Tracfone、Net10、StraightTalk、SafeLinkプリペイド携帯は、(主に)通話・テキスト専用です。


- Old Counter



アメリカの食品スーパーやドラッグストアなどでプリペイド携帯を販売している場合はTracfoneやNet10の携帯本体しか販売していないことが多く、これらの携帯会社の詳しいことを知らずに、最初に入ったお店で他に選択肢が無いから買う人も多いようなので、Tracfone、Net10、StraightTalk、SafeLinkのプリペイド携帯会社について簡単に説明をします。

 

■ América Móvilについて

この4ブランドは、全てメキシコ資本の同じ親会社の「América Móvil」の経営下にあります。
同社は本社がメキシコシティーにあり、全アメリカ (北米、中南米、カリブ海) で合わせて2億6500万人の加入者があり、世界で4番目の移動体電話会社です。
同社の設立者で会長/CEOのCarlos Slim氏は、2010年と2011年のForbes誌で「世界一の資産家(the richest person in the world)」にランクされています。

América Móvil社はアメリカ国内において、Tracfone、Net10、StraightTalk、SafeLinkの4つのブランドでプリペイド携帯サービスを提供しています。

同社の地理的な繋がりからわかるように、もともとは「アメリカに住んでいる」メキシコ人を含む中南米人がID無しで携帯電話を買ったり、母国の家族との通話を安くするために、サービスが始りました。

なお、StraightTalkブランドは「月極めプリペイド契約」のブランドで、ディスカウント百貨店のWalmartとの共同事業として始りました。
 
 

■ Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLinkが使用している電波

Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLinkは自社で電波を持っておらず、アメリカの他の携帯電話会社Verizon、AT&T、T-Mobile USA、(そして、過疎地ではその地域の小規模携帯電波会社)、の電波を使用しています。

なお、StraightTalkが昨年秋に販売開始したTracfoneグループで最初のアンドロイド携帯、および、その後Net10で発売されたアンドロイド携帯では、Sprintの電波を使用してサービスを提供しています。
 
 

■ Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLink携帯のモデル番号と通信方式

どの携帯電話会社の電波を使っているかは、Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLinkの携帯電話が販売されている地域(州や市)によって違います。
Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLinkの携帯のモデル番号の数字の後には「C」または「G」のアルファベットが付いています。

この文字が「C」であれば、その携帯はCDMA通信方式を使っており、Verizonの電波を利用して通信します。「C」モデルはVerizonのほか、Verizonの電波が無い地域ではUS Cellularなどの他のCDMAキャリアでローミングできます。しかし、GSMキャリアのAT&TやT-Mobile USAの電波では使用できません。

この文字が「G」であれば、その携帯はGSM通信方式の携帯で、AT&TまたはT-Mobile USAの電波で使用できます。
さらに、「G」モデルの携帯の箱に書いてある商品番号に「P4」「R4」「P4P」の文字が含まれていれば、その携帯はAT&Tの電波を「ホームネットワーク」として設定されています。この携帯は、AT&Tの電波があるときには(他にT-Mobile USAの電波が存在していても)、AT&Tの電波を優先して使用します。
例:モデル番号=TFLG800G、商品番号=TFLG800GTMP4P

「G」モデルの携帯の箱に書いてある商品番号に「P5」「R5」「P5P」の文字が含まれていれば、その携帯はT-Mobile USAの電波を「ホームネットワーク」として設定されています。この携帯は、T-Mobile USAの電波があるときには(他にAT&Tの電波が存在していても)、T-Mobile USAの電波を優先して使用します。

オンラインで電話機本体を注文する際に、携帯を使用する地域の「ZIPコード(郵便番号)」を最初に入力すると、購入可能な携帯機種のページへ飛びます。
そのページのURLの中に、「&market=」という文字列があり、その「=」の後のコードによって、その地域で販売されている携帯の通信方式と、「ホームネットワーク」キャリアがわかります。

「&market=」の後のコード ホームネットワークキャリア 通信方式
GSM4 AT&T GSM (2G)
GSM5 T-Mobile USA GSM (2G)
GSM5AT T-Mobile USA、または、AT&T GSM (2G)
CO Verizon CDMA 1xRTT (2G)
COGSM4 Verizon、または、AT&T CDMA 1xRTT (2G)、または、GSM (2G)
COGSM5 Verizon、または、T-Mobile USA CDMA 1xRTT (2G)、または、GSM (2G)

 

参考:
How to Tell Which Network (AT&T, T-Mobile or Verizon) a TracFone, NET10 or Straight Talk Phone Uses

■ Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLink携帯のSIMから、ホームネットワーク・キャリアを知る

Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLinkのCDMA携帯には、SIMはありません。

Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLinkのGSM携帯のSIMから、ホームネットワーク・キャリアを知ることができます。
SIMコードの最後が「C4」で終わっている場合は、AT&Tの電波を主に使います。
例:TF64SIMC4
SIMコードの最後が「T5」で終わっている場合は、T-Mobile USAの電波を主に使います。
例:TFSIMT5
 
 

■ Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLinkのGSM携帯は、SIMロックされています

Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLinkの携帯は、SIMロックされています。
したがって、Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLinkの携帯は、他社のSIMで使用できません。

それだけではなく、Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLinkのSIMは、その購入した携帯本体にロックされています。(紐付きになっています。)
したがって、Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLinkのSIMは、他のTracfone/Net10/StraightTalk/SafeLinkの携帯にも使えません。
 
 

■ Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLinkの通信方式は、一般に2G速度です。

他社に遅れて昨年2011年夏よりStraightTalkが、そして秋にNet10が、アンドロイド携帯を発売してきました。また、近い将来に別のアンドロイド携帯が出る、という情報も漏れています。

StraightTalkとNet10の既出のアンドロイド携帯は、CDMA2000通信方式のSprintの3G電波を使用しています。
これから発売される新しいアンドロイド携帯(発売時期未定)は、T-Mobile USAの4G(HSPA+)を使用すると推測されています。

しかし、それ以外のGSM携帯およびVerizon CDMA携帯は全て2G速度であり、GSM携帯はGSM 1900MHz (AT&T版は850MHzも使用?)、CDMA携帯はCDMA 1xRTT通信技術を使っていることがわかっています。

したがって、Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLinkでアンドロイド携帯以外を購入する場合は、主に通話とテキストメッセージにだけ使うと考えてください。
これらの携帯本体は3Gではないので、頻繁なネットアクセスには向いていません。

また、機種交換しても前のSIMは使えません(MNPで番号は移行できる)ので、アメリカで長期間プリペイド携帯を使用するつもりならTracfone/Net10のプリペイド携帯はお勧めしません。

短期間で、使い捨てのつもりで、通話とテキストメッセージが使えればそれで十分な場合は、これらの携帯を購入しても失望することは無いでしょう。
 
 

■ アクティベーションの方法

各社のウェブサイトでアクティベート出来ます。または、他の携帯・固定電話からフリーダイアル番号に電話して、アクティベートを行います。

アクティベートの方法は通信方式(機種)によって違うので、「Activate」ページで自分の携帯のモデルを正しく選択してください。

Tracfoneではネットでアクティベートすると$20分のボーナス、フリーダイアルに電話してアクティベートすると$10のボーナスが付きます。
 
 

■ 国際電話の仕方

指定されたアメリカ国内の「アクセスポイント」に電話を掛け、繋がったら音声ガイダンスにしたがって、相手の国際電話番号をダイアルします。(例:日本への電話は011-81-【日本の番号から最初の「0」をとった番号】)
アクセスポイントへの電話料金は、アメリカ国内への電話料金のレートで課金されます。
そこから海外への国際電話料金はTracfone/Net10/StraightTalk/SafeLinkのサービスブランドによって違うので、各社のホームページを参照してください。
 
 

■ トップアップの仕方

食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウント百貨店、家電量販店などで購入できるトップアップカードを購入し、PN番号を携帯のメニューから入力します。

各社のホームページからも可能で、その場合は、アメリカ国内発行のクレジットカードやデビットカードでもトップアップできます。

フリーダイアル番号に電話してトップアップすることも、可能です。
 
 

■ 残高と使用期限のチェック

携帯の電源を入れるたびに、残高と使用期限が画面に表示されます。

携帯のメニューからも、残高と使用期限がチェックできます。

各社のホームページのアカウント管理画面に登録すれば、そこでもチェックできます。
 
 

■ Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLink各社のホームページ

Tracfone
Net10
StraightTalk
SafeLink
 
 

■ Tracfone/Net10/StraightTalk/SafeLink各社と、他社の通話料金比較

アメリカのプリペイド携帯通信料金(1)Pay as you go
アメリカのプリペイド携帯通信料金(3)月払いプリペイド
 
 


 


 











――<●>――
関連すると思われる記事: