Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


カリフォルニア州3大電力発電企業の発電量の20%は、再生可能エネルギーから


- Old Counter



カリフォルニア州PUC(Public Utilities Commission - 公益事業委員会)が2012年7月31日に発表したレポート
California Public Utilities Commission : Renewables Portfolio Standard Quarterly Report、1st and 2nd Quarter 2012
によると、カリフォルニア州内の3大民間電力発電企業、Pacific Gas & Electric(サンフランシスコ・北カリフォルニア周辺), San Diego Gas & Electric(サンディエゴ周辺)、Southern California Edison(ロスアンジェルス周辺)は、カリフォルニア州全体の電力発電量の68%の電力を発電していますが、その3社の2011年の発電量の20.6%は再生可能エネルギー(太陽光発電、地熱発電、風力発電、バイオ燃料、発電量10~30メガワット(1万~3万キロワット)以下の小規模水力発電)から生成された、と報告しています。

※ カリフォルニア州の「再生可能エネルギー」の定義には、建設時に周囲の自然環境に影響(破壊)を及ぼす大型水力発電所は、含まれて居ません。

 

これは、アメリカ連邦エネルギー省が発表した2011年のアメリカ全体の再生可能エネルギーからの発電量、13%よりも、高い割合です。
The Green Future Arrives In California As Utilities Hit 20% Renewable Energy Target – 2012年8月1日
Major California utilities generated 20.6 percent of their power from renewable sources in 2011 – 2012年8月1日

3社のそれぞれの再生可能エネルギーの割合は、
● Southern California Edison 21.1%
● San Diego Gas & Electric 20.8%
● Pacific Gas & Electric 20.1%
と成っています。

このレポートは、2003年から2011年までの9年間ににカリフォルニア州内の再生可能エネルギー発電設備は2871メガワット(287.1万キロワット)の電力が発電できる施設を新設した、と報告しています。2012年もさらに2800メガワット(280万キロワット)の新しい再生可能エネルギー発電設備を追加設置する予定です。

カリフォルニア州内の全再生可能エネルギー発電設備を合わせると、ピーク時には原子力発電装置5基分の発電量に匹敵する量の電力を発電できます。

カリフォルニア州の計画では、2020年までに全発電量の33%を再生可能エネルギーで発電することを目標としています。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>