redsn0w 0.9.10b3でiPhone 4/3Gs/iPod Touch/iPad iOS 5.0.1を脱獄する手順


- Old Counter



2日前(アメリカ時刻2011年12月27日早朝)、iOS 5.0.1脱獄ツール「redsn0w 0.9.10b1」がリリースされました。

しかし、いくつかのバグが発見され、redsn0wの最新バージョンは今日現在すでに「redsn0w 0.9.10b3 redsn0w 0.9.10b5c」になっています。
「redsn0w 0.9.10b3」のダウンロード先は、
Windows版
Mac OS X版

追記:2012年2月26日現在、最新版は、redsn0w 0.9.10b5cで、以下のリンクからダウンロードできます。
Windows版
Mac OS X版

脱獄の手順は1~2日中にこのページで詳細に掲載したいと思いますが、基本的に 「redsn0w0.9.9b1~redsn0w0.9.9b16?」と同じです。
このページで準備できるまで、
redsn0w 0.9.9b1でiPhone 4/3Gsを脱獄する手順
と同じ手順で、上記サイトからダウンロードした「redsn0w 0.9.10b3 redsn0w 0.9.10b5c」で脱獄して下さい。

注意:現在のところ脱獄できるのは、iPhone 3G/3Gs/4、iPod Touch 第4世代まで、iPad(オリジナル)だけです。
iPhone 4SとiPad 2はまだ脱獄できません。
また、iOS 5およびiOS 5.0.1のSIM解除ツールはありません。(古いモデムファームウェアを維持している場合は、例外。)
Gevey SIM解除用アダプターも、iOS 5およびiOS 5.0.1に対応していません。(同じく、古いモデムファームウェアを維持している場合は、例外。)

なお、脱獄後、ひとつ問題が発覚しました。

脱獄後、「Cydia ⇒ Manage ⇒ Sources ⇒ Edit ⇒ Add」でレポジトリーを追加しようとすると、iOSの言語が日本語(日本語メニュー)になっていると、Cydiaがクラッシュします。

この場合、iOSの「設定(Settings) ⇒ 一般(General) ⇒ 言語環境(International) ⇒ 言語(Language)」 で、日本語を「English」に変更した後、再度、Cydiaを起動し、「Cydia ⇒ Manage ⇒ Source ⇒ Edit ⇒ Add」でレポジトリーを追加すれば、クラッシュしません。

一旦、脱獄アプリを追加した後は、言語を日本語に戻して、脱獄アプリを実行できます。
このCydiaのクラッシュ問題は、Cydiaだけに限られるようです。

なお筆者は、Skyroam GMateはiPhone 4 iOS 5.0.1脱獄後に、正常に稼動することを既に確認しました。

追記:2Phoneも、iPhone 4 iOS 5.0.1脱獄後に、正常に稼動することを、確認しました。
 
 

■脱獄前の準備 - iPhoneのバックアップを取る

万が一、脱獄に失敗した場合、または、脱獄状態から元に戻す場合(入獄する)、のために、脱獄作業前には必ずiTunesでiPhoneの最新バックアップを取っておきましょう。そうすれば、iPhone復元後、インストールしたアプリやメール設定なども含めて、最後のバックアップ状態にiPhoneを戻すことが出来ます。

これまでiPhoneのバックアップを取ったことの無い人のために、バックアップの取り方は上記リンクの「ページ1:■脱獄前の準備 - iPhoneのバックアップを取る」を参照してください。
iPhone 4/3Gs iOS 4.3.3をredsn0w 0.9.6 rc18で脱獄(Jailbreak)しました – 2011年7月3日
 
 

■redsn0w 0.9.10 b3 (b5c)で脱獄する手順

iPhone 4/3Gs/iPod Touch/iPadのバージョンの確認

redsn0w 0.9.10 b3 (b5c)では、iOS 4.3.3まで、4.3.4、4.3.5、iOS 5.01が脱獄できますが、4.3.4、4.3.5の場合は紐付き脱獄になります。

脱獄ソフト、redsn0w 最新版0.9.10 b3 (b5c)をダウンロードする

redsn0w 0.9.10 b3は、ここからダウンロードできます。
Redsn0w 0.9.10b3 for Windows
Redsn0w 0.9.10b3 for Mac

2012年2月26日現在の最新版redsn0w 0.9.10 b5cは、ここからダウンロードできます。
Redsn0w 0.9.10b5c for Windows
Redsn0w 0.9.10b5c for Mac

ダウンロード後、圧縮ファイルを解凍してください。

脱獄する

redsn0wをクリックして、実行します。

 

これから脱獄する場合は「Jailbreak」ボタンをクリックします。

 

下の画面が出たら、iPhoneをPC/Macに繋ぎます。

 

 

そして、繋いだまま、電源ボタンを約4秒長押しし、「電源オフ(slide to power off)」が出たら、右へ指でなぞって、iPhoneの電源を切ります。

 

 
このあと、PC/Macで「Next(次へ)」ボタンをクリックしますが、次の画面では画面の指示に従って、
1.iPhoneの電源ボタンを押す、
2.約3秒後、(そのまま電源ボタンを離さず)ホームボタンを押す
3.約10秒後、(そのままホームボタンを離さず)電源ボタンを離す
4.約15秒後、ホームボタンを離す
の作業を行います。

もう一度、書きます。

0.「Next(次へ)」ボタンをクリックする

1.すぐにiPhoneの電源ボタンを押す

2.2行目「2.Without releasing the Power button、….」が灰色から黒字に変わったら、(そのまま電源ボタンを離さず)ホームボタンを押す

3.3行目「3.Without releasing the Home button、….」が灰色から黒字に変わったら、(そのままホームボタンを離さず)電源ボタンを離す

4.Redsn0wの画面が変わって、「Jailbreaking…」と表示されたら、ホームボタンを離す

の作業を行います。

もし不安であれば、ここでiPhoneをPC/Macから外して、「Next(次へ)」ボタンをクリックし、次の画面の変化のタイミングを事前に見てみましょう。
そして、電源ボタンとホームボタンを押したり離したりするタイミングを、練習してみてください。(この練習の時は、実際にはiPhoneのボタンを押さないでください。)

練習が済んだら、(iPhoneを接続していないときは)エラーメッセージがポップアップするので、「OK」ボタンを押して、もう一度「Next(次へ)」ボタンを押します。
または、redsn0wの「Cancel(キャンセル)」ボタンを押して、再度redsn0wを起動して、初めからやり直してください。
または、

では、脱獄作業を続けます。

PC/Macで「Next(次へ)」ボタンをクリックします。

 
「1.Hold down the power (corner) button for 2 seconds」と画面に出たら、iPhoneの電源ボタン(iPhoneの右上のボタン)を押します。

 

 
約3秒後、次の行、「2.Wuthout releasing the Power button, also hold down the Home (bottom center) button for 10 seconds」と画面に出たら、そのまま電源ボタンを離さず、ホームボタンを押します。

 

 
約10秒後、「3. Without releasing the Home button、release the Power button BUT KEEP holding the Home button for 15 seconds」と画面に出たら、そのままホームボタンを離さず、電源を離します。

 

 
約10-15秒後、redsn0wの画面が変わり、「Identifying…」と表示されます。

 
もう、ホームボタンを離しても構いません。

 
接続されているiPhone/iPod Touch/iPadのモデル番号とiOSバージョンをredsn0wが識別し、

 
iPhoneの脱獄OSファイルが準備され、

 
オプションが表示されます。「Install Cydia」を選択(デフォルト)し、「Next>」ボタンをクリックします。

 
脱獄プロセスが開始され、

 
脱獄ファイルがiPhoneに転送されます。

 

 
脱獄プロセスがiPhoneで続けられます。

 

 

 

残りの作業はiPhone側で続けられ、iPhoneが再起動し、

 
ロック画面が表示されます。

 

もし、iPhoneが再起動した時に、
(1) アップル・ロゴのまま、暫く待っても先へ進まない場合、
あるいは、
(2) 正常に再起動したが、インストールされたCydiaのアイコンが真っ白の場合、
は、
redsn0w 0.9.9b1でiPhone 4/3Gsを脱獄する手順 – 2011年9月22日
の「■「紐付き」リブート(再起動)の手順」のセクションを参照して、「紐付き」リブート(再起動)を行います。

なお、脱獄後、iPhoneにはCydiaアプリがインストールされています。

 
 
 

■脱獄に後悔して(あるいは、不便だから)、元(脱獄前)に戻す手順

基本的には、iPhoneをiTunesで「復元」すれば、脱獄状態は無くなり、iPhoneは最新iOSになります。

または、iPhoneをiTunesで「iOSのアップデート」をすると、脱獄状態は無くなります。

つまり、脱獄状態を維持したければ、iOSの更新(アップデート)をするたびに、脱獄が必要です。
iOSの最新版が出ても、すぐにその新しいiOSバージョンに対応した脱獄ソフトが出るとは限りません。

したがって、脱獄状態を維持したい人は、iOSの最新バージョンが出ても、すぐにはアップグレードしないことです。最新の脱獄ソフト、しかも、「untethered(再起動するごとに脱獄する必要が無い)」脱獄ツールが出るまで、待つことをお勧めします。

復元の方法は、
iPhone 4/3Gs iOS 4.3.3をredsn0w 0.9.6 rc18で脱獄(Jailbreak)しました - ページ4 – 2011年7月3日
を参照してください。











――<●>――
関連すると思われる記事: