Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。

年月別



Virgin Mobile USAプリペイドポケットWiFiについて


- Old Counter



目次:
Virgin Mobile USAプリペイドポケットWiFiと他社ポケットWiFi・・・このページ
Virgin Mobile USAプリペイドポケットWiFiの購入・・・ページ 2
Virgin Mobile USAプリペイドポケットWiFiのアクティベーション・・・ページ 3
ポケットWiFi装置のプログラミング(設定)・・・ページ 4
MiFi2200のSSID/パスワードのカスタマイズ・・・ページ 5
オンラインアカウント管理・・・ページ 6
トップアップの方法、使用の感想、有効期限、MiFi2200装置のLEDの色の説明、その他・・・ページ 7


 
プリペイド携帯/モバイル通信のVirgin Mobile USA(2009年12月からSprint社の100%子会社)は、2010年6月末からプリペイドモバイル通信「Broadband2GO」サービスに、ポケットWiFiの販売を追加しました。

この通信装置は、Novatel社のMiFi2200モデルのVirgin Mobile USA版で、基本的にはVerizon社とSprint社が既に2009年秋より値供しているモデルと、外ケースの色とデザインが違っているだけで、実質変わりません。(それぞれキャリアにロックされていますので、相互に互換性はありません。)

これまでVerizonとSprintがポストペイドでポケットWiFiの販売を2009年夏ごろから販売しています。ポストペイドの契約料は2年契約で毎月の使用料が$60。
また、ライバルAT&Tは2010年秋よりNovatel社のMiFi2372(MiFi2200のGSM/W-CDMA版)を提供開始し、同じく月$60で5GBまで(月$35で200MBまで)で2年契約可能です。
T-Mobileは2011年2月5日現在、T-Mobileの3G回線利用でのポケットWiFiは提供していません。

しかし、アメリカでプリペイドでポケットWiFiを提供しているのは現在3社、Verizon、Virgin Mobile USA(2010年6月末から)、Cricket(2010年10月から、プラン料金は$40/2.5GB/月、$50/5GB/月、$60/7.5GB/月)だけです。

Verizon社のプリペイドの料金は、2011年2月1日現在、

使用期間 料金 期間中の最大使用バイト数
1日(24時間) $15 100 MB まで
1週間(7日間) $30 300 MB まで
1ヵ月(30日間) $50 1 GB まで
1ヵ月(30日間) $80 5 GB まで

 
 
 
これに対して、今回のVirgin Mobile USAのプリペイドモバイル通信サービス「Broadband2GO」の特徴は、料金が安いということ!

使用期間 料金 期間中の最大使用バイト数
1日(24時間) $5 3G 200MBまで
4G 使い放題(500MB以上は速度制限)
1ヵ月(30日間) $35 3G 2GBまで
4G 使い放題(10GB以上は速度制限)
1ヵ月(30日間) $55 3G 5GBまで
4G 使い放題(10GB以上は速度制限)

なお、MiFi2200はCDMA2000用ポケットWiFi装置で、アメリカではCDMA One/CDMA2000キャリアはSIMを使用していないので、この装置にはSIMを挿入するスロットはありません。(Cricket社はHuawei Crosswaveを使っていますが、これもCDMA版でSIMスロットはありません。)

続きを読む »

Verizon(CDMA)版iPhone4予約、大反響


- Old Counter



CDMAのアメリカVerizon版iPhone4の予約が、Verizonの既存顧客に対してのみ2011年2月3日より始まりましたが、初期出荷分の予約用iPhone4の割り当て数を超えたため、同日20時10分(米国東部時間)で予約は中止されました。
わずか17時間10分だけの予約時間でした。

Verizon社は正確な予約注文数を発表しませんでしたが、「予約開始2時間で、これまでの携帯新機種の初日発売数記録を、超えた。」と発表しています。

しかもこの2時間は、「(米国東部時間で)午前3時から5時の間だった。」と発表しています。

ライバルAT&T社が2010年6月にiPhone4の予約注文を開始する際にシステム・オーバーロードで初日にサーバー・トラブルが発生したことを教訓に、Verizon社は2月3日の予約開始時に多くのウェブ予約注文を受け付けるため、事前にサーバー強化に努めていたようです。それでも数人のお客さんは注文確定時にサーバーエラーメッセージを画面に受信したようですが、「大きなトラブルにはいたらなかった」とVerizon担当者は話していました。

予約注文したお客さんは、2月10日までにiPhone4を受け取ることができます。

Verizonの新規顧客、および、他社からMNPでVerizonのiPhoneに機種変更する人は、2月9日にウェブで予約注文を行い、2月10日にVerizonショップで本体を受け取ることができるそうです。

また、2月10日は午前7時からVerizonショップとアップルストアで、また家電量販店のBestBuyと一部のWalmartでも、Verizon版Iphone4の発売を開始します。

Verizon社に始まるCDMA版iPhoneの発売で、今後のアップルiPhone対グーグルAndroidの勢力争いが、さらに面白くなりました。

アンドロイド3.0タブレットの全容が紹介される


- Old Counter



グーグルは現地2011年2月2日、カリフォルニア州マウンテンビューの本社で最新のアンドロイド3.0(Honeycomb)搭載のタブレットを記者等に紹介しました。

アンドロイド3.0はタブレット等の大型スクリーンに最適化されたアンドロイドOSで、GUIもゼロから作り直されています。また、現状では3.0はタブレット専用OSと発表されており、携帯電話にはすぐには搭載されないようです。

百聞は一見にしかず、・・・

アンドロイド3.0タブレットの画面をいくつか紹介しましょう。

ホーム画面

カメラアプリ

アンドロイドマーケットの画面

以上のようなまったく新しいGUIは、いち早く入手して体験してみないとわからないようです。

BlackBerry Torch 9800の日本語化


- Old Counter



目次:
BlackBerry Desktop Softwareのダウンロード・・・このページ
BlackBerry Desktop Softwareのインストール・・・ページ 2
BlackBerry Desktop SoftwareでBlackBerry Torch 9800に日本語追加・・・ページ 3
BlackBerry Torch 9800を日本語に設定変更・・・ページ 4
日本語化の確認と、言語変換切り替えショートカットの変更・・・ページ 5


 
2011年1月4日のブログ
http://blogfromamerica.com/wp/?p=320
で紹介した、アメリカAT&T版BlackBerry Torch 9800を日本語化しました。

以下、その手順です。

大まかなステップとしては、次のようになります。
ステップ1 BlackBerry Desktop Softwareをダウンロードして、PCにインストールする。
ステップ2 BlackBerry Torch 9800をPCのUSBポートに接続し、BlackBerry Desktop Softwareを起動し、日本語入力メソッドを追加する。
ステップ3 BlackBerryが再起動したら、BlackBerry本体で日本語を選択・設定する。

なお、BlackBerryデバイスソフトウェアバージョンが6.0.0.214以上であることが前提です。それ以前の場合は、ソフトウェアの更新をまずしてください。

私が入手したBlackBerry Torch 9800は、デバイスソフトウェアバージョンが6.0.0.246(AT&T版)でした。

続きを読む »

iPhone iOS 4.3ベータ3、ダウンロード可能


- Old Counter



アップルは開発者向けサイトで、iPhone iOS 4.3ベータ第3版をダウンロード可能にしました。

これによって、一般向けのiPhone iOS 4.3最終版リリースは、2月下旬~3月初めと予想されます。

東芝のアンドロイド3.0タブレットは、2011年春発売?


- Old Counter



アメリカIT業界紙eweekの電子メール版は、2011年1月31日の配信で、東芝がアンドロイド3.0タブレットを2011年春に発売する予定だと報道しました。

東芝は、同社の初めてのアンドロイドタブレットを2011年1月5-9日にラスベガスで開催されたCES(家電ショー)で展示しました。
スクリーン・サイズは10.1インチ、ケースにはラバー加工(EasyGrip)、バッテリー交換可能、などの機能はCESで発表されていました。

このたび、東芝アンドロイドタブレットの公式サイトがオープンし、そのタブレットの詳細が発表されました。
http://www.thetoshibatablet.com/

このサイトによれば、東芝アンドロイドタブレットは、アンドロイドOS Honeycomb(3.0)搭載の予定です。
更にフル・フラッシュ対応です。

画面は1280 x 800ピクセルの720p対応で、Nvidia Tegra 2グラフィックス・チップを使用。

ネットワークはWiFi/Bluetooth対応(3Gは無い?)で、前面には4つの物理的なボタンを採用。

両面にカメラを備えています。

また、標準USBポート、ミニUSBポート、HDMIポート(1080p出力)、SDカードスロット、が装備されています。

発売は2011年春(3月頃?4月頃?)だそうです。

2011年2-3月発売予定の初めてのアンドロイド3.0端末、モトローラのXoomと共に、こちらも発売が待ち遠しいです。
http://www.motorola.com/Consumers/US-EN/Consumer-Product-and-Services/Tablets/ci.MOTOROLA-XOOM-US-EN.overview

iPhoneでクレジットカード決済-Square


- Old Counter



目次:
カード番号を手入力して課金・・・このページ
クレジットカードをスキャンして課金・・・ページ 2
現金取引の記録と、ペーパーレス領収書をメールで発行・・・ページ 3


 
iPhone/iPadでクレジットカード決済(マーチャントとして・・・)が出来る端末、Squareに登録しました。
アンドロイド端末でも使用可能だそうです。

決済代行会社は、Squareと言います。
http://squareup.com/

これまでのクレジットカード決済端末は、こんな感じ

で、常時、(固定)電話回線に繋げていなければなりませんでした。

月々の維持費も最低約$40取られて、クレジットカード決済の頻度が少ないビジネスでは、年間約500ドルと言う、馬鹿にならない経費を要求されます。

それがSquareを使えば、月々の最低維持費が無料でクレジットカードの決済が出来ます。
Squareで決済できるのは、2011年2月7日現在は、米国で発行されたVISA/Master Card/Amex/Discover Cardに限ります。 米国外発行のカードには、未対応です。(・・・とSquareのページには書かれています。実際に試してみたいとは思いますが、まだその機会がありません。)

追記(2011年9月6日):いつからか解りませんが、2011年9月初め現在、米国外発行のクレジットカード(例:日本発行のクレジットカード)でも、海外対応クレジットカードであればSquareで決済できるようになりました。(確認済み)

アップルストアで買い物をしたことがある人は、店員がiPhoneのケースにお客さんのクレジットカードをスワイプして処理しているのを、見たことがあるかもしれません。

このSquareは物理的にはそれと同じような仕組みで、しかも、クレジットカード決済のボリュームが少ない小規模小売店や、更には個人ビジネスの人にも、毎月の固定経費が無く使えるようにした仕組みです。

* インターネットさえ繋がっていれば、Squareで日本で課金することは可能ですが、Squareと連結する店舗側(課金する方)の入金口座は現在のところアメリカの銀行口座しか取り扱っていません。

続きを読む »

アンドロイド・タブレット出荷台数、市場の22%


- Old Counter



アメリカの経済紙、ブルンバーグ(Bloomberg)紙によれば、2010年第4・四半期のアンドロイド・タブレットの(世界?)出荷台数は、タブレット端末マーケットの22%に増えました。

同時期のアンドロイド・タブレット端末出荷台数は210万台。うち、Samsung Galaxy Tabの出荷台数は200万台、と発表されています。

アップルの市場シェアは96%から75%に落ちましたが、2010年第4・四半期のiPadの出荷台数は730万台。iPad発売以降の総出荷台数は1480万台、と推定されています。
タブレット端末のマーケットにおけるアップルの市場シェアは落ちたものの、アップルの出荷台数が減っってアップルが喰われているわけでは無く、タブレット端末市場がまだまだこれから成長する分野である、ということになるでしょう。

http://www.zdnet.com/blog/mobile-news/here-come-the-android-tablets-22-percent-market-share-already/770?tag=mantle_skin;content

なお、zdnetによるこのレポートへの続報によれば、Samsung Galaxy Tabの出荷台数200万台は、必ずしもその全てがすでに消費者の手に渡っているわけではなく、小売店や携帯ショップの注文台数を意味し、まだ小売の棚や倉庫に留まっている可能性も有る、と注意しています。

http://www.zdnet.com/blog/mobile-news/samsung-comes-clean-galaxy-tab-numbers-not-consumer-sales/775?tag=mantle_skin;content

Mobile Retailing Blueprint 2.0 : アメリカ小売業のモバイル世界への対応


- Old Counter



アメリカの小売業組合(National Retail Federation、NRF)は、
http://www.nrf.com/
携帯電話などモバイル機器を利用しての今後の消費者およびサプライチェーンのモバイル化に対応するために、昨年から「Mobile Retail Initiative、MRI」と言うイニシアティブを設立して、技術動向の取りまとめ、業界ニーズの明確化、業界と消費者の傾向スタディーなどを実行し、その結果を初版「Mobile Retailing Blueprint」で2010年7月に発表しました。

このたび(2011年1月4日)、「Mobile Retailing Blueprint 2.0」がまとめられ、一般公開されました。
185ページに渡るPDF報告書は、こちらのNRFのサイトからダウンロードできます。
http://www.nrf.com/modules.php?name=Pages&op=viewlive&sp_id=1332

MRI は、NRFのIT標準化部門(ARTS)、デジタルコンテンツ部門(Shop.org)、マーケティング部門(RAMA)、NRFのCIOカウンシルの共同作業により、小売業においてマーケティング、企業間提携業務、内部オペレーション業務などをモバイル機器を導入して効果的に行う為のガイダンスを提供することを目的としています。

続きを読む »

Nexus S アンドロイド2.3.2アップデートが、OTA送信。


- Old Counter



Nexus SのアンドロイドOS 2.3.2アップデートを、OTAで更新しました。
この更新のOTAは、2011年1月21日からプッシュされていたようです。
しばらく電源を入れていなかったので、わかりませんでした。

更新ファイルのサイズは600KBほど。Android version 2.3.2 / Build number GRH78Cに更新されました。

更新の主な内容は、SMS送信バグの修正だそうです。