Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年11月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


アメリカでキャリアの許可無くSIMロック解除できなくなるのは、アメリカで今日(2013年1月26日)から購入する携帯だけです。


- Old Counter



既に
(アメリカで)2013年1月26日以降に購入するSIMロック携帯電話は、『キャリアの許可無く』SIMロック解除することは違法となります。 – 2012年10月27日
で報告しているように、本日からアメリカで購入する携帯で、購入時に既にSIMフリー(Unlocked)でない携帯は、SIMロック解除する場合には、購入した携帯の対応キャリアに申請してSIMロック解除しないといけなくなります。

昨日までに購入した携帯に関しては、もちろんキャリアに申請しても無料でSIMロック解除してもらえますが、SIMロック解除業者が対応してくれれば、有料でその業者の提供するアンロックコードやIMEI Factory Unlockサービスを利用できます。

また、このアメリカ著作権法の付標改訂により、SIMロック解除業者のサービスに変化が出たり、廃業するSIMロック解除業者が出て来るかどうかは、しばらく今後の動きを見てみないと分かりません。でも、まあ、どうせアメリカ国外でアメリカ向けサービスを継続するSIMロック解除業者は残るでしょう。

以下、「キャリアに申請してSIMロック解除をしてもらう場合」のアメリカの各キャリアのSIMロック解除基準を表にまとめてみました。

キャリア 申請条件 費用 台数制限
AT&T
iPhone以外
申請者がAT&Tと契約中、または過去に契約があって解約した。
(現在、または、当時の電話番号が必要。)
 
【その他の詳細条件、不明】
無料 1年間に1アカウント5台まで。
AT&T
iPhone
申請者がAT&Tと契約中、または過去に契約があって解約した。
(現在、または、当時の電話番号が必要。)
 
2年束縛契約割引で購入した場合には、束縛期間が満了していること。
または早期解約料を払って解約すること。
または2年束縛契約せずに、割引無しで定価で購入すること。
 
iPhoneを自分で購入したことが証明できること。
(購入時のレシートの証明を要求されることがある。)
 
申請時にSIMロック解除したい端末をAT&T通信回線で使用している必要は無い。
無料 1年間に1アカウント5台まで。
T-Mobile USA 申請者がT-Mobileと契約中の場合:
契約後60日(プリペイド)または40日(ポストペイド)経っている事。(端末購入日からではない。)
申請時に少なくとも24時間、SIMロック解除したい端末をT-MobileのSIMで使っていること。
プリペイドは残高が$10以上あるか、直近1ヶ月以内にトップアップしていること。
 
申請者がT-Mobileと過去に契約があって解約した場合:
解約後に残債が無いこと。
無料 最後のSIMロック解除リクエストから
90日以上経過していること。
Verizon 申請者がVerizonと契約中。
契約後60日経っている事。(端末購入日からではない。)
滞納・支払い遅延などが無いこと。
Unlockできるのは、GSM/W-CDMA/LTEモードのみ。
 
申請時にSIMロック解除したい端末をVerizon通信回線で使用している必要は無い。
ただし、一度はVerizon回線でアクティベート(登録)されていること。
無料 1年間に1アカウント2台まで。
Sprint 申請者がSprintと契約中。
契約後90日経っている事。(端末購入日からではない。)
滞納・支払い遅延などが無いこと。
Unlockできるのは、GSM/W-CDMA/LTEモードのみ。
無料 【台数制限不明】











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>