海外からKindle日本の本を購入して、読む方法


- Old Counter



海外からKindle日本ストアへのアクセス時に発生するトラブルへの対処法は、
(続)海外からKindle日本の本を購入して、読む方法:トラブル対処編 – 2012年10月28日
を参照してください。

 


 

日本Amazon(Amazon.co.jp)はKindle端末の日本での発売を昨日、2012年10月24日に発表しました。
日本での出荷は2012年11月19日からだそうです。

当然のことながら、「海外在住で、日本AmazonのKindleのコンテンツを読む方法は?」が気になります。
この日本版Kindleを買えば、読めるようになるのでしょうか?
それとも、既に海外で発売されているKindleで読めるのでしょうか?

結論から言うと、「なにも日本のKindleをわざわざ買う必要は、ありません。」
日本のKindleを買ったからと言って、それを海外から使って、それだけで全て快適に日本の電子書籍を購入できるわけではありません。
Kindle日本ストアで海外から有料本を5冊以上買うと、
「Amazonアカウントにご登録の国とは別の国から、商品の注文が試みられました。
お客様は現在国外にいらっしゃいますか?
Kindle本の注文手続きを続けるには、カスタマーサービスにお問い合わせくださいしてください。
最近他の国に引っ越しましたか?
Amazonアカウントを簡単にお住まいの国を変更するできます。」 
というメッセージが表示されて、購入出来なくなります。それに対処するには、(日本で買った/海外で買ったに関わらず)Kindle端末以外の端末が必要になります。
(※ 対処法は、(続)海外からKindle日本の本を購入して、読む方法:トラブル対処編を参照。)

それに、日本版Kindle 3G対応端末はドコモの回線を使用するように設定してあり、しかも、日本国外での国際ローミングは出来ないとのことです。
そんなの買って、海外で使っても、お金の無駄です!

筆者はKindle端末そのものにはあまり興味がありません。それは、「Kindle端末はBook Reader専用と考えている」ため、それよりも汎用性のあるiPadやAndroidタブレットに興味があるからです。
そもそも、iPadやiPhone(iPod Touch)用にも「Kindleリーダー」アプリがありますから、Kindleストアで購入したコンテンツは、Kindle端末でなくとも、iPadやiPhone(iPod Touch)で読めますから・・・

AMAZON.CO.JPのホームページをアクセスし、Kindleの案内レターの中ほどにある「Kindleストア」のリンクをクリックしてみます。
そうすると、「Kindleストア 10月25日オープン」との表示があります。
・・・もう、日本時間10月25日の午前7時30分を回っているのですが、まだ開店しないんですかね!

追記:日本時間10月25日午前9時43分時点で、PC版日本Kindleストアがオープンしています。

Amazon.com USAサイトを参考にするならば、Kindleストアがオープンすれば、Department(カテゴリー)リストにKindleストアが表示されるはずです。
Amazon.co.jpでは、まだ無いですね。いつからフル機能するのかな・・・

と、PCやらiPadやらiPhoneやら色々いじっていたら、iPhoneでAmazon.co.jpのKindleストアがアクセスできました!どうやら現在、モバイル端末版サイトだけ「Kindleストア」メニューがあり、機能しているようです。

で、この「モバイルAmazon.co.jp Kindleストア」でコンテンツを買うこと自体は、簡単でした。

方法は、
1.Amazon.co.jpアカウントを作る。(自国のAmazon【例:Amazon.com】と、Amazon.co.jpとの両方でショッピングをしたいなら、両方のアカウントのEメールアドレスは別々にしておいたほうが、管理が楽です。)
2.PCでAmazon.co.jpアカウントサービスにアクセスし、「アカウント設定 ⇒ アドレス帳の内容を変更する」をクリックして、「アドレス帳」(品物送り先)に日本の住所を登録する。
3.同じくアカウントサービスの「ダウンロード ⇒ My Kindle」をクリックして、「居住国設定」をクリックし、「変更」をクリックして、日本の住所を登録します。(2.と同じ住所で良いでしょう。)
4.同じくアカウントサービスの「支払い方法 ⇒ クレジットカードを追加する」をクリックして、支払いのためのクレジットカードを登録します。Amazon.co.jpの支払いは、海外(アメリカ)発行のAMEXクレジットカードで可能なことは、確認済みです。VISA/MasterCardは自分では試していませんが、どなたかご報告ください。クレジットカードの請求住所は、アメリカ(日本国外)の住所を登録しています。

なお、書籍を読む端末のほうには、最新のKindleリーダーアプリを搭載/アップデートしておきます。(2012年10月24日以降の最新のKindleバージョンにアップデートしないと、日本語に対応していません。)そして、上記1.の「日本語書籍を購入する、Amazon.co.jpアカウント」でログイン(「このKindleを登録する」ボタンをクリック)しておきます。

これで、Amazon.co.jp Kindleストアから日本語書籍のコンテンツを検索し、購入できます。PCサイト版Kindleストアも間もなくオープンすると思いますが、試しにiPhone(アンドロイド携帯でも可能。確認済み。)からSafariブラウザーでAmazon.co.jpへアクセスし、作成したアカウントでログインし、「すべてのカテゴリー」メニューから「Kindle ⇒ Kindleストア」へ進み、検索すると、購入可能なEブック(電子書籍)が表示されます。
(PCとiPadでは、まだKindleストアは表示されません。)

購入したいタイトルをクリックし、「1-Clickで今すぐ購入」ボタンをタップすれば、そのボタンの下に「同じAmazon.co.jpのID」でログインしているKindle端末またはiPhone/iPad/アンドロイド端末のKidnleアプリの端末名が表示され、その端末に購入したコンテンツを送信できます。複数の端末が同じIDでログインされていれば、端末リストが表示され「どの端末にコンテンツを送るかを選択」して、コンテンツをその端末に送ることが出来ます。(もちろん、送信するiPad/アンドロイド端末のKindleアプリには、Amazon.co.jpの登録IDでログインしておきます。) 
つまり、AMAZON.CO.JPから日本の書籍を購入し、海外スマフォやタブレット端末のKindleアプリで読める、ということです。海外版Kindleでも同じでしょう。

「(海外)旅行先でも本を読める」ことを前提としているので、Kindle端末や、Kindleアプリを搭載した端末のIPアドレスは特に制限されていないようです。したがって、VPNを使用して日本のIPアドレスを偽装する必要は無さそうです。

もう一度Amazon.co.jpにPCでログインし、「アカウントサービス ⇒ ダウンロード ⇒ My Kindle」をクリックし、左メニューで「端末の管理」をクリックすると、同じAmazon.co.jp IDでログインしているKindle端末、またはKindleアプリのインストールされている端末がリストされるはずです。
されない場合は・・・う~ん、今朝は同じ問題が発生していましたが、・・・そうですね、アドバイスとしては端末側のKindleアプリのログインをし直す。(Kindleアプリの「設定 ⇒ 登録 ⇒ 『このKindleの登録を解除する』」をタップし、再度ログインし直す。)
それでダメなら、「Kindleアプリを削除 ⇒ もう一度インストールし直して、ログインし直す。」・・・とか。

ちなみに、日本版Kindleの販売を促進するためか、日本語書籍のコンテンツの一部(全部ではない)は今のところKindle PaperWhteでしか閲覧できないようになっているようです。

また、日本語無料本も沢山ありますから、お目当ての有料本を買う前に、まずは無料本をダウンロードして、iPadやアンドロイド端末で試してみましょう。
 
 

注1:
一部報道で「Kindleアプリ日本語版がリリース」とありますが、そんな「別バージョンの日本語版アプリ」は存在しません。
これまでの世界に一つのバージョンしかない「Kindleアプリ」(世界統一版)が、2012年10月24日にv3.4(←iOS版の場合)にアップグレードされ、日本語にも対応しただけです。
つまり、どちらの国のAppStoreからKindleアプリを購入しても、アプリは同じものです。iOSの「設定 ⇒ 一般 ⇒ 言語環境」で「言語」を日本語にすれば、Kindleアプリは日本語メニューになります。その設定がEnglishならば、Kindleアプリのメニューは英語になりますが、日本語の書籍を日本語で読むことは出来ます。

注2:
自国の住所で作ったAmazon IDと、日本のAmazon.co.jpのID、(および、それぞれで購入したKindleコンテンツ)を統合することは可能なようですが、そうするとどちらか一方にIDがまとまってしまい、もう一方のIDは使えなくなり、電子書籍もその他の商品も、残った片方の国でしか購入できなくなるようです。結局、海外在住者はiTunes IDと同じく、2つのIDを持って、切り替えて使うのが良いようです。
こうすることによって、両方の国で購入したコンテンツ(電子書籍)を一度に表示することは出来ませんが、Kindleアプリ(Kindle端末)にAmazon.co.jpのIDでログイン(端末を登録【Register】)した時にはそのIDで購入したコンテンツ(電子書籍)が、また(一度端末の登録を解除【Deregister】)して、同じKindleアプリ(Kindle端末)に自国のIDでログイン(端末を登録【Register】)した時にはそのIDで購入したコンテンツ(電子書籍)が、画面の「クラウド」領域に表示され、端末で読むことが出来ます。

※ それぞれのアカウントで購入した電子書籍は、Amazonのそれぞれのクラウドに保存されています。
毎回、国AのAmazonのIDで端末を登録(Register)し直すたびに、端末コピーは消えて、クラウドに既存のに購入したコンテンツがリストのみされるので、読みたい本をタップすると端末にコンテンツをクラウドからダウンロードしないといけないので、ネットに繋がっていなかったり、ネットの速度が遅いと、そのたびに時間が掛かるとは思いますが、それ以外は何も問題はありません。
読んでいる最中の本にブックマークやメモなどの設定をした場合に、端末を再登録(Register)した時にどうなるかまでは試していませんので、悪しからず。
 
 

このあと、
(続)海外からKindle日本の本を購入して、読む方法:トラブル対処編 – 2012年10月28日
も続けて読みましょう。

無料のProxyサーバーを使う方法は、
無料Proxyを、iPad/iPhone/iPod TouchまたはPCに設定して使用する方法 – 2012年11月4日
に記述しました。
 
 

ついでに、Hulu日本も海外から観ましょう。
Hulu日本版を、海外からiPad(またはPC等)で観る方法。 – 2012年9月13日

いまどき「iPhone/iPadで、日本のアプリや音楽がダウンロードできない。」と嘆いている海外在住者は、まだ居ますか?
海外在住でiPhone/iPad/iPod Touchの日本のアプリを購入する方法 – 2011年4月10日

iTunes日本/AppStore日本を含め、日本のオンラインサイトへの支払い手段に悩んでいる海外在住者は、Vプリカを試してみてください。
Vプリカ(日本のVISAプリペイド/ギフトカード)を、海外から使ってみました。 – 2012年9月16日











――<●>――
関連すると思われる記事: