Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


米国外でもApple Payが使用できることが判明。ただし、アメリカApple Pay参加銀行のクレジット/デビットカードを持っていることが条件。


- Old Counter



昨日からMacRumors.comを初めとして複数のサイトが、Apple Payがアメリカ国外のNFC端末でも使用できることを報告しています。
【MacRumors】Apple Pay Shown to Work Internationally Using U.S.-Based Credit Cards – 2014年10月21日

■ 「設定 ⇒ 一般 ⇒ 言語と地域 ⇒ 書式:地域」を「アメリカ合衆国(United States)」に選択。

まず、アメリカ国外で使用しているiPhone 6/6 Plusは、「設定 (Settings) ⇒ 一般(General) ⇒ 言語と地域(Language & Region)」で、「書式 (Region Formats) : 地域(Region)」を「アメリカ合衆国(United States)」に選択しないと、次のようなエラーメッセージが表示され、Apple Payにクレジットカードが登録できません。

したがって、「設定 (Settings)」を起動、

「一般(General)」をタップ、

「言語と地域(Language & Region)」をタップして、

「書式(Region Formats) 」の「地域(Region)」をタップし、

「アメリカ合衆国(United States)」を選択し、画面左上の矢印(<)をタップして...

前の画面に戻ります。

これで「書式 (Region Formats) : 地域(Region)」が「アメリカ合衆国(United States)」に設定され、Apple Payにアメリカのクレジットカードが登録できます。

■ アメリカのApple Pay参加銀行発行のクレジット/デビットカードを、Apple Payに登録する。

次に、アメリカのApple Pay参加銀行発行のクレジット/デビットカードを、Apple Payに登録します。
手順は、
Apple Payにクレジット/デビットカードを登録する手順 – 2014年10月21日
を参照してください。

備考:最後に電話認証が必要の場合には、Skypeを使うと、世界のどこからでもアメリカのトルフリー電話番号(例:800、888、877、866、855、などで始まる電話番号)には無料でSkype経由の電話を掛けられます。
アメリカのトルフリー電話番号へは、世界中どこからでもSkypeで無料で掛けられる。 – 2014年10月24日

現在登録できるアメリカのクレジット/デビットカードは、
● American Express
● Bank of America(法人クレジットカードは、ダメ)
● Capital One
● Chase(法人カードは、ダメ)
● Citi(法人カードは、ダメ)
● J.P. Morgan
● Merrill Lynch
● U.S. Trust
● Wells Fargo(法人カードは、ダメ)

■ Apple Payを、アメリカ国外で使う。

登録したアメリカのクレジットカード/デビットカードで、Apple Payは、アメリカ国外でも使えます。
以下のNFC端末が設置されていて、使用が有効な端末であれば、使用できます。
● MasterCard PayPass
● Visa payWave
● American Express ExpressPay payments
日本ではPayPassはそれなりの箇所に設置されていると聞いています。したがって、アメリカ銀行発行のクレジットカード/デビットカードを持っている人は、日本でもApple Payが使用できそうですね。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>