Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


【噂】TK Tech Newsの報道:Sprint/T-Mobile US買収、ほぼ最終合意。新会社の名前はSoftbank USA


- Old Counter



TK Tech Newsが信頼できる投資家ソースからの情報として、YouTubeで発表したところによると、

● ソフトバンクとドイツテレコムは、SprintによるT-Mobile USの買収はほぼ最終合意に達した。
● 買収価格は、T-Mobile US 1株あたり$36
● ドイツテレコムが新会社の20%の株を継続保有
● 新会社はAT&Tより加入者数が130万人少ないだけ。
● 買収後の新会社の名前は、Softbank USA
● 新会社のロゴは、Sprintの黄色とT-Mobile USのマジェンタ(ピンク)を半々にアレンジし、真ん中にソフトバンクの水平2本線をアレンジ
● それぞれのプリペイド子会社であるVirgin Mobile USA、Boost Mobile、MetroPCSは廃止。新会社Softbank USAに吸収。
● 新会社のCEOはJohn Legere(現T-Mobile USのCEO)
● SprintのCEO Dan Hesse氏は役員として残る

● AT&TとVerizonの共有データ/段階的定額プランに対抗して、データ通信使い放題プランを前面に出す。
● 契約束縛無しプランのみ。与信チェックも無し?
● 現SprintのFramilyプランの基本構想を使い、加入者が多いほど1人あたりの単価が低い。(1回線加入は月$75、7回線加入以上は1回線当たり月$45。月$75は、現T-Mobile USの「使い放題」プランよりも安い。)
● Sprintが予定していた「トップ5%ユーザーのネットワーク規制」を廃止(中止?)する。
● - つまり、「業界一安くて、真の使い放題」を、政府規制当局への説得の目玉のひとつとする。
● SprintのClearwire部門のWiMAX回線を再販(MVNO)しているH2O Wireless(KDDIが51%保有)のWiMAXブランド(H2O Bolt 4G)は、新会社が買収か? (・・・・え? KDDIもこの話に絡んでいたの?)
● ドイツテレコムとソフトバンク(日本)の加入者は、アメリカで新Softbank USA回線に無料でローミング可。
● 新Softbank USAとソフトバンク(日本)の加入者は、ヨーロッパでドイツテレコム(T-Mobile)回線に無料でローミング可。
● 新Softbank USAとドイツテレコムの加入者は、日本でソフトバンク回線に無料でローミング可?
● - つまり、国際ローミングを無料にすることを、政府規制当局への説得のもうひとつの目玉とする。
● SprintはCDMA2000回線はいずれ停波。

● 買収発表は、早くて月曜(2014年6月9日)、火曜日、水曜日の可能性あり。

【YouTube】Hello Softbank USA goodbye others – 2014年6月7日
【TK Tech News】Hello Softbank USA, Sprint T-Mobile merger agreed to in principle (Prepaid Brands also gone) – 2014年6月7日

もちろん、アメリカ規制当局の調査は買収発表後6-12ヶ月掛かり、この買収提案をブロックすることはあり得るので、買収が最終的に完了するかどうかもわからないし、買収が許可されたとしても、買収完了は約1年後。

ソフトバンクは、買収発表後、政治家へのロビー活動を活発化するであろう。

・・・さて、この情報どおり、今週はなんらかの発表があるでしょうか?
メジャーなニュースソースはまだこれに近い内容を報道していないので、半信半疑くらいに心に留めておきましょう。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>