T-Mobile USA対応の最新のモバイル・ルーター(ポケットWiFi)は、T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot(Huawei UMG587) です


- Old Counter



AT&TとVerizonの最新LTE(またはHSPA+)対応ポケットWiFiを書いたので、ついでにT-Mobile USAの最新ポケットWiFiを書きましょう。

T-Mobile USAは、昨年2011年10月19日よりHSAP+42(DC-HSDPA)対応のポケットWiFiを発売しています。
商品名は「T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot」ですが、これは「Huawei モデル番号=UMG587」です。
この装置はHSPA+42(DC-HSDPA)の最大ダウンロード理論速度42Mbpsに対応しています。

 

同社の古いポケットWiFiは「T-Mobile 4G Mobile HotSpot」で、「ZTE MF61」とも言います。
こちらは、HSPA+の最大ダウンロード理論速度21Mbpsに対応しています。
周波数はT-Mobile USAの周波数に限られます。

 

見た目は殆ど変わりませんが、大きな違いは本体表側のT-Mobileの「T」のロゴが、新機種ではT-Mobileのカンパニー・カラーのピンク色、旧機種のZTE MF61は白です。

また、T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587) は、Huawei E587にT-Mobile USAの周波数(AWS)を追加したバージョンです。

  T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot
Huawei UMG587
T-Mobile 4G Mobile HotSpot
ZTE MF61
対応周波数 2G
Edge/GPRS
850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz 1900MHz
対応周波数 3G
UMTS
850MHz(Band 5)
上り1700MHz/下り2100MHz AWS(Band 4)
2100MHz(Band 1)
上り1700MHz/下り2100MHz AWS(Band 4)
対応周波数 ”4G”
HSPA+
(HSPA+21)
上り1700MHz/下り2100MHz AWS(Band 4)
Band 1/Band 5でHSPA+対応かは不明。
上り1700MHz/下り2100MHz AWS(Band 4)
対応周波数 ”4G”
DC-HSDPA
(HSPA+42)
上り1700MHz/下り2100MHz AWS(Band 4)
Band 1/Band 5でDC-HSDPA対応かは不明。
非対応
理論値最大ダウンロード速度 42Mbps 21Mbps

 

なお、T-Mobile USAは2013年内にはLTEのサービスを開始すると発表していますが、具体的な導入スケジュールは未定です。

しかし、T-Mobile USAのHSPA+(理論値最大21Mbps)は、同社の3G地域の殆どをカバーしており、TVコマーシャルでも「America’s Largest 4G Provider」(アメリカ最大の4Gキャリア)を謳い文句にしています。
一部の都市ではDC-HSDPA(HSPA+42、理論値最大42Mbps)にアップグレードされています。
実測値はダウンロード4~5Mbpsくらいですが、VerizonやAT&Tに比べると加入者数が少ないので、繋がり易く安定している、というメリットがあります。

T-Mobile USAのポケットWiFiはSIMロック解除可能ですが、同社の携帯と違ってポケットWiFiのSIMロック解除を同社の「カスタマーサービスに依頼しても、解除できなかった」、という報告が多いです。
しかし、ネットを探せば、「T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot」のSIMロック解除コードを有料で提供してくれる業者は見つかります。

筆者はまだZTE MF62 MF61しか所有しておらず、このモデルはSIMロック解除しても、他社SIMでは2Gでしか使えず、メリットが殆ど無いので、SIMロック解除にまで踏み切れていません。

近いうちに「T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot(Huawei UMG587)」を入手し、SIMロック解除してみたいと思います。
新機種では少なくとも3Gでヨーロッパ・日本を含むアジアの周波数(2100MHz)に対応しているので、この機種をT-Mobile USA以外のSIMで使用するメリットがあります。

T-Mobile USAのモバイル通信契約は、ポストペイド2年契約(アメリカでの与信履歴必要)
● 月2GBまで$39.99
● 月5GBまで$49.99
● 月10GBまで$79.99
と、プリペイド(アメリカでの与信履歴不要)
● 100MBまで、最大1週間、$10
● 1GBまで、最大1ヵ月、$30
● 3GBまで、最大1ヵ月、$50

● 300MBまで、最大1週間、$15
● 1.5GBまで、最大1ヵ月、$25
● 3.5GBまで、最大1ヵ月、$35
● 5GBまで、最大1ヵ月、$50
があります。ポストペイド2年契約をすると、機種代が割引されます。
プリペイド契約が出来るので、「T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot(Huawei UMG587)」を正規小売価格($174.99プラス消費税)で機種だけ購入して、アメリカに来たときはプリペイドで契約できるし、SIMロック解除すればAT&Tの Elevate 4Gと同じように日本や他国でも3Gで使えるので、便利でしょう。

なお、T-Mobile USAのモバイル通信専用端末やアンドロイド・タブレットは、T-Mobile USAのプリペイド携帯用のSIMではアクティベートできず、使用できません。モバイルデータ通信専用のSIMキット、「T-Mobile Mobile Broadband SIM ONLY KIT」($9.99)が必要です。 未開通のT-Mobile USAのプリペイド携帯用SIMも使えます。(この場合、パッケージ内のActivation Codeは使いません。)T-Mobile USAのプリペイドモバイル通信専用SIMは、T-Mobile USAのオンラインショップで注文するか、T-Mobileショップで購入します。
T-Mobile Mobile Broadband SIM ONLY KIT
このSIMは一般の家電量販店の棚では売っておらず、これを入手するのが一番の手間でしょう。
T-Mobile USAのオンライン・サイト、または、T-Mobile USAショップで入手できます。
一度入手すると、(携帯用プリペイドSIMと違って)残高有効期限が過ぎても1年間はSIMが有効なので、その点は有り難いです。

「T-Mobile Mobile Broadband SIM ONLY KIT」でプリペイド・データ通信専用にアクティベートする方法は、
T-Mobileプリペイド・モバイル通信(webConnect)用のSIM購入・アクティベート手順 – 2011年6月23日
を参照してください。
 
 

マニュアルダウンロードリンク:
T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587) Quick Start Guide
T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587) User Manual

T-Mobile 4G Mobile HotSpot (ZTE MF61) User Guide











――<●>――
関連すると思われる記事: