Rebel Micro SIM Card/iPhone アクティベーションカードの最新情報


- Old Counter



Gevey SIM下駄のおかげで、このサイトのアクセス数は一気に3倍に増えてしまいました。

このサーバーは、細々と自宅のDSL回線に接続して運営しているのですが、そのうち回線の太いサーバー・コロケーション・サイトに移転を考えないといけないかも・・・

さて、Rebel SIM Card/Rebel MicroSIM CardでおなじみのイギリスSolutions Point Limited社から新製品が出たので、面白そうなので、書いてみることにしました。

その前に・・・・

SIMロック解除するためにGevey SIM下駄/Rebel SIM下駄をお考えのiPhoneユーザーで、以下のキャリアにSIMロックされたiPhone 3G/3Gs/4を持っている方は、そんなことをせずともSIMロックがパーマネントに解除されます。

イギリス O2
イギリス Tesco
イギリス Vodafone
イギリス Orange
イギリス T-Mobile

ブラジル Vivo

デンマーク Three
デンマーク Telenor

アイルランド O2

スペイン Movistar

ベトナム Viettel

これらの地域では基本的に一定の契約条件を満たせば、キャリアにiPhoneのSIMロック解除を要求できるのですが、面倒な人、または、その国に居ないのでできない人、または、契約条件を満たしていない人、は、Solutions Point Limited社が代わりにiPhoneのSIMロック解除を有料でしてくれます。このSIMロック解除は、「工場出荷状態でSIMロックが解除されている状態」にできます。つまり、「香港版SIMフリーiPhoneを買ったのと同じ状態になる」ということです。
こちらを参照:
http://rebelsimcard.com/iphone-full-factory-unlock-via-itunes-official-permanent-remote-unlocking-service.html

さて、Rebel Micro SIM Cardは2011年4月6日に出荷される予定でしたが、「出荷メール」が遅いので、メールで確認したところ、「Firmwareアップデートをしているので、(イギリスからの)出荷は4月12日か13日になる」との返事を貰いました。
手元に届くのは、4月20日ごろだろうな。

また、同社は以下の新しいサービスと商品を出したようなので、面白そうなので書いてみます。


1.もともとどこの国で販売されていて、どのキャリアにロックされているか判らないiPhoneの国とキャリアを調べてくれるサービス。

手持ちのiPhoneのシリアル番号(IMEI)を伝えると、そのiPhoneのオリジナル販売国とキャリアを調べて、伝えてくれるというサービスで、4.99ポンドでやってくれるそうです。
http://rebelsimcard.com/rebel-iphone-software-client-via-credits-to-check-iphone-2g-3g-3gs-iphone-4-warranty-and-original-network-info-via-imei-en-2.html

調査結果の例:

Checking with server…
Verifying
Processing…
Info:Requesting info
iPhone 4 16GB Black (4.2.1)
IMEI: 01xxxxxxxxxxxxx
Limited Warranty:Serial number: 7W0xxxxxx
2011-01-16 / 2012-01-15
Sold to country: United Kingdom
Carrier: Orange GBR

2.Rebel iPhoneアクティベーションカード

iPhoneのアクティベーションカードの現状に関しては、2011年4月2日にこのサイトでも紹介しました。
iPhoneアクティベーションSIMカードについて(2011年4月1日の現状)/OneSIMカードの使い方

この中で紹介したように、旧iPhoneアクティベーションカードは2010年10月27日からすべて使用できなくなりましたが、OneSIMカードだけは、iPhoneのもともとのSIMロックされているキャリア情報を書き込み可能なSIMに書き込んで、iPhoneアクティベーションカードとして現在も使えます。

それに対して最新の「Rebel iPhoneアクティベーションカード」は、このOneSIMカードと、別途2011年1月2日に紹介したPhonebook/Test SIMカードを組み合わせたようなSIMカードです。
DITS Phonebook SIMカードの使い道

価格は、セットでSIM Reader/Writerを含めて14.99ポンドだから、OneSIM SIMカード1枚とSIM Reader/Writer1個を別々に買うよりは安いですね。
iPhoneアクティベーションカードが無くて困っている方は、参考にしてください。
ただ、注意書きに「AT&TのiPhoneには使えない。」と書いてあるのが理解できません。OneSIMはAT&T iPhoneでも使えたのですが・・・
(AT&T iPhoneの場合は、AT&TのiPhone契約以外のSIM、つまり、プリペイドGoPhoneのSIMでもアップデート/復元後のiPhoneをアクティベートできますが・・・)
http://rebelsimcard.com/rebel-apple-iphone-and-ipads-rebel-micro-mini-activation-smartcard-iphone-4-3gs-3g-2g-plus-programmer.html

ついでに、もうひとつ参考までに・・・
この会社のマイクロSIMアダプターは、なかなか優れモノです。
http://rebelsimcard.com/micro-sim-adapter.html

巷の他の会社のマイクロSIMアダプターは、下の写真の右2個の様になっており、アダプターをひっくり返すと挿入したマイクロSIMカードが落ちてしまったり、iPhoneなどに挿入するときにマイクロSIMカードがズレてしまったりします。
ところが、RebelのマイクロSIMアダプター(写真左)は、マイクロSIMカードが落ちないようにアダプターの切り抜きの下4箇所に「舌」が出ています。
また、SIMカードがズレないように、上部が切れ込みの付いた「爪」になっていて、これでマイクロSIMカードの端を押さえ、その「バネの力」でマイクロSIMカードがズレるのを防いでくれます。
たかがこんな安っぽいプラスチックのモノなのに、ちょっと工夫するだけで使いやすいモノになるんですね・・・と感心してしまうシロモノです!!!
中国の工場では考えられない?

Rebelで何か注文する際には、このRebelのマイクロSIMアダプターもお忘れなく!
5枚入りで4.99ポンドです。



――<●>――
関連すると思われる記事:

「Rebel Micro SIM Card/iPhone アクティベーションカードの最新情報」への7件のフィードバック

  1. rebelのimeiの結果についてですが、

    どのようにして結果が送られてくるのですか?

    管理人 返信:

    サイトを見ても正確に記している箇所はありませんが、Eメールだと思います。

    DG 返信:

    昨日注文しましたが、Payment Received Successfullのメール以降何の音沙汰もありません…

    これは騙されたのでしょうか?

    管理人 返信:

    IMEIチェックや、IEMI番号でSIMロック解除する(イギリスなど法律や契約でそれができる国のみ)のは、キャリアのストアかアップルショップしかできません。

    Rebelもそういうところに下請けしてチェックしてもらっているので、多少時間は掛かると思います。
    24-48時間は待ったほうが良いです。

    Rebelは他の商品なども私は時々オーダーしていますが、信頼できるイギリスの会社です。
    結果が出なければ、返金してもらえると思います。

    DG 返信:

    なるほど。

    返信ありがとうございました!

  2. こんにちは。

    質問ですが、iTunesを用いたFull Factory Unlockは、日本のソフトバンク社から発売されたiPhone4では出来ないということでしょうか?

    管理人 返信:

    出来ません。

    ソフトバンクがそう言うことを許可していないので、ソフトバンク用のiPhoneはFull Factory Unlockはできません。

    4月中頃に一時、1週間ほど可能でしたが、それは不正にアップルのサーバーをアクセスしてやっていた連中がいただけです。
    http://blogfromamerica.com/wp/?p=2458

コメントは受け付けていません。