Virgin Mobile USAのプリペイドiPhone発売が公式発表、2012年6月29日から発売、通信料はコミコミ月$30(2400円)から


- Old Counter



Virgin Mobile USAは本日、2012年6月7日、iPhone 4S/4発売の公式プレスリリースを発表しました。
Virgin Mobile USA to Offer iPhone on June 29 - Plans as Low as $30 Per Month – 2012年6月7日

現在、Virgin Mobile USAのホームページはバナーにiPhoneの画像が紹介されており、「iPhone 4S Coming Soon - On Sale June 29、 2012」と書かれています。
Virgin Mobile USA - iPhone 4S Coming Soon


 
 

発表の詳細に入る前に、2日前の記事
Virgin Mobile USA、プリペイド携帯会社(アメリカ)、iPhoneを2012年7月1日から発売? (噂) – 2012年6月6日
で、間違いが一ヶ所ありました。(←既に修正済みですが・・・)それは、Virgin Mobile USAのスマートフォンプラン(BeyondTalkプラン)で、
-------------------
● 月$45.00で通話が1200分まで無料、超過分は$0.10/分、
 日本の固定電話へ発信 $0.02/分(プラス、国内無料通話分数、または、国内料金適用)、
 日本の携帯電話へ発信 $0.15/分(プラス、国内無料通話分数、または、国内料金適用)
 テキストは使い放題
 データは使い放題(ただし、月の使用バイト数が2.5GBを超えると、請求月末まで256Kbps以下の速度制限がかかる)
および、
● 月$55.00で通話が無制限、
 日本の固定電話へ発信 $0.02/分、
 日本の携帯電話へ発信 $0.15/分
 テキストは使い放題
 データは使い放題(ただし、月の使用バイト数が2.5GBを超えると、請求月末まで256Kbps以下の速度制限がかかる)

二つのスマートフォン用プランを提供しており、このプランがiPhoneにも適用されると思われます。
-------------------
と書きましたが、もう一つ、
● 月$35.00で通話が300分まで無料、超過分は$0.10/分、
 日本の固定電話へ発信 $0.02/分(プラス、国内無料通話分数、または、国内料金適用)、
 日本の携帯電話へ発信 $0.15/分(プラス、国内無料通話分数、または、国内料金適用)
 テキストは使い放題
 データは使い放題(ただし、月の使用バイト数が2.5GBを超えると、請求月末まで256Kbps以下の速度制限がかかる)
のプランがあることを忘れていました。

したがって、あまり通話をしない人がVirgin Mobile USAでスマートフォンを使用する際には、月$35でデータ通信使い放題(ただし、月の使用バイト数が2.5GBを超えると、請求月末まで256Kbps以下の速度制限がかかる)で使用できます。
月$35/$45/$55のプランの違いは無料米国内通話分数の上限だけで、テキストメッセージ(使い放題)とデータ通信の制限(条件)は、どのプランも同じです。
通常のAT&Tなどとのポストペイド契約では、データ通信を最低(300MB)オプションに選択しても月$65は請求されますので、ポストペイド契約の1/2~1/3の毎月の通信料金でiPhoneがVirgin Mobile USAで使用できます。

プリペイド契約とポストペイド契約の大きな違いは、「プリペイド契約は、アメリカ国外で国際ローミングが出来ない」と言うことです。
 
 

さて、今朝のVirgin Mobile USAのプレスリリースの内容を説明すると、・・・

発売するiPhoneは、iPhone 4 CDMA2000版(SIM挿入スロット無し) 8GBと、iPhone 4S CDMA2000/GSM/W-CDMA版 16GBで、発売価格は
iPhone 4S CDMA2000/GSM/W-CDMA版 16GB ... $649
iPhone 4 CDMA2000版(SIM挿入スロット無し) 8GB ... $549
この価格は、アップルストアでGSM/W-CDMA版 SIMフリー(Unlocked) iPhoneを購入する場合と同じ価格です。Cricket Wirelessの場合と違って全く割引がないのは、残念です。(Cricketは$150割引。)
Cricket Wireless、プリペイド携帯会社(アメリカ)、iPhone 4/4Sを2012年6月22日から発売 – 2012年6月1日

この本体価格だけで見ると、「アップルストアで同じ価格でSIMフリーiPhoneを購入して、AT&TやT-MobileやそのMVNOのSIMで使用し、米国外では現地のSIMを使う」か、「通信料金の安いVirgin Mobile USAの月$35(毎月自動更新の場合は月$30)プランで、米国国内使用だけに限定して我慢して使うか」の選択で、悩みます。

購入は、Virgin Mobile USAのオンラインサイト
Virgin Mobile USA ホームページ
のほか、家電量販店Best Buy、電気店RadioShack、その他の小売店(TargetやWalmart?)で可能となります。

通信料は上に記述した、
● $35/月、通話300分まで、ネット使い放題(3G CDMA2000 EV-DO Rev A.速度。 月2.5GB以上は256Kbpsに速度制限)
● $45/月、通話1200分まで、ネット使い放題(3G CDMA2000 EV-DO Rev A.速度。 月2.5GB以上は256Kbpsに速度制限)
● $55/月、通話し放題、ネット使い放題(3G CDMA2000 EV-DO Rev A.速度。 月2.5GB以上は256Kbpsに速度制限)
のBeyondTalkスマートフォンプランが適用されますが、毎月の支払いをアメリカ発行クレジットカード/デビットカード、または、Paypalでの自動支払いに設定すると、更に月$5の割引(クレジット)が得られます。
したがって、毎月の支払いを自動支払いにすると、月$30/$40/$50でiPhoneが使用できます。

更にテザリングも、オプションの月$15を追加することによって可能になり、このテザリングに加入すると毎月の3Gデータ使用制限が3.5GBに引き上げられます。

※ 3G CDMA2000 EV-DO Rev A.速度は、最適の環境で、実測値がダウンロード速度1~1.5Mbps程度。

アメリカのプリペイド携帯は、T-Mobile USAを除いて、アメリカ国内とその周辺でしか使用できず、国際ローミングが出来ません。
Virgin Mobile USAの場合は、CDMA2000通信方式で、アメリカ(ハワイ含む/グアム含まない)国内とプエルトリコ、米領バージン諸島で使用できます。

プリペイド契約ですから、購入/契約するのに身分証明書は不要で、アメリカでのクレジット調査(ソーシャルセキュリティー番号)も不要、デポジット(保証金)も不要で、通常、ポストペイド契約では課金される$35-37の「アクティベーション・フィー」も課金されません。14歳以上であれば自分名義で契約できます。

プリペイドでなので、解約はいつでも無料。毎月の使用料の支払いを止めれば、自動的に解約されます。したがって、解約手続きさえもありません。
アメリカから日本へ帰国するときには引越し準備や色々なアカウントの解約手続きでバタバタしますが、そんなときでも(プリペイド)携帯の解約は放っておいても解約されるし、通信料の自動更新も日本へ帰国してからでも設定変更(自動更新解除)できます。

毎月の通信料の支払いはアメリカ国内発行のクレジットカード/デビットカード、Paypal、そして、多くの全国チェーン家電量販店(BestBuy, Radio Shack)・ディスカウント百貨店(Target、Walmart)・食品スーパー(Safeway、Krogerなど)・ドラッグストア(Walgreen、RiteAid、CVS、など)で販売しているVirgin Mobile USAのトップアップカードで可能です。

iPhone特定ではありませんが、Virgin Mobile USAプリペイド携帯の契約方法、トップアップの方法などは、以下を参照してください。
Virgin Mobile USAのプリペイド携帯をアクティベートするときには、別のキャリアからの電話番号の移行(MNP)が選択できます。
Virgin Mobile USAプリペイド携帯のアクティベーションの方法 – 2010年12月26日
また、一度契約が切れたVirgin Mobile USAのプリペイド携帯の再アクティベートの方法は、以下に記述してあります。
Virgin Mobile USAプリペイド携帯を、再アクティベートしました – 2011年9月14日

本体価格は高いものの、毎月の通信料が安く、長期でアメリカに生活する留学生や駐在員、その家族の方には大変便利な契約です。
 
 

今朝のプレスリリースではSIMロックに関しては何も記述されていませんが、アメリカのプリペイド携帯は国内(とその周辺)でしか使用できず、それを前提にした購入である為、CDMA2000通信方式を採用しているVerizon、Virgin Mobile USA、BoostMobile、Cricket Wirelessなどはプリペイド携帯のSIMロック解除/キャリアロック解除をこれまで提供していません。したがって、Virgin Mobile USAの発売するiPhone 4Sも、先々のSIMロック解除の望みは非常に薄いと思います。
(ただし、その割には販売価格がSIMフリー版と同じ価格で販売する理由が理解できません。)

しかし、CDMA2000/GSM/W-CDMA版iPhone 4Sは、iOS 5.1.1(現在の最新iOSバージョン)まではGevey Ultra S (CDMA版)アダプターを使用して、かつ、脱獄して、GSM/W-CDMA他社のSIMが使用できることは確認されています。
Gevey Ultra S CDMA版をiPhone 4S CDMA2000版(Sprint)で使ってみました。 – 2012年4月30日
Gevey Ultra S (CDMA版)アダプターを使用する人は、そのリスクを理解した上でご使用ください。

今回Virgin Mobile USAから発売されるiPhone 4に関してはCDMA2000専用版(2011年2月に発売されたiPhone 4 Verizon版と同じ)であり、SIMを挿入するスロットが存在しないので、他社のSIMで使用することは不可能です。











――<●>――
関連すると思われる記事: