Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


「全米最安値の月額基本料金$6.00」の携帯会社Ting、SprintのMVNO


- Old Counter



「アメリカ最安値の月額基本料金!」というキャッチフレーズは、在米日本人なら聞いたことがあるでしょう。
その日本人向け携帯会社会社よりもさらに「月額基本料金」の安いプリペイド携帯会社が、アメリカにはあります。

※ 所得を証明しなければならない低所得者向けAssurance Wirelessを除きます。
ちなみに、低所得者向けAssurance Wirelessは、携帯本体無料、毎月使用料無料($0)で「月250分まで無料通話、月250通まで無料テキスト」が付いてきます。
Assurance Wireless

それは、SprintのMVNO、Tingです。
Ting ホームページ

同社は、携帯1台に付き「月額基本料金」月$6を支払うだけ。
もちろん、連邦通信税、消費税なども課金されますが、それでも某社の月額基本料金$9.99よりは安いでしょう。
さらに、同じプランで20台まで加入できるので、大家族(?)や中小企業でもこのプランに加入することが出来ます。

月額基本料金は「通話分数0分、テキスト0分、データ0バイト」で、何もカバーしないのですが、アメリカ国内通話料は追加料金として
● 全く使用しない月$0、
● 100分まで$3、
● 500分まで$9、
● 1000分まで$18、
● 2000分まで$35、
● 3000分まで$52、
● 3000分以上は1分当たり$0.02
と成ります。

しかも、
1.この分数は、プランに加入した複数の携帯で共有できる
2.最初に「予想プラン」を選ぶのですが、毎月の実際の使用分数に応じて、自動的に下のプラン金額表で、金額が調整されます。(ユーザーは何もしなくても、自動的に調整されます。)

 

某社と比較すると・・・

■ 1台加入の場合

月の通話分数 Ting Hanacell 月$9.99プラン Hanacell プリペイドXプラン
0分
全く使用しない月
$6.00プラス税 $9.99 $0.00
5分 $9.00プラス税 $9.99 $1.35
10分 $9.00プラス税 $9.99 $2.70
30分 $9.00プラス税 $9.99 $8.10
40分 $9.00プラス税 $10.00 $10.80
50分 $9.00プラス税 $12.50 $13.50
100分 $9.00プラス税 $25.00 $27.00
200分 $15.00プラス税 $50.00 $54.00

 

■ 2台加入の場合

2台で月の通話総分数 Ting Hanacell 月$9.99プラン
通話分数は1台当たり50%と仮定
Hanacell プリペイドXプラン
通話分数は1台当たり50%と仮定
0分
全く使用しない月
$12.00プラス税 $19.98 $0.00
10分 $15.00プラス税 $19.98 $2.70
30分 $15.00プラス税 $19.98 $8.10
40分 $15.00プラス税 $19.98 $10.80
50分 $15.00プラス税 $19.98 $13.50
100分 $15.00プラス税 $25.00 $27.00
200分 $21.00プラス税 $50.00 $54.00

 

■ 4台加入の場合

4台で月の通話総分数 Ting Hanacell 月$9.99プラン
通話分数は1台当たり25%と仮定
Hanacell プリペイドXプラン
通話分数は1台当たり25%と仮定
0分
全く使用しない月
$24.00プラス税 $39.96 $0.00
10分 $27.00プラス税 $39.96 $2.70
30分 $27.00プラス税 $39.96 $8.10
40分 $27.00プラス税 $39.96 $10.80
50分 $27.00プラス税 $39.96 $13.50
100分 $27.00プラス税 $39.96 $27.00
200分 $33.00プラス税 $50.00 $54.00

 

同様にSMSテキストメッセージも、加入携帯の総使用数に応じて、
● 全く使用しない月$0、
● 100通まで$3、
● 1000通まで$5、
● 2000通まで$8、
● 4000通まで$11、
● 6000通分まで$14、
● 6000通以上は1通当たり$0.0025
と成り、国際テキスト発信を含みます。

Hanacellと違ってデータアクセス料金もリーズナブルで、しかも加入した複数の携帯で共有できます。

月の総バイト使用量 Ting Hanacell 月$9.99プラン Hanacell プリペイドXプラン
0バイト
全く使用しない月
$0.00 $0.00 $0.00
100メガバイト $3.00 $102.40 $102.40
500メガバイト $13.00 $512.00 $512.00
1000メガバイト $24.00 $1024.00 $1024.00
2000メガバイト $42.00 $2048.00 $2048.00
3000メガバイト $60.00 $3072.00 $3072.00
超過分 $0.0225/1MB $0.001/1KB
($1.024/1MB)
$0.001/1KB
($1.024/1MB)

しかも、Tingは、4G WiMax対応アンドロイド携帯/ポケットWiFiも提供しています。

回線はSprintの回線(CDMA2000)を使用しており、そのためにSIMはありません。(LTE対応機種は、SIMを使用します。)W-CDMA/GFSM携帯や、SIMフリー携帯も、Tingでは使用できません。

Tingでは今日から最新版LTE対応Galaxy S3も販売しています。(キャリアの契約割引が無いため、高い【$529】ですが・・・)

契約形態は「プリペイド(ただし、超過分や過少使用分は、翌月の料金で調整)」なので、いつでも無料で解約可能です。
実際、解約も全てインターネットでTingのウェブサイトからで可能です。

そして、クレジットカード/デビットカードさえ登録すれば、ソーシャルセキュリティー番号も不要です。

アメリカでの超低価格プリペイド携帯サービスを探している方で、特に通話が主な使用で、その通話も非常時の使用で、かつ、家族や友達で1~20台までの共同加入が出来る方は、Tingも考慮の対象として値するでしょう。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>