Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


iPad Pro 9.7インチのSIMトレイには、物理Apple SIMも使用できる。




予定より1日遅れて筆者の新iPad Pro 9.7インチが届きました。

さて、このiPad Pro 9.7の発表時から筆者が一番気になっていたのは、内部の組込みApple SIM以外に、SIMトレイに物理的Apple SIMが使えるかどうか・・・でした。

というのも、iPad Pro 9.7の技術仕様ページ(Technical Specifications)で、iPad Pro 9.7もiPad Pro 12.9も、どちらもSIMは
SIM Card : Nano‑SIM (supports Apple SIM)
という表記があるからです。この表記から、iPad Pro 9.7もiPad Pro 12.9と同じく、(組込みApple SIM以外に)Apple SIM Nano-SIM Card(つまり、物理Apple SIM)を使えるのではないか、と推理出来ます。

そこで、実際にSIMトレイに既にアクティベート済みのApple SIMを挿入してみました。

新しいiPad Pro 9.7の組込みSIMでは、本日、初期化した直後にT-Mobile USの月200MB無料プランを選択してあります。

アクティベート済みのApple SIMはiPad Air 2で使っていたもので、
 - GigSky(データ使用期限は期限切れ)
 - Sprint(データ使用期限は期限切れ)
 - T-Mobile US 月200MB無料プランを選択(今月の残量、約39MB)
に加入しています。

結果は、・・・下の写真のように、両方のApple SIM(片方は物理Apple SIM、もう片方は組込み)の加入した通信プランが「設定(Settings)⇒モバイルデータ通信(Cellular Data)」にリストアップされ、そのどの通信プランも選択できます。
注目すべき点は、SIMトレイに入れた物理Apple SIMは3つの通信プランに加入していますが、その3つが全部リストされています。つまり、iPad Pro 9.7のSIMトレイは、物理Apple SIM対応なんです。「設定(Settings)⇒一般(General)⇒情報(About)」で「ICCID」(SIM番号)や「データ通信契約番号(Cellular Data Number)」で表示される情報も、選択したそれぞれのApple SIM(組込み、物理)のプランに割り当てられたSIM番号や電話番号が表示されます。

ということで、iPad Pro 9.7はApple SIMを実質2枚同時に使えるんですね。

追記:ただし、物理Apple SIMをSIMトレイに入れて、これまでに物理Apple SIMで選択していない新しいキャリアの通信プランをiPad Pro 9.7で新規に追加することは出来ません。物理Apple SIMで既に選んであるキャリアの通信プランの管理(追加、変更)は、可能です。買ったばかりの物理Apple SIMにiPad Pro 9.7で新キャリア/プランを追加することは出来ません。したがって、実際に同時に使用する場合には、iPad Air 2等でアクティベートしていない物理Apple SIMに使用するキャリアと通信プランをアクティベートしておいて、それをiPad Pro 9.7のSIMトレイに挿入して、「Apple SIM 実質2枚」同時使用します。


SIMトレイに物理Apple SIMを挿入して、その物理Apple SIMでアクティベートされている通信プランをタッチ(選択)した時。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>