T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587)ポケットWiFiをSIMロック解除しました


- Old Counter



T-Mobile USA対応の最新のモバイル・ルーター(ポケットWiFi)、T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587、Huawei E587のAWS周波数対応版)を入手したので、それをSIMロック解除しました。
T-Mobile USA対応の最新のモバイル・ルーター(ポケットWiFi)は、T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot(Huawei UMG587) です – 2012年3月31日

これまでのT-Mobile USAのポケットWiFiと違って、T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587)は米国外ローミング対応の為、対応周波数は
● 2G Edge/GPRS : 850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz (クアドバンド)
● 3G UMTS/HSPA : 850MHz(Band 5)、上り1700MHz/下り2100MHz AWS(Band 4)、2100MHz(Band 1)
● ”4G” HSPA+(HSPA+21) : 850MHz(Band 5)、上り1700MHz/下り2100MHz AWS(Band 4)、2100MHz(Band 1)
● ”4G” DC-HSDPA(HSPA+42) : 850MHz(Band 5)、上り1700MHz/下り2100MHz AWS(Band 4)、2100MHz(Band 1)
と成っています。

したがってSIMロック解除すれば、850MHz(Band 5)でAT&Tの3Gおよび”4G” HSPA+21で使用可能です。
更に、日本ではドコモ/ソフトバンクの2100MHz(Band 1)で3Gで使用できます。
もちろん、その他の国でも北米以外では2100MHz 3Gで使用できる国が殆どです。

注意事項として、このT-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587)ポケットWiFi、および、T-Mobile USAの全てのモバイル通信装置とアンドロイドタブレット端末は、T-Mobile USAのプリペイド”携帯用”SIMでは使用できません。
T-Mobile USAのプリペイド携帯用SIMを挿入すると、そのSIMのMy T-Mobile画面にはアクセスできますが、それ以外のページにはアクセスできないのです。
この状況はSIMロック解除しても同じなので、断っておきます。
(SimpleMobile、StraightTalk T-Mobile用SIM、Net10  T-Mobile用SIMなど、T-Mobile USAのMVNOのSIMは確認していません。)

T-Mobile USAは、プリペイド携帯用SIMと、プリペイドモバイル通信用SIMが別です。SIMカードのSKU(商品番号)で、最後の4桁が「RPP1」と書かれているのがモバイルデータ/タブレット専用SIMカード(写真左)で、それ以外はプリペイド/ポストペイド携帯専用です。
T-Mobile USAは、プリペイド携帯用SIMと、プリペイドモバイル通信用SIMは、アクティベーションの方法が違います。
● T-Mobileプリペイドモバイル通信用SIMは、どのT-Mobile SIMでも構いません(未開通ならプリペイド携帯用SIMキットのSIMでも構いません)が、SIMのアクティベーションにアクティベーションコードは不要です(アクティベーションコードを使ってアクティベートしてはいけません)。
● T-Mobileプリペイド携帯用SIMは、どのT-Mobile SIMでも構いませんが、SIMのアクティベーションにアクティベーションコードが別途必要です。
注意してください。
したがって、家電量販店などでT-Mobileプリペイド携帯用SIMキットを購入し、Activationカードに書かれたActivation Codeは使わずに、未開通のまま、そのままT-Mobileのモバイル端末に挿入すれば、T-Mobileプリペイドモバイル通信用プランでアクティベートできます。
※Activationカードは次回、携帯用にアクティベートする時に別のT-Mobile SIMで使えるので、捨てずに保存しておきましょう。

※T-Mobile USAプリペイド携帯用SIMをアクティベートするには、SIMのほかに「Activation Code」が必要です。この2つが一緒になったものが、「T-Mobile Prepaid SIM Card Activation KIT」(定価$6.99)です。T-Mobile USAのプリペイド携帯を新品で購入すると、このSIMアクティベーション・キットは一緒に入っていますので、別途購入する必要はありません。

※T-Mobile USAプリペイドモバイル通信用SIMをアクティベートするにはSIMだけあれば良く、「Activation Code」は不要です。これが、「T-Mobile Mobile Broadband SIM ONLY KIT」(定価$6.99)です。なお、T-Mobile USAのモバイル通信装置を購入すると、このSIMはパッケージに一緒に入っていますので、別途購入する必要はありません。
 
 

なお、T-mobile USAのプリペイドデータ通信専用SIMのアクティベートの手順は、
T-Mobileプリペイド・モバイル通信(webConnect)用のSIM購入・アクティベート手順 – 2011年6月23日
を参照してください。
 
 

T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587)のSIMロック解除は、モバイル通信装置のSIMロック解除ツール、DC-Unlocker(DataCard Unlocker)を使います。
その手順は、T-Mobile 4G Mobile HotSpot (ZTE MF61)ポケットWiFiのSIMロック解除と同じなので、一部、そちらを参照していただきます。
T-Mobile 4G Mobile HotSpot (ZTE MF61)ポケットWiFiをSIMロック解除しました:DC-Unlocker使い方 – 2012年4月2日

DC-Unlockerソフトのダウンロードと使用は無料ですが、これを使ってモバイル通信装置をSIMロック解除するのは有料です。今回は、10ユーロ(昨日のレートで$13.30)をPayPalで支払う必要がありました。


スクリーンキャプチャ画面を撮るのを忘れましたが、実はこの装置は米国外周波数にも対応している為、T-Mobile以外のSIMを挿入してUMG 587装置の画面(http://192.168.1.1)にアクセスすると、SIMアンロックコードを入力する画面になります。したがって、この装置を購入し、60日以上契約を継続していれば、無料でT-MobileのカスタマーサービスにSIMロック解除コードを請求することが出来ます。

 
 

 手順目次:
■ ステップ1 : DC-Unlockerソフトをダウンロードして、インストールする
■ ステップ2 : T-Mobile以外のSIMをT-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587)に挿入する
■ ステップ3 : T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587) モバイル通信装置のドライバーをインストールする
■ ステップ4 : DC-Unlockerソフトを実行し、ポケットWiFiを診断する
■ ステップ5 : T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587)をSIMロック解除する「SIM Unlockクレジット」を買う
■ ステップ6 : DC-UnlockerソフトでT-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587)をSIMロック解除する
 
 

 ステップ1 : DC-Unlockerソフトをダウンロードして、インストールする 

DC-Unlockerソフトは、DC-Unlockerのダウンロード・ページ
DC-unlocker (Data card unlocker) - Downloadsページ
からダウンロードできます。
ファイル名「dc-unlocker_client-xxxxxx(.exe)」をクリックしてダウンロードし、PCに保存します。
「xxxxxx」の部分は数字で、バージョン名です。

DC-Unlockerソフトは定期的に更新され、新バージョンには新しく発売されたモバイル通信装置のSIMロック解除が含まれます。
したがって、新製品のモバイル通信装置をSIMロック解除する為には、出来るだけ新しいバージョンを使ってください。

このステップの詳細は、
T-Mobile 4G Mobile HotSpot (ZTE MF61)ポケットWiFiをSIMロック解除しました:DC-Unlocker使い方 – 2012年4月2日
の「■ DC-Unlockerソフトのダウンロード」および「■ DC-Unlockerソフトをインストールする」を参照してください。
 

手順目次へ戻る

 
 

 ステップ2 : T-Mobile以外のSIMをT-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587)に挿入する 

SIMロック解除する為には、T-Mobile USA(およびそのMVNO)以外のSIMを、T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587)に挿入します。

 

手順目次へ戻る

 
 

 ステップ3 : T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587) モバイル通信装置のドライバーをインストールする 

このT-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587) をUSBケーブルでPCに接続します。
自動的に装置内に保存されているプログラムのインストールメニュー(AutoRun)が起動します。
「Run AutoRun.exe」をクリックして、インストールします。

「Next>」をクリックします。

ソフトウェアの使用許諾に同意し、「I Agree」をクリックします。

ソフトのインストールフォルダーが表示されます。「Install」をクリックします。

ソフトがPCにインストールされます。

終了したら、「Finish」をクリックします。

「T-Mobile Hotspot Admin」アイコンがデスクトップに作成されます。

T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587)のドライバーが自動的にインストールされます。

ドライバーのインストールが成功します。

もう一度、プログラムのインストールメニュー(AutoRun)が起動したら、もう不要なので、閉じてください。

手順目次へ戻る

 
 

 ステップ4 : DC-Unlockerソフトを実行し、ポケットWiFiを診断する 

次にDC-Unlockerソフトを実行し、T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587)のSIMロック状態と、DC-UnlockerでSIMロック解除が可能かどうかを調べます。

DC-Unlockerソフトを起動します。

「Select manufacturer」でメーカー「Huawei」を選択し、

「Delect model」を「Auto detect [recommended]」のまま、「虫眼鏡」アイコンをクリックします。

注意したいのは、「SIM Lock Status」が「Locked(CardLock)」であることです。

「SIM Lock Status」が「unknown」で、その下に「sorry, this modem is not supported ! 」と表示される場合は、このポケットWiFiのSIMロック解除にはまだ対応していないということです。
使っているソフトが古いバージョンか、最新版でもまだ対応していないモデルであることを示しています。

 

手順目次へ戻る

 
 

 ステップ5 : T-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587)をSIMロック解除する「SIM Unlockクレジット」を買う 

DC-Unlockerで実際にモバイル通信装置をSIMロック解除するには、有料です。「SIMロック解除クレジット」を購入しないといけません。

DC-Unlockerソフトの画面で、「Buy credits」をクリックします。

ブラウザーが開いて、DC-Unlockerのクレジット購入ページへ飛びます。
料金はモデムの種類によって違うので、まず、金額を調べないといけません。
このページの「Prices」をクリックします。

Dongle(ドングル)とはUSBアダプターで、これを購入すると一度の支払いで、多数のモデムをSIMロック解除できます。SIMロック解除業者用です。
個人で一回の支払いで一つだけのSIMロック解除には、「Credits for users who don’t have a dongle needed for one operation」をクリックします。

料金表が出てきます。

Huawei E587(Huawei UMG587と同じ)のSIMロック解除には、10クレジットか必要で、1クレジットが1ユーロです。

料金がわかったので、画面上に戻り、右側の「Buy credits」をクリックし、前のページに戻ります。

新規ユーザーは「New user」、既にアカウントを持っている場合には「Existing user」を選択し、

ユーザー名と、買いたいクレジット数を入力して、「Confirm」ボタンを押します。

Paypal支払いアイコンをクリックします。

Paypalまたはクレジットカードで支払いを済ませます。


支払いが完了し、SIMロック解除クレジットを購入できました。


手順目次へ戻る

 
 

 ステップ6 : DC-UnlockerソフトでT-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587)をSIMロック解除する 

まだ開いているDC-Unlockerソフトで、「Server」をクリックし、ログインユーザー名/パスワードを確認して、「Check login」をクリックします。

パスワードが正しければ、現在残っているSIMロック解除クレジット数が表示されます。「Unlocking」をクリックします。

「Unlock」ボタンをクリックします。

SIMロック解除が実行され、

うまくいけば「Card successfully unlocked ! 」メッセージが表示されます。

この後、APNを正しく設定して、AT&T GoPhone SIMで850MHzで”4G(HSPA+)”で使用できることを確認しました。

SIMロック解除後も、T-Mobileプリペイド携帯用SIMでは、「My T-Mobile」スクリーンへしかアクセスできないことも、確認済みです。
(SimpleMobile、StraightTalk T-Mobile用SIM、Net10  T-Mobile用SIMなど、T-Mobile USAのMVNOのSIMはまだ確認していません。)

 


 

ところで、ポケットWiFiにはWiFiチャンネルが”自動”で設定されるのが多いですが、チャンネル1と2は、iPhoneやiPadや新しいアンドロイド携帯、それに2、3年前のPCではなかなか接続できないのが多いですね。
WiFi通信チップの関係だと思いますが・・・

このT-Mobile Sonic 4G Mobile HotSpot (Huawei UMG587)もWiFiチャンネルのデフォルトが「Auto」で、チャンネル1になることが多いです。
なかなか他のWiFiクライアントから繋がりませんでした。

結局、色々な端末を試してみて、7インチのGalaxy Tab (オリジナルGalaxy Tab)が一番安定して、問題無く、WiFiチャンネル1でも接続できることがわかりました。

アップルはここ半年~1年ぐらい前からWiFi関連のネイティブAPIを使うアプリをAppStoreから排除しているので、周囲のWiFi電波のWiFiチャンネルを表示できるアプリが殆どなくなっていますがますが、グーグルは禁止していないので、WiFi関連の電波解析アプリはプレイストアからダウンロードできるアンドロイドアプリが豊富で便利です。

 

 
 

手順目次へ戻る
トップへ戻る











――<●>――
関連すると思われる記事: