Galaxy TABをアンロック(SIM解除)しました

目次:
Galaxy TAB(T-Mobile USA版)入手、アンロックコード失敗談・・・このページ
Galaxy TABのルート化・・・ページ 2
nv_data.binをバックアップ・・・ページ 3
HexEditorでnv_data.binを編集・・・ページ 4
編集・改変したnv_data.binをコピー・・・ページ 5
Galaxy TABを再起動してアンロック確認・・・ページ 6


 
Samsung Galaxy TABを、NewEgg.com
http://www.newegg.com/
から「通信契約束縛無し(No-Contract)」で、2010年12月末に購入しました。
価格は$639.99(2011年1月18日現在、$629.99に値下がりしています)でした。

箱の外側には「T-MobileのSIMのIMEI番号」も書かれていましたが、実際に箱の中を開けると、SIMは入っていませんでした。No-Contract仕様だからでしょうか。

あと日本版や欧州版のGalaxy TABと違うところは、アメリカ版Galaxy TABは通話はできません。アップルiPadと同じように、3G/WiFiデータ通信だけです。

通常のアンドロイド端末と同じで、日本語表示はそのままで問題無く、日本語入力はMarketからSimeji、OpenWnn Plus、Kaedeなどの無料日本語IMEをインストールすれば可能になります。

メニューの日本語表示は、Marketからmorelocale2をダウンロードしてみましたが、Market(マーケット)、Navigation(ナビ)、Maps(マップ)が日本語になって程度で、あまり期待できません。


ちなみにNewEgg.comでは、No-Contract携帯本体や、SIMロック解除済み携帯がいくつか販売されています。
今回は同時にBlackberry Torch 9800のSIMロック解除版 ($579.99) も注文しました。

さて、このGalaxy TABはT-Mobile版ですが、NewEgg.comのサイトで「Unlocked」と書かれていたので、購入したものです。

ところが実際に到着してみると、AT&TのSIMを挿入すると「SIM network unlock PIN」の入力を要求してきます。

明らかにSIMロック版です。
T-MobileのSIMを挿入した時はこの画面は出ないで、ホーム画面に進みます。

そこで、NewEgg.comカスタマーサービスにメールで質問。その返信の指示通りにSamsungアメリカのカスタマーサービスに電話するも、「アメリカ国内ではSIMロック解除版はどこからも販売されていない」という返事。
1週間すったもんだした後、NewEgg.comでは返品/返金しかできないということになりました。

「返品するくらいなら、業者から有料でアンロックコードを入手しよう」と、携帯のSIMアンロックコードを探して教えてくれる業者を使ってみました。
http://www.unlockallcellular.com/
$29.99をクレジットカードに課金してもらって、Galaxy TABのモデル番号(SGH-T849)とIMEI番号をサイト内フォームで送って、待ちました。

約24時間後、8桁の数字のアンロックコードがメールで届きました。

早速AT&TのSIMを挿入して、「SIM network unlock PIN」欄に入力して、Unlockボタンをタッチしてみるが、念のため2度試してみても「Network unlock Request unsuccessful」のメッセージが画面に出ます。

この手のSIMロックされた携帯は間違ったアンロックコードの入力を3回とか5回すると、完全に携帯がロックされてしまい、使えなくなる・・・ということをネットで読んだことがあるので、これ以上入力するのは控え、unlockallcellular.comにメールで質問することにしました。

これまた、2,3日unlockallcellular.comとメールでやり取りした後、「あと3回入力してみてくれ。毎回、失敗したら、リブートするように。」とか言われてやってみるも、ダメ。
最終的に、アンロック失敗の過程をビデオにとって、ビデオファイルのサイズが大きいのでYouTubeにアップし、unlockallcellular.comに確認してもらい、後日、$29.99は返金してもらいました。

 
 



――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です