StraightTalk / Net10 BYOP SIM、月$45($50)で何でも使い放題、使い方。


- Old Counter



2週間ほど前、MVNOのStraightTalkとNet10(どちらも、親会社はTracfoneブランドを持つ、メキシコの携帯電話会社América Móvil)が、これまでの方針を変えて、「SIMだけ販売」を開始する、という記事を書きました。
Net10とStraightTalkが、「SIMオンリー」サービスを開始する予定です。 – 2012年2月4日

América MóvilグループのTracfone、Net10、StraightTalk、SafeLink携帯会社については、
Tracfone、Net10、StraightTalk、SafeLinkプリペイド携帯は、(主に)通話・テキスト専用です。 – 2012年1月27日

もともとTracfone、Net10、StraightTalk、SafeLinkの利用者は低所得者または中南米移民が多く、これらの会社の販売していたプリペイド携帯はAT&TまたはT-Mobile USAの回線を利用した2G GSM、または、Verizonの回線を利用した2G CDMA携帯が中心でした。(他のアメリカ国内のプリペイド携帯会社にずいぶん遅れて、昨年秋からようやくSprint回線を利用したスマートフォンの発売が開始されました。)

そのような経歴のために、このStraightTalk / Net10 の「BYOP(Bring-Your-Own-Phone) SIMオンリー販売」も、「本当にAT&T、または、T-Mobile USAで3G回線を使えるのか。2G GSMだけではないのか。」という不安がありました。

そこで、StraightTalkのBYOP SIMを購入し、使ってみることにしました。(Net10のBYOP SIMも、基本的には同じです。)

このSIMの最大の魅力は、1ヶ月$45(Net10 は1ヶ月$50)で、「アメリカ国内通話も、テキストメッセージも、ネット(パケット)も、全て使い放題」という点です。
本当に3Gで使い放題なら、これは画期的なSIMです。

ただ、ここまで書いたように、本来のStraightTalk/Net10のユーザーは、通話主体のユーザー。
América MóvilはこのSIMオンリーサービスを開始したとしても、「パケットユーザーがそれほど急激には増えないだろう。」と予想しているのでしょう。
将来増えてきて、回線に負担が増えてきたときに、上限を設定してくるかもしれませんので、ご注意ください。
・・・しかし、今ならまだ、ネットも使い放題です!


 
 

■ Net10/StraightTalk SIMの購入の仕方

購入は、Net10またはStraightTalkのBYOP SIMページにアクセスして、購入し、自宅に発送してもらいます。
http://www.Net10sim.com/
http://www.StraightTalksim.com/

StraightTalkのプリペイド携帯はWalmart実店舗、または、Walmart.comでも独占で販売しているので、近い将来、Walmart実店舗でも販売が開始される可能性はあります。
同じく、Net10のプリペイド携帯は家電量販店BestBuy、電気店RadioShack、ディスカウント百貨店Walmart、Targetなどでも販売しているので、近い将来、これらの実店舗でも販売が開始される可能性があります。
追記:(2012年8月9日)
Net10  SIMは、家電量販店BestBuyで店頭販売が開始されました。
Net10 SIMがBestBuy店頭で発売開始 – 2012年8月9日

StraightTalkで購入すると月$5安くなりますが、StraightTalkブランドは独占でWalmart/Sam’s Clubでしか販売されていないので、トップアップカードはどこででも買えるものではありません。(もちろん、アメリカ国内発行のクレジットカードやデビットカードでトップアップは出来ますが。)
それに対して、Net10のトップアップカードは、家電量販店、ディスカウント百貨店のほか、ドラッグストアや食品スーパーマーケットでも購入可能です。

SIMにはAT&T版SIMと、T-Mobile USA版SIMがあり、注文時に自分で選択します。
もし自分でキャリアを選択しなかった場合には、住んでいる住所からNet10/StraightTalkが「ホームキャリア」と指定しているキャリア用のSIMが選ばれて、送られてきます。つまり、送られてくるSIMがAT&T用かT-Mobile USA用かは、到着までわかりません。
したがって、自分の持っている携帯の周波数に合わせ、どちらかのキャリアを自分で選んで指定するほうが、間違いがありません。

また、AT&T用SIMを選択した場合には、更に標準SIMか、マイクロSIMかを、選択できます。

SIMは1枚$14.99(Fedex 3-day送料込み)です。パッケージ到着時に、引取り人の署名が必要です。(受取人本人でなくとも良い。)

購入時に最初の月の料金分のトップアップカード(StraightTalkは月$45、Net10は月$50)を、同時に購入することが出来ます。
 
 

■ SIMアクティベーションの仕方

Net10またはStraightTalkのBYOP SIMページにアクセスして、アクティベートします。
http://www.Net10sim.com/
http://www.StraightTalksim.com/

アクティベート時には個人情報と、最初の月の使用料の支払いが必要です。(トップアップカード、または、クレジットカード/デビットカード)。

もちろん、Net10/StraightTalkはプリペイドサービスなので、いつ解約しても構いません。
支払いを継続しなければ、自動的に解約されます。
解約料も掛かりません。

それ以外にはSIMカードの情報を入力するだけなので、実際に使用する携帯本体の情報は不要です。

他社から電話番号を引き継ぐ「MNP(Mobile Number Portability)」のリクエストも、SIMアクティベート時に可能です。

詳しくは、
Net10/StraightTalkのSIMのアクティベーション・再アクティベーション手順 – 2012年5月26日
を参照して下さい。
 
 

■ APNの設定

Net10 AT&T版のSIMのAPNは、以下のようになります。
APN : att.mvno wap.tracfone tfdata
Proxy : proxy.mvno.tracfone.com 空白
Port : 80
MMSC : http://mmsc.cingular.com http://mms-tf.net
MMS Proxy : 66.209.11.33 66.209.11.32 mms3.tracfone.com
MMS Port : 80

StraightTalk AT&T版のSIMのAPNは、以下のようになります。
APN : att.mvno
Proxy : proxy.mvno.tracfone.com
Port : 80
MMSC : http://mmsc.cingular.com
MMS Proxy : 66.209.11.33
MMS Port : 80

T-Mobile USA版のSIMのAPNは、以下のようになります。
APN : wap.tracfone
Proxy : スマートフォンは空白 / その他は 216.155.165.40
Port : 8080
MMSC : http://mms.tracfone.com
MMS Proxy : スマートフォンは空白 / その他は 216.155.165.40
MMS Port : スマートフォンは空白 / その他は 8080

ただし、iPhoneにStraightTalkまたはNet10 AT&T版SIMを挿入すると、APNが設定画面が出てきません。
その場合には、APNChangerを使い、US-StraightTalk、または、US-Net10を選択し、APNをiPhoneに設定します。

APNChangerの使い方は、
AT&T GoPhone/プリペイドSIMをiPhoneで使う場合のアクティベーションの方法 – Page 8 : ■APNの設定 – 2011年3月19日
を参照してください。
 
 

■ テザリング

テザリングは許可されていません。

iPhoneでは設定⇒一般⇒ネットワークで、テザリング(パーソナルホットスポット)を有効化できません。

アンドロイド携帯では、本体の設定(Settings)でテザリング項目があれば、使用可能です。(確認済み)
自己責任でテザリングしてください。
 
 

■ ポケットWiFiに使用する

APNを設定すれば、このSIMをポケットWiFi(SIMフリー、または、使うSIMによってはAT&TにSIMロック済みかT-Mobile USAにSIMロック済み)に使用することも、可能です。
 
 

■ データアクセスの速度

AT&T版SIMの場合は、携帯本体が対応していれば、3Gおよび4G HSPA+の速度でデータアクセスできることが、確認されました。
4G HSPA+対応のGalaxy Nexusでは、筆者の住んでいる場所で、ダウンロード最大4Mbpsの速度が測定されました。
3Gにしか対応していないiPhone 3Gsでも、日中で1.2Mbps程度の速度が測定できました。
2G GSM(Edge/GPRS)ではなく、しっかり3G/4G HSPA+に接続しています!

 

T-Mobile版SIMでは、Galaxy NexusでHSPA+は平均5Mbps、最大9-10Mbpsのダウンロード速度が得られました。

 
 

■ オンラインアカウント管理画面・有効期限確認

Net10/StraightTalkのSIMのアクティベーション・再アクティベーション手順 – 2012年5月26日
を参照して下さい。
 
 

■ トップアップの方法

Net10/StraightTalkのSIMのアクティベーション・再アクティベーション手順 – 2012年5月26日
を参照して下さい。
 
 

■ 国際電話プランへの加入と、国際電話の掛け方

Net10には、月$10-15の「Unlimited International」プランがありますが、日本への発信は対象になっていませんし、「SIMだけ」購入者は加入できません。
また、「Pay-as-you-go International Long Distance」プランもありますが、「月極め(30日)使い放題プラン」加入者はこの「Pay-as-you-go International Long Distance」プランに加入できません。

したがってNet10の「SIMだけ」購入では、Net10 の国際電話プランには加入できません。
他社の「プリペイド国際電話コーリングカード」を購入して、そのアクセス電話番号に電話を掛け、コーリングカードのPIN番号を入力し、相手の電話番号を入力して、国際電話をかけることに成ります。

詳しくは
AT&Tプリペイド国際電話コーリングカードのオンライン購入と使い方 – 2012年7月4日
を参照して下さい。
 
 

■ 有効期限

使用有効期限切れ後、145日以内にStraightTalk SIM/Net10 SIMサイトで再アクティベートをすると、同じSIMで使用できます。その後は新しいSIMが必要です。ただし、再アクティベート時に同じ電話番号が割り当てられるとは限りません。

したがって、年に3~4回アメリカへ訪れ、主にデータ通信を限度心配無く、「使い放題」で使いたい人には向いているでしょう。
 
 











――<●>――
関連すると思われる記事: