Sprint(CDMA2000) iPhone 4Sは、他社SIMが使えるか?


- Old Counter



Sprint(CDMA2000)用iPhone 4SをアンドロイドHTC Heroから機種変更/アクティベートしたので、いくつかの謎を解決すべき、実験してみました。

なお、ここに書く内容は、Verizon用iPhone 4Sでも同様と推測されます。
KDDI(au)版は、どうでしょうか?
日本在住の方の実験報告を、期待したいところです。

1.SIMが無くても、通話できるか?

アメリカのCDMA2000 キャリアは、米国国内ではSIMを使用していません。
SprintやVerizon(ついでに、Virgin Mobile USA、BoostMobile、Cricket Wireless、MetroPCS、など)の3G携帯には、SIMを挿入するSIMスロットが存在しません。(CDMA2000/LTE両用携帯には、LTE通信のためにSIM/SIMスロットが存在します。CDMA2000/GSM【W-CDMA】両用携帯にも、GSM【W-CDMA】通信のためにSIM/SIMスロットが存在します。)

iPhone 4Sは「ワールド・フォン」という触れ込みですから、ヨーロッパなどCDMA2000キャリアが一社も存在しない国では、iPhone 4Sに挿入されたSIMの情報を使ってGSM【W-CDMA】モードで通信する必要があることは、理解できます。

それでは、アメリカ国内ではどうでしょうか?

そこでアクティベーション後に、SIMを抜いて通信できるかどうかを試してみました。


SIMトレイをSprintロック済みのiPhone 4Sから抜き出して、通話をしてみたら、・・・出来ました!
呼び出し音が鳴るだけでなく、ちゃんと相手に繋がります。

iPhone 4Sの最初のアクティベーション時には本体のCDMA2000シリアル番号(MEID番号)をSprintのウェブサイトに入力しなければならなかったのですが、ひょっとしたらこの時もiPhone 4S本体にSIMが入っていなくとも、アクティベーションできたのかもしれません。

最初のアクティベーション時にSIMが必要だったかどうかを今から再度試すには、遅すぎますが・・・

2.SIMが無くても、iPhone 4Sを再起動できるか?

これも、SIMトレイを本体から外した上体で、スリープボタン(右上ボタン)とホームボタンの同時長押し(約10秒)でりんごのマークが出るまで続ける・・・というiPhone 4Sの再起動手順を行ったところ、SIM無しでもSprintに接続されました。

上記1.と2.から、事前にMEID番号を登録した(つまり、契約した)CDMA2000キャリアとの接続には、SIMは不要という事が、判ります。
CDMA2000キャリアとの契約のiPhone 4Sに挿入されているSIMは、国際ローミングの為だけにあるのです。

3.GSM【W-CDMA】モードで、米国内の他社SIMが使えるか?

・・・ということで、CDMA2000キャリアと契約したiPhone 4Sでは、SIMはCDMA2000通信には無関係ということがわかりました。

それでは、CDMA2000キャリアと契約したiPhone 4Sで、GSM【W-CDMA】モードではSIMに制限があるのでしょうか?

まずは、アメリカ国内ではSprintとは競合であるAT&TのSIMを挿入してみます。

そうすると、数秒して画面左上のキャリア名の部分が「Searching…(検索中)」という表示に変わり、

設定画面にキャリア(Carrier)選択オプションが現れます。

これをクリックしてAT&Tの信号を選択しようとすると、その前にiPhone 4Sが勝手に再起動してしまいます。

そして、「Activation Required」という文字がロック画面に表示されます。

ロック画面を解除して、画面の進みにしたがって(AT&TのSIMで)アクティベーション(?)しようとすると・・・

「iPhoneをアクティベーションするには、サポートされている電話会社の互換性のあるSIMカードしか使用することはできません。」というメッセージが出て、先へ進めません。

T-Mobile USAのSIMカードでも、同様の結果になります。

ちなみにこの実験で使ったSIMは、AT&TのSIMはポストペイド用SIM(別のiPhone 4で日常使っているもの)、T-Mobile USAのSIMはプリペイド契約のSIMです。

これまでもVerizon社はCDMA2000/GSM【W-CDMA】デュアルモードのBlackberryやアンドロイド携帯で、たとえGSM【W-CDMA】モードのSIMロックを解除したとしても、アメリカ国内のGSM【W-CDMA】キャリアのSIMは認識しないように携帯本体に細工を加えていました。

ここでの実験の結果は、そのことを意味しているものです。

つまり、SprintおよびVerizonで契約したiPhone 4Sは、同じ米国キャリアであるAT&TおよびT-Mobile USAと、そのMVNOキャリアのSIMでは使用できません。

4.GSM【W-CDMA】モードで、米国外の他社SIMが使えるか?

次に、ソフトバンクのプリペイド(プリモバイル)のSIMをマイクロSIMサイズにカットして、Sprint契約のiPhone 4Sに挿入してみました。

今度は、いくら待てども、勝手に再起動はしません。
設定画面にキャリア選択メニューが出てきました。

もちろん、ここアメリカではソフトバンクの電波がないので、キャリアリストに表示されません。電波は、「圏外(No Service)」です。

しかし、キャリアプロファイルとしてSIMは正しく読み込まれて「ソフトバンクモバイル 11.0」が、「設定⇒一般⇒情報」に表示されます。

SIMの自局電話番号も正しく表示されます。
つまり、この状態で日本へ行けば、ソフトバンクの回線で電話は出来るでしょう。

 
 
 

結論は・・・
CDMA2000キャリアで契約したiPhone 4Sでは、契約した国内の他社のSIMは使えないが、GSM【W-CDMA】モードのSIMロックが解除されていれば、その国以外のどのSIMでも使える。

ここで注意:

以下の記事によれば、
http://www.macworld.com/article/163003/2011/10/sprint_clarifies_iphone_4s_unlocking_policy.html
http://www.engadget.com/2011/10/13/sprint-explains-iphone-4s-unlocking-policy-phones-will-be-unloc/
http://arstechnica.com/apple/news/2011/10/sprint-wont-sell-iphone-4s-with-unlocked-micro-sim-card-slot.ars

SprintはiPhone 4S発売直後は米国外SIMに対してのみ、SIMロック解除の状態で販売する。
ただし、その後、キャリア設定プロファイルをOTA(携帯電波)で自動でiPhone 4Sに送り(←多分、OTAです。iTunes経由ではないと思う。)、SIMロックする予定。(それがいつなのかは、現時点では不明。)
その後、支払い遅延や滞納の無い顧客に対しては、要望があれば、GSM【W-CDMA】モードのSIMロックを解除する。(その条件は、未発表。)

・・・と言うことなので。Sprint用iPhone 4Sで何もしなくても米国外他社SIMが使えるのは、あと数日から数週間だけでしょう。その後は、期間条件を満たして、SIMロック解除をリクエストしないと、出来なくなります。

なお、Verizonは、60日間以上契約継続済みで、支払い遅延や滞納の無い顧客に対しては、要望があれば、GSM【W-CDMA】モードのSIMロックを解除する。(既にBlackberryやデュアル・モードのスマートフォンに適用しているルールを、そのままiPhone 4Sにも適用する。)・・・となっています。
 
 
 

さて、KDDI(au)のiPhone 4Sでは同様にドコモ(およびそのMVNO)やソフトバンクのSIMは使えないようにするでしょう。しかし、海外ではau以外のSIMは使えるようになるのでしょうか?
auの会社方針次第でしょうが・・・
 
 
 











――<●>――
関連すると思われる記事: