Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


海外在住でiPhone/iPad/iPod Touchの日本のアプリを購入する方法 – iOS 11用




以前、「海外在住でiPhone/iPad/iPod Touchの日本のアプリを購入する方法」
海外在住でiPhone/iPad/iPod Touchの日本のアプリを購入する方法 – 2011年4月10日
を公開しましたが、iOSがiOS 11にアップグレードされてから、App Storeで新規にiTunesアカウントが作成できなくなったようです。そこで、以前の方法では2ヵ国以上のiTunesアカウントでアプリのダウンロードを新規に出来なくなったので、その方法を再度検証して発表します。

ここでのポイントは新規に「別の国でのiTunesアカウント」を作成する方法です。iOS 11以前に既に2ヵ国以上の住所で登録したiTunesアカウントを作成して持っている人は、これまで同様、「設定(Settings) ➾ iTunes StoreとApp Store(iTunes & App Store)」でアカウントを切り替えて(サインアウト➾サインインして)、違う国のアプリをダウンロードできます。
また、iOS 11のApp Storeでは、App Storeを起動した「画面の一番右上に、〇の中に人の顔のシルエット」がありますが、これをタップすると、現在のアカウントを「サインアウト」し、別の国のアカウントでサインインできるので、「設定(Settings)」アプリを起動する必要がありません。

iOS 11での問題は・・・新規に別の国のiTunes(App Store)アカウントを作成するには、どうしたら良いのか・・・ということです。

以下、近々、スクリーンショットを追加しますが、まずは説明を先に書きます。

Step 1:新規にApple IDを作成する。

まず、これまで使っているApple ID(=iCloud ID、iTunes ID、App Store ID)とは別のEメールアドレスで、新しいApple IDを作ります。
ここの例では、自分はアメリカ(海外)在住で、既にApple IDはアメリカの住所(アメリカ発行のクレジットカード)で登録しており、新しく作るIDは日本の住所で登録して日本のアプリ(や音楽)をダウンロードしたいとします。

※ でも、この方法は、日本在住の人で、これから新規に作るIDはアメリカの住所で登録し、アメリカのアプリ(や音楽)をダウンロードしたい人にも、応用できます。

方法1:PC/Macを使って新規のApple IDを作成する

PCまたはMacのブラウザー(Internet ExplorerまたはSafari)で、
http://www.icloud.com
をアクセスし、画面下の「Don’t have an Apple ID? Create yours now.」をクリックします。

「名・姓」を記入し、その下の国は、これからダウンロードしたいApp Storeの国(ここでは、アメリカ(海外)在住で日本のApp Storeでアプリをダウンロードので、
「Japan」)を選択します。

生年月日を入力し、・・・

これまで使っていたiCloud ID/Apple ID/iTunes IDとは違うEメールアドレスを入力します。(Eメールアドレスは、既に他のドメインなどで作成されているものとします。)
パスワードは自分で決められますが、少なくとも大文字小文字と数字が一文字ずつ含まれている必要があります。

その下の3つの秘密の質問を選択して答え、一番下の画像コードを入力して、「Continue」をクリックします。

登録したEメールアドレスに確認メールが届くので、そこに書いてある6桁の数字を、iCloud登録画面に入力して、「Continue」をクリックします。

次の画面の使用許諾に「Agree」をクリックします。

ポップアップにもう一度、「Agree」をクリックします。

これで新しいiTunes/App Store用のApple IDが、選択した国(この例では「Japan(日本)」のApp Store用に作成完了しました。

方法2:iPhone/iPad/iPod Touchを使って新規のApple IDを作成する

一度、現在サインインしているApple ID(iCloud ID)をサインアウトします。
「設定(Settings)」アプリを起動し、一番上の「Apple ID、iCloud、iTunes&App Store(サインインしていれば、その上には自分の登録名が表示されている)」をタップします。次の画面の一番下の「Sign Out(サインアウト)」をタップします。「Sign Out of iCloud & Store(iCloudとストアからサインアウト)」をタップします。もし、連絡先(Contacts)、リマインダー(Reminders)、SafariのブックマークをiCloudに同期していなければ、「Keep copy of」で連絡先(Contacts)、リマインダー(Reminders)、Safariをオンにし、画面右上の「Sign Out」をタップ。次のポップアップの「Sign Outサインアウト」をタップ。
※ 途中、「Find my iPhone(iPhoneを探す)」をオフにするために、パスワードを入力する必要がある場合があります。

次に、新規に新しいApple IDを作成します。
設定画面に戻ったら、「Sign in to your iPhone(iPhoneにサインイン)」をタップ。
次の画面下の「Don’t have an Apple ID forgot it?」をタップ。ポップアップで「Create Apple ID」をタップ。
生年月日を入力し、名・姓を入力し、「Use your current email address」をタップ。(もし、他にEメールアドレスを持っていなければ、「Get a free iCloud email address」をタップすれば、アップルのEメールアドレス(@icloud.com)が無料で貰えます。
Eメールアドレスを入力し、パスワードを自分で選んで入力し、3つの秘密(セキュリティ)の質問を選択して答え、使用許諾に合意します。
入力したEメールアドレスに確認の6桁コードが送られて来るので、メールアプリに切り替えてそのコードを確認し、それを新規Apple ID登録画面に戻って入力します。
(ここまではこの新規Apple IDの「国」は登録されていません。

最後に、iCloudの同期設定条件を元に戻すために、この新規Apple IDをサインアウトして、オリジナルの(元の)Apple IDでサインインしてください。
必要に応じて、メモや連絡先、サファリのブックマークを再度、iCloudと同期させます。

方法3:PC/MacのiTunesを使って新規のApple IDを作成する

PC/MacのiTunesを起動して新規のApple IDを作成することもできます。

iTunesを起動したら、メニューの「Account(アカウント) ➾ Sign In(サインイン)」のポップアップで、「Create New Apple ID(アップルIDを新規作成)」をクリックし、あとは画面の流れに沿って新規のApple IDを作成してください。
この時に、そのIDで日本のアプリや音楽をダウンロードしたければCountryはJapan(日本)、アメリカのアプリや音楽をダウンロードしたければCountryはUnited Statesを選択します。

Step 2:新規に登録したApple IDで、初めてApp Storeにサインインする。

App Storeへのサインインは、「設定(Settings) ➾ ItunesとApp Store(Itunes & App Store)」でも、App Storeアプリから直接でも、可能です。

App Storeを起動し、画面の一番右上の「〇に人の影」のアイコンをタップします。
もし、「古い(この例では、アメリカ用の)」IDでサインインしていたら、画面の一番下の「Sign Out(サインアウト)」を」タップします。

次に、新規に作成した(この例では、日本用の)Apple IDとパスワードで入力します。
新規のIDで初めてのサインインの時には国名、住所、(日本の)郵便番号や電話番号の入力が求められます。実家や友人の住所を使うか、現実の住所などとよほど大きく違っていなければ、多少違っていても入力を受け付けてくれるようです。とりあえず、日本のアプリをダウンロードしたければ、国(Country/Region)は「Japan(日本)」を選択するのだけは間違わないようにしてください。アメリカのアプリをダウンロードしたい時には、国(Country/Region)は「United States」です。

これで、日本のApp Storeへサインインできたので、日本のアプリをダウンロードできます。

※ 注意:App Storeの最初のサインインでApp Storeに入れないときには、
(1)PC/Macのブラウザーで、新規に作ったApple IDとパスワードで、
http://www.icloud.com
にサインイン(ログイン)してみる。
(2)iPhoneを電源を落とし、再度電源を入れてみてから、App Storeへの新規IDでのサインインを試してみる
をしてみてください。

※ 有料アプリをダウンロードするときには、日本円のiTunesカードを日本の友人や家族に買ってもらって、コードだけメールで教えてもらって入力するのが、一番手軽です。

Step 3:以後のApple IDの切り替え。

上記のステップで、もともとのアメリカの国で登録したApple ID(Eメールアドレス)の他に、日本の国で登録したApple ID(Eメールアドレス)が出来たことになります。
これらを切り替えるには、App Storeの画面右上の「〇に人の影」のアイコンをタップして、サインアウト、サインインして切り替えます。
または、「設定(Settings) ➾ ItunesとApp Store(Itunes & App Store)」でも切り替えられます。同じことです。

切り替えても、両方のアプリがiPhone本体に共存します。IDを変えても、消えません。
もし、アプリ内課金が必要な場合には、日本のIDでダウンロードしたアプリは日本(円)の課金、アメリカのIDでダウンロードしたアプリはドルの課金になり、それぞれの国のIDに設定した支払い方法で課金されます。

Step 4:以後のアプリのアップデート。

アプリのアップデートは、アメリカのIDでダウンロードしたアプリをアップデートするときはApp StoreにアメリカのIDでサインインしていること、日本のIDでダウンロードしたアプリをアップデートするときはApp Storeに日本のIDでサインインしていること。たまにアメリカのIDでサインインしていても、日本の一部のアプリがアップデートされることもありますが、全てとは限りません。











――<●>――
関連すると思われる記事:

4 comments to 海外在住でiPhone/iPad/iPod Touchの日本のアプリを購入する方法 – iOS 11用

  • Miffed

    いつも有益な情報をありがとうございます。
    私はアメリカに住んでおり、アメリカのアップルIDを主に使っていますが、日本のアップルIDも取得しており時々日本の歌謡曲などを購入しています。最近iPhone Xに変えた折り、アメリカのアップルIDでセットアップし、その後iPhone X上で日本のIDを使って日本のiTunesにサインインして、すでに購入済みの日本の曲をダウンロードしました。
    そしてまたアメリカのアップルIDにサインインしなおしたのですが、設定で Automatic Downloads “Music”をオンにしようとすると This Device is Already Associated with an Apple ID. You can auto-download purchases on this device with just one Apple ID every 90 days. You cannot associate this device with a different Apple ID for XX days. (XXは残り日数) という警告が出て、アメリカのiTunesですでに購入済みの曲をダウンロードすることができなくなってしまいました。(Automatic Downloadのみならず、1曲ずつダウンロードしようとしても、同じ警告が出てダウンロードできません。)
    PCで日本のIDでログインし、iPhone Xを(関連Device??)削除したのですが、相変わらず同じ警告が出て、どうも3ヶ月間はすでにアメリカでの購入済みの曲をダウンロードできないようです。
    今後、日本の曲を購入したい場合、また3ヶ月アメリカのiTunesから締め出しを食らうのかと思うと、気軽に日本とアメリカのIDを使い分けできなくてちょっと困っています。
    iPhone Xに変えるまでは、この問題はなかったのですが(いつでも切り替えられた)、検索してみるとこの90日間他のデバイスに関連付けできないというのは特に新しい規約ではないようです。
    何かこの90日間の縛りについてご存知ですか?締め出された際、90日待たずにまたどちらでも(アメリカと日本の曲や有料アプリ)自由に購入・ダウンロードする方法はありますか?
    よろしくお願いします。

    [返信]

    A Yoshida 返信:

    音楽のダウンロード(購入)制限はiPhone 3Sの時代からありました。
    ただし、音楽を購入しなければ(または、一つの国だけでダウンロードしていれば)、つまり、アプリだけならば、iTunesの切り替えは頻繁にやっても問題ありません。

    メッセージを読むと、iOS 11で制限があるのは「Auto-download」だけですね?一つ一つ手動でダウンロードするのは構わないんじゃあないですか?

    [返信]

  • Miffed

    早速の返信どうもありがとうございます。

    残念ながら一曲ずつダウンロードしようとしても同じ警告が出て、ダウンロードできません。アメリカのIDがメインなので(アメリカのiTunesで購入した曲は日本のサイトから購入した曲の数を遥かに上回ります)、どうせ締め出されるんだったら日本のサイトから締め出されれば良かったのにと思う今日この頃・・・。この規約を知らなかった自分に非があるのは分かってるんですが。

    アプリでも購入したもの(有料)を再度ダウンロードしようとすると同じように90日間他のIDを使うことができなくなるんでしょうか?

    近日中にアップルストアにでも行って、詳しいことを聞いてきます。検索すると、事情を説明すれば90日経ってなくても解除してくれることもあるようなので、それもちょっとトライしてみようと思っています。

    どうもありがとうございました。

    [返信]

    A Yoshida 返信:

    アプリには90日ルールは適用されません。

    [返信]

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>