アメリカ連邦政府の一部閉鎖で、国立公園は閉園しています。

共和党の一部「超保守派」ティーパーティの強行姿勢により議会で上下両院が合意できず、通過できなかった「アメリカ連邦政府」の一般予算案、および、暫定予算案のため、アメリカの連邦政府機関は、国防などの一部の「必須」機関を除いて、財政新年度の2013年10月1日の本日より、閉鎖されることになりました。

これにより、旅行者の皆様方においては、アメリカの国立公園(National Park)、および、国定公園(National Monument)への訪問が出来なくなります。
また、9月30日夜までに既に国立公園内でキャンプしている旅行者に対しては、48時間以内に国立公園敷地から退去するように警告が出されています。

たとえば、サンフランシスコ旅行で、ヨセミテへ日帰り旅行・・・・できません。
アルカトラズ島監獄ツアーは?・・・・できません。
ラスベガス滞在中に、グランドキャニオンへ日帰り旅行・・・できません。
ニューヨークへ旅行に来たので、自由の女神に登りたい・・・できません。

前回の連邦政府シャットダウンは、クリントン政権時代の1995年11月14日から19日まで(6日間)と、1995年12月16日から1996年1月6日まで(22日間)。

さて、今回は何日間でしょう?



――<●>――
関連すると思われる記事:

  • 関連すると思われる記事が見付かりませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です