Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年4月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


10 / 165« 先頭...9101112...2030...最後 »

AT&Tが車のダッシュボード専用モバイルルーター、ZTE Mobleyを発売開始




AT&Tは2015年9月11日より、車のダッシュボードの車両診断コネクター(OBD-II)に刺し込んで使用する、車内専用モバイルルーターを発売開始しました。
メーカーはZTE、モデル名はZTE Mobleyです。

契約期間束縛無しの価格は$99.99(プラス消費税)ですが、ポストペイド2年契約を結ぶとZTE Mobleyは無料になります。

続きを読む »

「T-Mobile USのカバレッジが大きく広がっている」ってのは、ポストペイド契約の場合。




昨日、T-Mobile USは「Lifetime Coverage Guarantee」で、新しくLTE Band 12が追加された新iPhone(iPhone 6s/6s Plus)ユーザーで電波のカバレッジに不満のある場合は、
 - 購入後30日は返金・返品可能、
 - T-Mobile USとの通信契約を解約し、他キャリアへ移る場合には、無料でSIMロック解除してくれて、さらに、解約月の料金を最大1ヵ月分無料にする、
という保証を約束することを、発表しました。

このときに一緒に出されたカバレッジマップですが・・・
これ、非常に誤解を招きますので、注意しておきます。
この地図のマジェンタ色で塗り潰されている地域は、実は、ローミングパートナーの電波も含まれて居ます。確かに、T-Mobile USとポストペイド契約すれば、これらのローミングパートナーの電波にも接続できます。しかし、プリペイドではこのローミングパートナーの電波には接続できません。

正確なT-Mobile USおよびローミングパートナーのカバレッジエリアの違いはT-Mobile USのCoverageページをアクセスし、地図をズームイン(拡大)してみれば、分かります。薄い灰色の地域はT-Mobile USの自社電波ではなく、ローミングパートナーの電波です。
【T-Mobile US】Coverage
続きを読む »

【見解】今年のiPhone 6s/iPhone 6s Plus最強モデル?




2015年9月13日現在、アップルのLTEリストでの英語表記と、その他言語表記、ではまだ統一性が無く、英語表記以外ではA1688 GSM/A1687 GSM板がまだ残っています。よって、以下の【見解】はまだ最終のものではありません。参考程度にしてください。
アップルがはっきりしないし、表記を変えたりするので、筆者も疲れました。

2015年9月15日現在、また、アップルのLTEリストでの英語表記でA1638 GSMモデル(A1688モデルだった)とA1687 GSMモデルが復帰しました。本当にコロコロ変わるアップルです。時間が無いので後で変更しますが、以下の記事でA1688=A1638と考えてください。


昨夜のiPhone 6s/iPhone 6s Plus予約販売前後にアップル公式ページのLTE対応リストに新iPhone 6s/6s Plusモデルが追加されました。
【Apple】iPhoneのモデルごとのLTE対応キャリアリスト

これにより、iPhone 6s/iPhone 6s Plusはそれぞれ 4モデルあることが確定しました。 また、「少なくとも5モデル」に戻りました。
● iPhone 6s:A1633 GSM CDMA、A1688 A1638 GSM、A1688 A1638 CDMA、A1700 GSM、A1700 CDMA
● iPhone 6s Plus:A1634 GSM CDMA、A1687 GSM、A1687 CDMA、A1699 GSM、A1699 CDMA
各々後者2モデルは、中国でのみ販売モデルです。

これら最新事実を取り入れたiPhone 6s/iPhone 6s Plus周波数比較表は、
iPhone 6s/6s Plus、アメリカ・日本・香港・欧州モデル の周波数対応表 – 2015年9月9日【最終編集日:2015年9月12日】

そこで、毎年「どれが最強モデル?」って、各メディアやSNSが騒ぐので、ここでも一言。

 - A1633 GSM CDMA/A1634 GSM CDMAは、AT&T(と、アメリカの小規模ローカルキャリア)のみ。他のモデルに比べてFD-LTE Band 30が多いのが特徴だが、これは今のところAT&Tでしか使用しないマイナーなLTEバンドなので、普通の使用者は無視しても良い。AT&TはBand 17、2、4、5(現時点でサービスエリアの広い順)があるので、通常の使用にはBand 30が無くても困らない。
 - 昨年のiPhone 6/6 Plusの状況から、日本のモデルは3社共通でA1688 CDM/A1687 CDMAであろう。
 - 日本モデルと同じ海外モデルは、アメリカVerizon版およびSprint版のみであろう。 AT&T版、中国本土版以外は、全て日本モデルと同じA1688 CDM/A1687 CDMAであろう。
 - 香港・欧州版などは、CDMAに対応しないA1688 GSM/A1687 GSMであろう。KDDI auでは使えないであろう。また、ソフトバンクでアメリカ放題でも(アメリカ国内で)使えない可能性がある。(アメリカ放題のローミング回線であるSprintの3Gは、CDMA通信方式だから。) 最新のアップル iPhone LTEリストページを見る限り、香港・欧州版も同じA1688 CDMA/A1687 CDMAであろう。KDDI auでも使えるであろう。また、ソフトバンクでアメリカ放題でも(アメリカ国内で)使えるであろう。
 - 去年と違って、今年はVerizonとSprintは同じモデル。
 - Verizonはどんな買い方をしても、最初からSIMフリー。
 - AT&Tはデバイスオンリー、または、定価購入のみ、最初からSIMフリー。その他の買い方ではSIMロック解除は可能だが、条件がある。また、サードパーティーでのSIMロック解除も可能。新iPhoneモデルは例年、$100前後でサードパーティーSIMロック解除が可能。
 - Sprintは昨年のiPhone 6/6 Plusから、アップルストアで定価でデバイスオンリーで買えば、最初から米国外SIMフリー。おそらく、今年からは米国内・米国外完全SIMフリー。(2015年2月11日以降のアメリカのキャリア自主的SIMロック解除方針が発効。)
 - 残念ながら、予約開始段階ではAT&T版、Verizon版およびSprint版は、通信契約無しでは購入できない。
 - これらのモデルを日本在住日本人が買うには、9月25日の店舗販売開始以降、店頭でデバイスオンリー購入をするしかない。
 - 現時点で、T-Mobile US版 がA1688 GSM/A1687 GSMなのか、A1688 CDM/A1687 CDMAなのかは、確認できない。 はA1688 CDM/A1687 CDMAであろう。予約注文ではT-Mobile USを注文すると「GSM」版と表示されるが、昨年のようにiPhone 6/6 Plus AT&T/T-Mobile US版が予想外にCDMAにも対応していたので、その可能性もあるが高い。
 - しかし、日本でKDDI auに加入しないのなら、T-Mobile US版A1688 GSM(CDMA?)/A1687 GSM(CDMA?)は今の時点でアメリカ・アップル・オンラインショップで、契約無しで予約購入できる。

 - これとは別に今年からアメリカ・アップルストアが「毎年機種交換できるiPhone Upgrade Program」を提供していて、このモデルは初めからSIMフリーで、アメリカ4キャリアのどれとでも使えることが分かっている。しかし、アメリカの与信履歴のチェック(=ソーシャルセキュリティ番号の入力)があり、基本的に1年ごとに古い端末を返却しないといけないので、アメリカに住んでいない人間はこの方法での購入は実質的に不可能。また、このモデルはA1688 A1633 CDM/A1687 A1634 CDMAと予想される。が、AT&TのBand 30をカバーしないのは「4キャリアで使える」という宣伝文句に反さないかどうかが不明。(まあ、マイナーなBandなので、無視しても良いかな。)

 - そして、iPhone 6/6 Plusのように、発売開始3ヶ月以上経ってから、今は発表されていない新しいモデル(A1633 CDMA/A1634 CDMA)を出す可能性がある。

続きを読む »

iPad Pro/iPad Air 2/iPad Air/iPad Mini 4/iPad Mini 2周波数比較表




本日発表されたアップルの新しいiPad Pro/iPad Mini 4を追加した現行販売(販売予定を含む)の周波数比較表です。

続きを読む »

iPhone 6s/6s Plus、アメリカ・日本・香港・欧州モデル の周波数対応表




はい、お待ちかねのiPhone 6s/iPhone 6s Plus周波数対応表。

ん~、今年のキャリアごとのモデル販売予測は、難しい。
何故ならば・・・・
1.昨年のアメリカ版iPhone 6/6 Plusの販売実績から、AT&T版とT-Mobile US版もCDMA対応と信じたい。
2.しかし、GSM版だけがFD-LTE Band 30に対応しており、このバンドはAT&Tが使用権を所有している、未使用の2300MHz WCSバンドである。
⇒ ってことは、AT&T版(とT-Mobile US版)のiPhone 6s/6s Plusは、GSM版(A1633/A1634)?
3.しかし、アップルが今回から直接始める分割払いプログラム「iPhone Upgrade Program」(アメリカだけだが・・・)だとキャリアを自由に選べる、とある。つまり、SIMフリー。AT&TもT-MoもSprintもVerizonも使えるモデルになるはず。なのに、A1633/A1634はAT&TしかサービスしていないLTE B30があってCDMAが無い。A1688/A1687にはB30が無い。
⇒ 本当はA1688/A1687がアメリカの4キャリア版で、B30はミスでA1688/A1687に記載漏れしているのでは?と言う気がしてきた。
(また、今の段階ではアップル・オンラインサイトでは、アメリカで「iPhone Upgrade Program」適用SIMフリーiPhone 6s/6s Plusが購入選択できないのも、おかしい。(分割は選択できるが、各キャリアが提供する分割プログラムの価格。))

4.日本版はiPhone 6/6 Plusの時と同様、3キャリアとも統一モデルと信じたい。であれば、KDDIにも対応するCDMA版に違いない。

今回のiPhone 6s/6s Plusの仕様ページは、少なくとも今のところはその国でどのモデルを実際に売るかどうかは関係無く、両モデルの仕様がそれぞれの国の技術仕様ページに掲載されています。例えばイギリスでは絶対にCDMA版を売るはずが無いのに、両モデルが掲載されています。
【Apple】英国 iPhone 6s Tech Specs
つまり、ある国の仕様ページに両モデルが掲載されているからと言って、実際にその国で販売するのは2モデルになるとは断言できないでしょう。そのうちの1つのモデルしか売られない可能性もあります。

あと2日して予約開始出来るようになって、そのときに注文内容にモデル番号が表示されないと、各国販売バージョンは正確には分からないかも・・・
または、アップル公式ページのLTE対応リストに新iPhone 6s/6s Plusモデルが追加されたら、分かり易くなるでしょう。 追記(2015年9月12日):アップル公式ページのLTE対応リストに新iPhone 6s/6s Plusモデルが追加されました。
【Apple】iPhoneのモデルごとのLTE対応キャリアリスト
 

iOS 9 リリース日
2015年9月16日
例年、太平洋時刻の午前10時以降
日本時刻2015年9月17日午前2時以降
対象機種:
iPhone 4s以上
iPad 2以上
iPad Mini以上
iPod Touch 第5世代以上

続きを読む »

【コロラド/デンバー/ボルダー/コロラドスプリングス】質問箱




デンバー周辺交通手段の使い方と、最もポピュラーな周辺観光案内の掲載が一段落したので、一度、このページをトップにアゲ直します。


【オリジナルPublish:2015年8月24日】

現在のデンバー国際空港は1995年に、ユナイテッド航空のアメリカ内陸部のハブ空港として開港しました。
その後、西海岸に到着した日本人・中国/香港人、その他のアジア人の内陸部乗り換え空港としてもよく利用されていました。

2年前の2013年6月10日、成田空港との直行便が運行開始され、デンバーを含むコロラド州内に出張や旅行で滞在する日本からの訪問者も増えてきています。

このサイトではその為にデンバー空港利用案内を含め、短期滞在旅行者のための付近の観光案内も掲載してきました。これまでの掲載内容は「カテゴリー・リスト」で「デンバー/コロラド」をクリックしてください。

続きを読む »

【デンバー】レンタカーの無い人のためのバスツアー、リスト




リクエストがありましたので、デンバーで車を借りずに観光できるバスツアーのリストを(再度)まとめます。

続きを読む »

デンバー市内の電車(RTD Light Rail)の乗り方




デンバー周辺の公共交通シリーズ、最後は電車(RTD Light Rail)の乗り方です。
この電車はデンバー/ボルダー市内公共バスと同じ、RTD(Regional Transportation District、広域交通局)の運営です。したがって、バスと電車の両者間の乗り継ぎが可能です。

旅行者で使う可能性の高いケースは、
 - デンバーダウンタウンに宿泊中で、南のほうのPark Meadowsショッピングセンターへ出かける
 - デンバーダウンタウンに宿泊中で、デンバー大学(University of Denver)に行く用事がある
 - デンバー・テックセンターなど南のほうに宿泊中で、デンバーダウンタウンに行って見たい
 - 西のゴールデン(Golden)方面に宿泊中で、デンバーダウンタウンに行って見たい
 - デンバーダウンタウンから、ゴールデンのクアーズビール工場や、レッドロックス公園/野外コンサート場へ行って見たい(電車の終点駅または途中駅から、更にバスに乗り継ぐ必要があります。)
と言う場合でしょう。

2016年4月22日からはデンバー・ダウンタウンからデンバー国際空港までの電車路線(Aライン)が運行しています。また、同じく、Aルート(ダウンタウン⇔空港線)の途中から、南側にI-225沿いに路線(Rライン)が拡張されます。これらを使うことにより、2016年末には
 - デンバーダウンタウンから、デンバー国際空港へ
 - デンバーダウンタウンから、中規模展示会やショーの行われるデンバーコロシアムやナショナルウェスタンストックショー会場へ
 - デンバーダウンタウンから、旧空港跡地のStapleton(ステープルトン)地区のホテルへ
 - デンバーダウンタウンから、コロラド大学大学病院/子供病院/(建設中の)VA(退役軍人)病院新病棟へ
 - デンバー国際空港から、ダウンタウンを通らずにデンバーテックセンター地域やPark Meadowsショッピングセンターへ
の公共交通網を使った移動も、しやすくなりました。

また、RTD電車(Commuter Train)はデンバーダウンタウンから北西側のボルダーと、その先のロングモントへも延長が計画されており、2016年7月25日にはその路線(Bライン)の南側の部分がウェストミンスター(Westminster)まで開通予定です。


続きを読む »

デンバー市内のタクシーの捕まえ方




他のアメリカの面積の広い都市同様、デンバー市内ではタクシーは流していません。

ホテルに宿泊中の場合には、ホテルのフロントデスク、コンシアージ(コンシェルジュ)、またはベルボーイに頼んで呼んで貰ってください。フロントデスク、コンシアージ(コンシェルジュ)に頼む場合は、チップは不要。ベルボーイの場合には、呼んでもらったタクシーに実際に乗るときにベルボーイに$2程度のチップが妥当です。
大きな全米チェーン系ホテルだと、正面玄関前に常時数台待機している場合があります。が、この場合もそのホテルにベルボーイが居れば、一応、ベルボーイに許可を貰って乗りましょう。ベルボーイがタクシーのドアを開けてくれたら、ベルボーイに$1~$2程度のチップを渡すのが妥当です。

タクシーを呼んだ場合には、到着まで30分くらい掛かる場合があります。

外出してレストランなどで食事を済ませた後は、レストランに頼めばタクシーを呼んでくれるのが普通です。レストランの担当者には特に追加チップは不要です。

アメリカではタクシーの料金には約15%をチップとして上乗せして支払うのが一般的です。

デンバー市内のメジャーなタクシー会社は

続きを読む »

デンバー国際空港からエステスパーク(ロッキー山脈国立公園)への行き方




ついでに、デンバーの約75マイル(120キロメートル)北西のエステスパーク(Estes Park)は、ロッキー山脈国立公園の入り口の町ですが、人口約6000人の市で、
 - ロッキー山脈国立公園(Rocky Mountain National Park)
 - The Stanley Hotel(映画「シャイニング」のロケ地)
 - ロープウエイ
 - キャンプ、乗馬、ハイキング、釣り、登山(Longs Peak)、冬はクロスカントリー・スキー(ダウンヒルスキー場は1991年に閉鎖)
 - お土産店
などで有名です。

レンタカーを借りる以外でデンバー国際空港からエステスパークへ行く方法は、どういう方法があるんでしょうか?


続きを読む »

10 / 165« 先頭...9101112...2030...最後 »