iPhone 4用同時着信デュアルSIM装置、2Phoneを使ってみた

目次:
説明と、パッケージ・・・このページ
2PhoneアプリをiPhone4にインストールする・・・ページ 2
充電の仕方・・・ページ 3
2Phoneの起動・停止・・・ページ 3
通話(着信・発信)・・・ページ 4
SMSテキストメッセージ・・・ページ 5
その他・・・ページ 5
結論・・・ページ 5


 
2枚のSIM/2つの電話番号で同時に着信・発信できるiPhone 4用デュアルSIM装置、2Phoneを使ってみました。

2011年4月22日にイギリスのRebel SIM Card(Solutions Point Limited社)
http://www.rebelsimcard.com/
に他の品物と一緒に発注し、2011年4月28日に到着済みだった2Phoneを、今頃テストしてみることにしました。(はい、ずっと放置していました。)

 

ところが、パッケージの裏を見たら、いやな予感。

 

周波数対応が、900/1800MHz(ヨーロッパ・アジアの周波数)のところに印がしてある。
850/1900MHz(北米の周波数)には印が無い!!!
「えっ、これって、クアド・バンド(4周波数対応)じゃあなかったの?!・・・今頃、クアド・バンド対応でないGSM機器って、あるの?!」

 

急いでRebel SIM Cardのサイトへアクセスしてみると、確かに、USA & Canada Not Supported GSM band 900/1800 ONLYと赤文字で書いてある。2011年4月の購入時点ではこれは無かったはず。書いてあれば、筆者は注文してはいない!
おそらく、北米購入者から苦情があったので、後で追加したものでしょう。

 

中国とかアジアとかヨーロッパ/オーストラリア/南米でも頻繁に出張すればこれも役に立つ可能性があるが、この周波数ではアメリカ(カナダ)国内では使えません。

もう少し調べようと思い、パッケージ裏に書いてあるウェブサイト
http://www.two-phone.com/
にアクセスしてみると、実はこのアドレスが
http://www.2phone.com/
に変わっていました。

何とか北米周波数対応に出来ないか、出来ないとしたら北米対応機はどこで買えるのか、・・・と暫く時間を掛けて調べたら、2011年7月末にクアド・バンド・モデルのサンプル出荷が始まっていることが同サイトのフォーラムで解りました。
Has quad bands 2phone really come out?

ところが、北米仕様のデュアル・バンド・モデル(850/1900MHz対応)は、どこを探しても販売しているところが見つかりません。

「2011年7月末にクアド・バンド・モデルのサンプルが出来ているなら、今頃、最終モデルの出荷が始まっているのでは」と今度は、検索キーワードを変えて、探すサイトの方針を変えてみると・・・

・・・ありました。
http://www.2phonecase.com/
のサイトで、最新モデルのクアド・バンド対応機の2Phoneを販売しています!

そこで、更に暫く考えた結果、「ここまで来て、実際に検証できないのは、悔しい。」と思い、クアド・バンド対応機をここで注文する(本体$119、DHL輸送代金$29、発送はたぶん香港から?)ことにし、届くまでは手元の欧州アジア対応機で通話実験の手前までの設定をしておくことにしました。

クアド・バンド・モデルが手元に届いて、実際に通信テストしたら、その結果はあとで追加することにします。

追記:2011年9月26日、クアドバンド版2Phone (モデル番号 FM01-A)が、到着しました。


 


 

ケースの裏には、「900/1800」と「850/1900」の両方にマークが付いていて、クアドバンド(4周波数対応)であることを示しています。

 

箱の中身・・・

 


 

本体には、別のSIM(または、マイクロSIMアダプター)の格納場所と、SIM抜き出しピンの保存場所もありました。(PINは、同包されてきません。)

 

本体にも「850/900/1800/1900」の4周波数対応であることが、印刷されています。
なお、対応周波数の前に「GSM Dual Bands」と印刷されていますが、「GSM Quad Bands」の間違いです。

 
 
■原理

これまでのデュアルSIM(デュアル電話番号)は、以下のように使います。

方法1:2枚SIM用アダプターを使用し、2枚のSIMをひとつの携帯電話に差し込む。
●携帯電話の起動時に、どちらかひとつのSIMを使用するように選択する。
●着信は、選択した電話番号でしか出来ない。通常、選択しなかったもうひとつの電話番号に対しては、着信を転送する設定にしておく。そうすれば、両方の電話番号での着信が、選択した電話番号で可能になる。
●機種(OS)とインストールするソフトによっては、発信は、発信時にどちらの電話番号を使うか選択できるものがある。

方法2:1枚のSIMに2つの電話番号を持ったSIMを、使用する。
●このSIMには、2つのPIN番号が割り当てられている。
●携帯電話の起動時に、どちらかのPIN番号を入力しなければならない。入力したPIN番号によって、SIM内に設定されているどちらの電話番号を使うかが決まる。
●発信も着信も、選択されたPIN番号に割り当てられた同じ電話番号で行う。
●電話番号を変えるときは、携帯電話を起動しなおし、PIN番号を入力しなおす。

したがって、どの場合でも、(転送設定をしておかない限り、)同時に2つの電話番号の着信や発信は不可能でした。

2Phoneは2011年4月頃発売され、ドックコネクターを介してiPhone4に装着するケースの形をしており、このケース内に2G GSM携帯の回路が内蔵されています。
つまり簡単に説明すれば、ケースの形をした(LCD画面の無い)2Phoneの2G GSM携帯電話と、iPhone 4の2G/3G携帯電話を、くっつけて持ち歩き、携帯の画面はiPhone4の画面を共有するという発想の商品です。

2Phoneは、GSM/W-CDMA版iPhone 4はもちろん、CDMA2000(Verizon版)iPhone4でも使えるらしいです。

ただし、2Phoneそのものは3G対応していません(2G GSM対応のみ)なので、2G GSMキャリアの存在しない日本と韓国では使用できません。

※2011年8-9月以前の出荷のものは、デュアル・バンド(2周波数)対応で、900/1800MHzまたは850/1900MHzバージョンのどちらかです。
購入するなら、新モデルのクアド・バンド(850/900/1800/1900MHzの世界全2G GSM周波数対応、モデル番号FM01ーA)を購入しましょう。必ずクアド・バンドかどうか確認して、購入しましょう。

2PhoneとiPhone4を合体した場合、パケット(データ)通信はiPhone 4に入っているSIM(CDMA/Verizon版は、本体のアカウント)を使って通信します。

使い道としては、海外旅行・出張に際に、SIMフリーのiPhone4に現地のパケット通信可能なSIMを入れて現地電話番号で通話とパケット通信を使用し、2Phoneケース側に国際ローミング契約した日本(や自国)のSIMを挿入して万が一の自国からの電話の着信に備える・・・という使い方があると思います。
この場合、2Phoneケースに差し込んだSIMでは一切パケット通信をしませんから、膨大な海外パケット料金を課金されるのを防ぎ、かつ、必要な通話だけは着信可能にすることが出来ます。

iPhone4がSIMロックされていても、第2のSIMは2Phoneに刺して使えますから、その場合はパケット通信はiPhone4本体のSIMで使い、現地のSIMを2Phoneに挿入して現地電話番号での通話に使い、現地の通話料金を安くする、という方法も可能です。

または、同じ国内で仕事用と私用の電話番号の使い分けも、可能でしょう。

更に、2PhoneでSMSが受信・送信可能です。(MMSは不可です。MMSは、送信も、受信も、出来ません。)
 
 
 

■パッケージ

パッケージの裏の切れ目をナイフで切って開けると、2Phone本体(iPhone 4バンパー付き)、電池、マイクロUSBケーブル、英文のマニュアルが入っています。

 


 
 
 

■iPhone 4へ装着

2Phone本体にSIMカードを挿入し、電池をはめて、付いているバンパーはいったん外し、

 

本体のドックコネクター・プラグと、iPhone 4のドックコネクター・ソケットを繋げます。

 


 

その後、付属のバンパーをiPhone4にはめて、2Phone本体にスナップします。

 


 

2PhoneとiPhone4を合体されることにより、厚さは約1.5倍厚くなり、重さもちょっと重くなりますが、2Phoneの裏が丸みを帯びた形状になっており、持っていて特に違和感はありません。
裸のiPhone4と厚さを比べた写真:
2Phoneと合体させたiPhone4の厚さは約17mm、裸のiPhone4は約10mm。

 

アップル純正バンパー装着済みのiPhone4と厚さを比べた写真:
バンパーを付けたiPhone4の厚さは約11mm。

 

大きさの比較:
2Phoneと合体させたiPhone4の重さは約200g、裸のiPhone4は約140g。

 
 
 



――<●>――
関連すると思われる記事:

「iPhone 4用同時着信デュアルSIM装置、2Phoneを使ってみた」への8件のフィードバック

  1. Actually it is confirmed that 2Phone from http://www.2phonecase.com is the new FM01-A Universal version that supports USA and Canadian Networks DUAL Band .

    http://www.2phonecase.com/img/p/10-101-thickbox.jpg

    [返信]

    管理人 返信:

    Thanks for the comment.

    The picture you referred says the device is:
    “GSM Dual Bands:850/900/1800/1900MHz”

    850 and 1900 MHz are North America GSM frequencies.
    900 and 1800 MHz are European/Asian GSM frequencies.

    Generally, we call the cell phone with 4-frequency support for 850/900/1800/1900MHz as a “GSM Quad-Band phone.”

    A “Dual-band” phone supports only 2 frequencies. A “Quad-band” phone supports 4 frequencies.

    A “Dual-mode” phone supports both W-CDMA/GSM and CDMA(CDMA2000).

    So, “Dual Bands:850/900/1800/1900MHz” does not make sense at all.

    I don’t know why they call it a “Dual Band” phone. Maybe they forgot to change the print pattern of the older model as they reused it.

    [返信]

    Mata 返信:

    You are Right they sent me mail to say they are correcting the error from their side. Thanks

    [返信]

    管理人 返信:

    Things like this happen all the time with Chinese products and the operation manuals of Chinese products. We should be mentally prepared for it.

    [返信]

  2. はっせーです。

     このDual SIMは非常に興味がありますね。私のようにアメリカ出張中で、日本の携帯電話への着信を気にしている者にとっては、救いとなるかも知れません。
     現在、

    iPhone4(Gevey Pro+ATT GoPhone SIMカード)

    となっているを

    iPhone4(Gevey Pro+ATT GoPhone SIMカード)+(Softbank SIMカード)

    として、アメリカの電話番号への着信・対応ならびに日本の携帯電話への着信の確認ということができれば文句なしです。こんな使い方ってできるのでしょうか?

    [返信]

    管理人 返信:

    お久しぶりです。

    2Phone クアドバンド・バージョンは無事入手し、テストも済んでいるのですが、1ヶ月ほど毎日外出での仕事になるので、この記事の後半の更新が遅れています。

    結論から言うと、可能だと思います。
    「Gevey無し」では、可能です。
    ただし、
    1.日本のSIMを2Phoneケースに入れるという前提です。なお、2PhoneケースのSIM差込みスロットは、標準SIMのサイズです。
    2.日本のSIMが、アメリカのキャリアの2G GSMに対応しているという前提です。

    アメリカAT&TとT-Mobileは、3Gも2Gも契約には違いなく、ひとつのSIMで両方使えるので、3Gでローミングできれば、2Gでもローミングできます。

    特にGeveyと2Phoneが「干渉する」ような理由があるとは思えないので、「Gevey無し」で2Phoneが使えれば、「Gevey装着状態」でも使えるはずです。

    あとは、2Phoneのように物理的に合体させなくとも良い、Gmate
    http://blogfromamerica.com/wp/?p=4558
    も、どうですか?

    2Phoneは合体させるから、iPhone 4が厚く/重くなります、
    GMateはBluetoothで繋ぐで、iPhone 4の本体のサイズは変わらない。その代わり、GMateという装置をもう一個持たないといけない。(それくらいなら、2台持ちと同じではないか・・・という意見もあるでしょうが、GMateは電話が鳴ってもポケットから出さずに良い。iPhone4のほうで電話を受けたり出来る・・・というメリットがあります。)

    [返信]

    管理人 返信:

    ちょっと別件もあって、ついでに実験してみました。

    Gevey+2Phoneの組み合わせは、可能です。

    [返信]

    はっせー 返信:

    実験結果の報告ありがとうございます。面白くなりそうですね。

    Gmateも魅力的ですね。かなりスマートです。これでもGevey+Gmateの組み合わせはできるのでしょうか?こちらの結果も教えて頂ければ幸いです。

    [返信]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です