最近、iPhoneの地図(Maps)アプリが進化していたことに、気付いた。


- Old Counter



先週、シリコンバレーに出張に行った時に、途中でガソリンスタンドを探す必要が発生しました。もちろん、レンタカーへの給油のためです。

いつもはお得意のGPSアプリ、「Motion X Drive」
GPSナビは、iPhone/iPad用GPS、MotionX GPS Driveを使っています。 – 2011年11月23日
で探すのですが、これでガソリンスタンドを探すには、それなりに手順が掛かります。とてもでないけど、運転しながらは探せません。
しかも、「Motion X Drive」には目的地を既にセットしてあって、寄り道でガソリンスタンドを探すためにわざわざ設定し直すわけには行きません。

そこで、ホームボタンをクリックし、ホーム画面に切り替えて、iPhoneにもともとインストールされている「Maps(地図)」アプリをタップして起動し、

 

現在地が表示されていることを確認し、「大丈夫かなぁ」と疑いながらも画面上の検索バーに「gasoline」と入力して検索みると、・・・・・、な、なんと、近くのガソリンスタンドが赤いピンで表示されるではないですか!!!
たとえば、お店の住所とかお店の名前を入力して検索できる、・・・というのならわかりますが、一般名詞の「gasoline」という言葉を入力するだけで、自分の近くのガソリンスタンドを表示してくれるとは・・・驚きました。

 

このとき交差点付近が交通渋滞で、最初のガソリンスタンド(画面下の赤いピン)も給油したい車で一杯で、右往左往してしまいましたが、画面を見ると近くにもう一箇所ガソリンスタンドがある(画面上の赤いピン)ことがわかり、この地図を頼りにそっちへ移動しました。結果的にそっちのガソリンスタンドは空いていて、楽に入れて給油できました。

もちろん、探したいお店の名前がわかっていれば、それを入力すると、表示されます。
たとえば、家電量販店の「Best Buy」で検索すると、その結果こちら。

 

これにびっくりして、ついでにホテルへの帰路の途中で食べられるPrime Ribステーキレストランを探すために、「Prime Rib」で検索すると・・・

 

お目当てのお店の赤ピンをタップすると、電話番号やURLなどの情報が表示されます。
もちろん、電話番号をタップすると電話が掛けられます。

 

お店の情報ページのURLをタップすると、Safariが起動し、そのページを表示してくれます。

 

自分の今いる現在地ではなく、適当に住所を入れて、その地域の地図を表示した後、検索したいお店のキーワードで検索すると、それに該当するお店が表示されます。
たとえば、「Omaha NE」と入力して地図の表示位置を変えた後、「sushi」をキーワードに寿司レストランを探すと・・・
ネブラスカ州オマハの中心部に寿司レストランが2軒表示された!

 

これらの操作が、非常に簡単にステップ数少なく(運転中でもそれほど困難と危険が少なく)できるのには、驚きです。

「いやぁ、iPhoneのMaps(地図)アプリも、知らないうちに進化してたんだ・・・」と、驚きました。

皆さんは、知っていましたか?











――<●>――
関連すると思われる記事: