iPhoneのパスコード(Passcode)を忘れた時の解決法


- Old Counter



目次:
1.今まで一度もiPhoneを接続/バックアップしていなかったiTunesを使う場合・・このページ
2.iPhoneの最近のバックアップがiTunesに保存されている場合・・・ページ 2
3.iCloudにバックアップを作成している場合、iCloudから連絡先などを復元する方法・・・ページ 3


 

時間がタップリある人は、
iPhoneのパスコード(Passcode)を忘れた時の解決法:その2 – 2012年3月29日
も試してみて下さい。

 

仕事関係でテスト用にiPhone 3Gsの香港版SIMフリー機を顧客先から譲り受けることになりました。
カナダ版iPhone 4のSIMフリー機は持っているのですが、テストのたびに標準SIMをマイクロSIMにカットするのは面倒なので、無くなる前にiPhone 3Gs SIMフリー機を入手しようと思っていた矢先でした。

テスト用なので毎日通話に使うわけではなく、中古でも良いと思っていたところ、顧客の一人から譲ってもらうことになりました。

で、譲ってもらっって、自宅に帰ったところ・・・パスコード(Passcode)が設定されていました。

譲ってくれた人はすでに日本に帰国しており、電子メールでパスコードは聞くことは出来ますが・・・

その前に、調べてみることにしました。

「iPhoneでパスコード(Passcode)を忘れた場合は、どうすれば良い?」


iPhoneのiOSを「『復元』すれば良い」と言うことはわかりましたが、『今まで同期していない、パスコード(Passcode)がロックされたiPhone』をiTunesに繋ぐと、次のようなメッセージがiTunes画面に出て、『復元』ボタンがクリックできません。

※iPhoneを脱獄していれば、「復元しない他の方法」もありますが、ここでは脱獄していないと仮定します。

さあ、どうしたものか・・・

更に調べると、iPhoneを強制的に『リカバリー(復元)モード』にして、iTunesに繋げば、パスコードに関係なく復元できる、ということがわかりました。

以下は、「iPhoneでパスコード(Passcode)を忘れた場合」の解決方法です。

1.今まで一度もiPhoneを接続/バックアップしていなかったiTunesを使う場合

つまり、iTunesの画面に以下のメッセージが出る場合です。
この場合は、iPhoneを強制的に『リカバリー(復元)モード』にしてiTunesに繋ぎ、復元します。
この場合、現在iPhoneに保存されているデータは全て失われ、工場出荷状態となりますので、了承してください。

パスコードを変更していなくて、最近、iPhoneをiTunesに正常に接続してバックアップを取ってある場合は、2.iPhoneの最近のバックアップがiTunesに保存されている場合から始めてください。

iPhoneを強制的に『リカバリー(復元)モード』にして、iTunesに繋ぎます。
『リカバリー(復元)モード』にする方法は、
(1)iPhoneの電源ボタンを3秒以上長押しして、「slide to power off(電源オフ)」を右にスライドして、電源を落とします。


(2)PCにUSB/Dockケーブルを接続し、iTunesを起動しておきます。

(3)iPhoneの電源がオフの状態で、iPhoneの「ホーム」ボタンを押したまま、PCに繋がっているUSB/DockケーブルのDockコネクター側をiPhoneに接続します。

(4)iPhoneは『リカバリー(復元)モード』になります。

(5)iPhoneの「ホーム」ボタンから指を離します。

iTunesの画面には「リカバリーモードのiPhoneが見つかりました。iTunesで使用するには復元する必要があります。」のポップアップメッセージが表示されます。

そして、iTunesのメインメニューが表示されますので、「復元」ボタンをクリックします。

警告のポップアップが表示されるので、「復元と更新」をクリックします。

iOSの復元が実行されます。

工場出荷設定に復元された後、iPhoneは再起動します。
再起動後、iPhoneはパスコードの設定されていない、工場出荷状態に戻りました。

復元・データの同期が完了後、iPhoneをオンにすると、

パスコード入力の画面は通らず、画面はホーム画面に直接移ります。

 
 











――<●>――
関連すると思われる記事: