iOS 8にアップグレードした後、WiFiが良く詰まってしまう場合の解決法


- Old Counter



iOS 8にアップグレードしたら、WiFiが良く詰まってしまう(WiFi扇の横にくるくるマークがずっと表示され、ブラウザーやアプリのデータ更新が進まない)ことはありませんか?
追記:iPhone 6/6 Plusはこの現象の影響が無いと言う報告があります。影響あるのは、iPhone 4s/5/5s/5cが多いそうです。

以下、暫定的な解決策です。でも、筆者も1日やっていますが、かなり快調です!
皆さんも、やってみますか?
【Gizmodo】Why Your iOS 8 Wi-Fi Is Weird and How to Fix It – 2014年9月23日

方法:

「設定(Settings) ⇒」
 

「プライバシー(Privacy) ⇒」
 

「位置情報サービス(Location Services) ⇒」
 

一番下の「システムサービス(System Services)⇒」
 

そして、次の画面で、「Wi-Fiネットワーク(Wi-Fi Networking)」をオフにします。
 

 

基本的にはそれだけですが、念のためその後、「設定(Settings) ⇒」
 

「一般(General) ⇒」
 

一番下の「リセット(Reset) ⇒」
 

「リセット(Reset Network Settings) ⇒」
 

もう一回、「リセット(Reset Network Settings)」をタップし、ネットワーク設定のリセットをしておきましょう。
パスコード(Passcode)を設定している人は、この画面の前にパスコード入力画面が現れます。
 

ネットワーク設定のリセット(iPhone/iPadは再起動します)の後は、WiFi接続時のパスワード(WEPキー)は、一度再入力する必要があります。

これで、WiFi接続が比較的快適になります。(少なくとも、筆者の場合・・・)











――<●>――
関連すると思われる記事: