございました。
    質問をする前にSprintに電話をしてDomestic ロック解除をして欲しいと頼んだのですが何故かマネジャーまで出てきておかしいと思いながらも話を進めていくとサービス解約手続きになっていて最後の最後に理解し事なきをえました。私の英語の問題もあり結局聞きたい事も聞けずアメリカ国外に行く時はSimロック解除が出来るので電話してねと言われ電話を切りました。
    その後にこちらに質問をさせていただき丁寧に教えて頂きスッキリ致しました。ありがとうございます。
    iPhone4sと5はDSU出来ない可能性が高いのですね。
    主人は最近会社よりiPhone6を契約して頂いたので4sは解約しようと思っています。その4sを日本にいる家族にあげようと思っています。Sprintがアメリカ国外Simロック解除をしてくれるのなら日本で使う分には問題ないですよね。格安Simカードを日本で購入して使用してもらう予定です。
    解約する前にSimロック解除をお願いしないといけないとこちらのブログにも書いてありましたのでそれをまずやってから解約しようと思います。
    長々とSprintのカスタマーサービスの方と話した後に私もアンケートのテキストが送られてきたのですが一回目のアンケートだけに答えて後は無視してしまいました。最後まで答えたYoshida様はすごいです!
    私のようによく分かっていない者にも詳しく説明して頂き本当にありがとうございました。

    [返信]

    A Yoshida 返信:

    iPhone 4sはLTE非対応ですから、通話・テキストと3G通信しか使えませんよ。まあ、スマホ初心者にはそれで十分でしょうけど。

    [返信]

  • かめ

    Yoshida 様

    そうなのですか!
    またもや貴重なご助言ありがとうございます。
    私は全く分かっていないのでもしかしたらあげると言っても向こうからいらないと言われる可能性が高いですね。
    恥ずかしい‥

    [返信]

  • こんにちは。
    SprintのFAQには『Sprint will automatically unlock your active eligible DSU-capable device. 』とありますね(参照ウェブサイトにそのページのURLを入れました)。試しにSprintにMNPで移行する前に使用していたT-mobileのプリペイドSIMを使えないのを承知で入れてみたところ、こちらのページ(http://blogfromamerica.com/?p=20039)でSBのSIMを入れたときと同じような画面遷移になりました。
    ところで上記SprintのFAQのページに気になる記述があります。
    『Unlocking the international SIM slot will not allow the device to be used on another domestic carrier’s network.』国際アンロックすると国内では(再び?)ロックされるようですが、だとしたらこの機に別のキャリアに移りたい、そして日本でも機会があれば使いたい(そのためにあえて5s購入時に技適マークのあるSprintを選んだ)私にはうれしくないことではあります。

    [返信]

    A Yoshida 返信:

    http://support.sprint.com/support/article/FAQs_about_unlocking_your_Sprint_device/7a3bf815-cfcd-4a56-925a-7a187d1c6637#!/
    では
    Once you meet the requirements outlined in the Domestic SIM Unlock Policy, Sprint will automatically unlock your active eligible DSU-capable device.
    ですが、DSU-capable deviceの定義が「Devices introduced to the market after Feb 2015 typically are DSU-capable. 」となっているため、2013年9月から2015年1月までに販売されたiPhone 5s/5cに対するDSUアンロックの手順が「自動的」とは言えない、と2月の発表段階で理解しています。
    特に、別のページ
    https://www.sprint.com/legal/unlocking_policy.html#!/
    では「For domestic SIM unlockable (“DSU”) devices launched after February 2015, Sprint will automatically unlock the device when it becomes eligible.」という表現になっているため、「For domestic SIM unlockable (“DSU”) devices launched BEFORE February 2015」がどういう手順なのか、明記されていません。
    ちなみに、今2年契約が切れるSprint版iPhone 5s/5cは、2013年9月から2013年11月まで販売分ですね。明らかに「Devices introduced to the market after Feb 2015」ではありません。

    >国際アンロックすると国内では(再び?)ロックされるようですが

    そうはなりませんよ。難しく考えすぎていませんか?

    A=アメリカ国外のSIMのみにアンロック
    B=アメリカ国内のSIMのみにアンロック

    Unlocking for the international SIM=AのみSIMアンロック(これをしても、Bの状態は変更無い。)
    Domestic SIM Unlock=AとBが同時にアンロック(Aが既にアンロックされていれば、そのままアンロック。)
    ですよ。

    Domestic SIM Unlockすると、また、国外SIMがロックされている、と思っていませんか?違いますよ?
    つまり、一度Domestic SIM Unlockしたら、国内SIMだけでなく、国外SIMに対してもアンロック(つまり、すべてアンロック)されているので、再度Unlocking for the international SIMをする必要はありませんし、永久にUnlockする必要がありません。「DSU=完全なFactory Unlock」です。

    https://www.sprint.com/legal/unlocking_policy.html#!/
    参照
    Domestic SIM Unlock (DSU) refers to enabling the SIM slot of your device to allow you to insert another carrier’s SIM card (either domestically or internationally.)

    DSUアンロック後のSprint版iPhone 5sでソフトバンクSIMが読めることを、検証済み。

    [返信]

    Morikawa 返信:

    書いてあることはよくよく読まないといけないですね。
    *2をコールしてSprintのカスタマーサービスに確認してみたところ、DSUはされていないとのことでその場でリクエストして解除してもらいました。
    国内アンロックと国際アンロックは別扱いと思っていたのですが、国内は国際を含むということであり、くだんの文章は「国際アンロックしても国内アンロックにはならないよ」という意味だったのですね。
    ありがとうございました。

    [返信]

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>