Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


デンバーRTD(公共バス、電車)のチケットが、iPhone/Androidスマホで購入できるようになった。




デンバー市および郊外のRTD公共バス・電車のチケットが、2017年11月1日からiPhoneとAndroidスマホで購入できるようになりました。

購入できるチケットは、
● RTD近距離 一日乗車チケット【Local Day Pass】($5.20)
● RTD近距離割引 一日乗車チケット【Local Day Pass Discount】($2.60)- 65歳以上、または、小中高校生(6歳~19歳)
● RTD長距離/空港 一日乗車チケット【Regional/Airport Day Pass】($9.00)
 (例:ユニオンステーションからWestminster以北、Belleview以南、40th/Airport以東)
● RTD長距離/空港割引 一日乗車チケット【Regional/Airport Day Pass Discount】($4.50)- 65歳以上、または、小中高校生(6歳~19歳)
 (例:ユニオンステーションからWestminster以北、Belleview以南、40th/Airport以東)

なお、一日乗車チケット料金は、往復料金と同じ金額です。
つまり、RTDバスや電車を利用する人はほぼ全員がその日のうちに往復を利用するでしょうから、利用するなら一日乗車チケット【Day Pass】を買った方が便利だし得だ(2回以上乗れるから・・・)と言う事になります。
また、空港発または空港着のチケットは、どこから/へ乗っても片道$9になりますので、「RTD長距離/空港 一日乗車チケット(Regional/Airport Day Pass)」を購入してください。理論的に言うならば、「RTD長距離/空港 一日乗車チケット(Regional/Airport Day Pass)」を購入すれば、デンバーダウンタウンとデンバー国際空港を、片道料金でその日のうちに何度でも往復できることになります。

■ アプリのダウンロード

アプリケーションの名前は、「RTD Mobile Tickets」と言います。AppStore/PlayStoreで検索して、ダウンロードします。

アメリカのアカウントだけではなく、日本(の住所の)のアカウントでもダウンロードできるようです。

■ アプリの初期化

ダウンロードしたら、さっそく起動して、ID(Eメール)とパスワードを設定しておきましょう。


「Account」をタップし、

「New account」タブをタップし、

Eメールアドレスと、自分で選んだパスワード(最低ひとつの数字、最低ひとつの大文字、最低ひとつの小文字で、合計8文字以上)を入力し、「Create new account」をタップします。

すぐに登録したEメールアドレスに確認メールが届きます。本文の「Verify your account」をタップします。

アカウントが認証され、使えるようになります。

備考:この時点でクレジットカード/デビットカードだけを登録しようとしても、まだ登録できません。最初のチケットを購入するときにクレジットカード/デビットカード情報を入力します。2回目からはその時に保存したクレジットカード/デビットカードの情報を再利用できます。



■ チケットの購入時期と、枚数

モバイルアプリを使ったRTD Day Passチケットは、乗車当日の午前3時以降に購入します。乗車当日よりも前に購入することは、できません。
乗車当日よりも前に購入しようとして、決済までしてしまうと、実際には乗車券は購入日のみ有効なので、無駄になります。

また、Day Passは10枚までまとめて購入することができます。家族や多人数のグループで一緒に行動しているときには、便利です。
もし、往路は一緒に同じバスや電車に乗っても、復路は別行動をするようであれば、乗車の際に画面にチケットを表示する必要があるので、別々の端末で購入する必要があります。

購入したチケットは、購入した時から有効で、その日の26時59分まで(午前2時59分まで)、何度乗車しても、有効です。

■ チケットの購入方法と、アクティベーションの方法

RTD Mobile Ticketsアプリを起動し、

必要ならば、登録したEメールアドレスとパスワードでログインし、

「Buy Tickets」をタップし、

購入したいチケットを選択します。
「Discount」は65歳以上、または、小中高校生(6歳~19歳)のみ。6歳未満は、大人と一緒に乗車している場合には、無料です。
また、「Local Day Pass」($5.20)は、ユニオンステーションからならWestminsterの手前、Belleviewの手前、Peoriaまで。
ユニオンステーションからWestminster、Bloomfield、Superior/Louisville、Boulder、Longmontへ行く場合、または、南はPark Meadows Shopping Centerへ行く場合には、「Regional/Airport Day Pass」($9)を購入します。
なお、$5.20のLocal Day Passを購入してしまって、Regionalの路線のバスに乗る場合には、$1.90(=片道$4.50-$2.60)を差額として現金で払えば、乗車できます。
家族やグループのぶんをまとめて複数枚購入する場合には、画面上部の「Multiple」をタップすれば、チケットの数を10枚まで「+」または「―」をタップして調整できます。最大購入枚数は、10枚です。

注意書きに同意して「Accept & Continue」をタップします。

「Pay with New Card」をタップし、

カード情報を入力し、Eメールアドレスを確認します。(領収書メールがこのEメールアドレスに受け取れます。)
「ZIP」の欄は、カード所有者に請求書が届く住所の郵便番号です。
「Save card」の前の〇をタップすれば、次回のためにこのカード情報が保存されます。
最後に「Accept & Pay $xx.xx」をタップします。

チケットが購入できました。
次に「Go to Ticket Wallet」をタップし、

購入したチケット(INACTIVEなチケット)をタップし、

「Activate Ticket」をタップします。
画面では「Activate」はその日の最初の乗車前にするように、と注意書きがありますが、Activateしようがしまいが、チケットはその日の26時59分(午前2時59分)に無効になります。つまり、「チケットを購入したけど、気が変わって、今日は乗らずに、明日乗りたい」と思っても、できません。「間違ってチケットを購入したけど、本当は明日乗りたかった」と言うのも、ダメです。必ず、チケットは乗りたい日に、その日の分だけを、購入してください。


■ バスに乗るときは、チケット画面を運転手に見せる

バスに乗るときには、iPhone/Androidスマホの画面で、チケットを運転手に見せます。
備考:ユニオンステーション発のウィークディの午後4時から午後6時発のバスは、降りる時にチケットを見せます。これは、待っている客が多くて列が長いため、乗車時間を短くする為にする処置です。

RTD Mobile Ticketsアプリを起動し、

「Ticket Wallet」をタップし、

購入してActiveなチケットをタップし、

チケットを画面に表示し、それを運転手に見せます。

なお、バスはバス停に自動には停まりません。降りたいバス停が次になったら、窓の中間に水平にひかれているロープを下に軽く引っ張ってください。


バスのフロントガラスの上に「Stop Requested(次、停車します)」というサインが点灯します。

■ 電車乗車中に検札に遭遇したら

電車に乗車するには、乗車・降車時にチケットを見せる必要はありませんが、電車内で抜き打ちで車掌が検札することがあります。
(検札時に正しい、有効なチケットを表示できるか、持っていないと、罰金が科せられます。)
この時も、バス乗車時と同じように、購入済みの有効なチケットをiPhone/Androidスマホの画面に出して、チケットを車掌に見せてください。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>