Virgin Mobile USA、プリペイド携帯会社(アメリカ)、iPhoneを2012年7月1日から発売? (噂)


- Old Counter



5日前にアメリカのプリペイド携帯会社、Cricket Wireless(Leap Wireless)がアメリカで初めて、iPhone 4/4Sをプリペイド契約で販売するニュースをお知らせしました。
Cricket Wireless、プリペイド携帯会社(アメリカ)、iPhone 4/4Sを2012年6月22日から発売 -2012年6月1日

その後、当然予想されたことであり、実は、直後から噂が流れていましたが、本日、Wall Street Journalが正式に報道していますので、まだ噂の段階ですが、当サイトでも報告することとしました。
Sprint’s Virgin Mobile USA to offer iPhone – 2012年6月5日

Sprintは、「同社の100%子会社でプリペイド携帯部門であるVirgin Mobile USAで、iPhone (4S?、4?)を2012年7月1日から発売する」ことを、今週中に発表するらしいです。

Virgin Mobile USAは
● 月$35.00で通話が300分まで無料、超過分は$0.10/分、
 日本の固定電話へ発信 $0.02/分(プラス、国内無料通話分数、または、国内料金適用)、
 日本の携帯電話へ発信 $0.15/分(プラス、国内無料通話分数、または、国内料金適用)
 テキストは使い放題
 データは使い放題(ただし、月の使用バイト数が2.5GBを超えると、請求月末まで256Kbps以下の速度制限がかかる)
および、
● 月$45.00で通話が1200分まで無料、超過分は$0.10/分、
 日本の固定電話へ発信 $0.02/分(プラス、国内無料通話分数、または、国内料金適用)、
 日本の携帯電話へ発信 $0.15/分(プラス、国内無料通話分数、または、国内料金適用)
 テキストは使い放題
 データは使い放題(ただし、月の使用バイト数が2.5GBを超えると、請求月末まで256Kbps以下の速度制限がかかる)
および、
● 月$55.00で通話が無制限、
 日本の固定電話へ発信 $0.02/分、
 日本の携帯電話へ発信 $0.15/分
 テキストは使い放題
 データは使い放題(ただし、月の使用バイト数が2.5GBを超えると、請求月末まで256Kbps以下の速度制限がかかる)

の三つのスマートフォン用プランを提供しており、このプランがiPhoneにも適用されると思われます。

iPhone本体の価格は、まだ発表されていません。
 
 

5日前にプリペイドiPhoneを販売することを発表したCricket Wireless(Leap Wireless)はアメリカ中西部に拠点を置き、アメリカで7番目に加入者数の多い携帯電話会社ですが、自社基地局は中西部に限られています。また、通信方式は1900MHz CDMA2000を使用していますが、シカゴなど一部の地域ではCDMA2000 AWS(Band 4、上り1700MHz/下り2100MHz)の周波数を使用しており、iPhoneが対応していないので使えません。
しかし、全米的にはCricketはSprintとローミング契約を結んでいます。そのため、Cricketで契約した携帯電話は2012年6月22日に発売される予定のiPhoneも含め、Sprintサービスエリアで通話とテキストは可能です。
今回Cricketが発表したiPhoneの月$55使い放題プランは、実は、Cricketの自社基地局サービスエリア内(しかも、1900MHz帯域のみ)で使用が限定されるのではないか、という予想が発売前から出ています。(人口カバー率で6000万人、全米の約20%)

したがって、このCricketのプリペイドiPhone発売は、殆どの日本人旅行客・出張者などには恩恵を受けられないサービスです。

現実に、CricketのプリペイドiPhoneは、以下の59の都市でのみ購入可能の予定です。
• アーカンサス州 Fayetteville, Fort Smith, Jonesboro, Little Rock
• アリゾナ州 Phoenix, Tucson
• カリフォルニア州 Fresno, Modesto/Merced, Visalia
• コロラド州 Colorado Springs, Denver, Fort Collins, Pueblo
• ジョージア州 Columbus, Macon, Savannah
• アイダホ州 Boise
• カンザス州 Wichita
• ケンタッキー州 Lexington, Louisville
• ミズーリ州 Kansas City
• ノースカロライナ州 Burlington, Charlotte, Greensboro, Raleigh
• ネブラスカ州 Lincoln, Omaha
• ニューメキシコ州 Albuquerque, Las Cruces, Santa Fe
• ネバダ州 Reno
• ニューヨーク州 Buffalo, Rochester, Syracuse
• オクラホマ州 Tulsa
• オハイオ州 Cincinnati
• オレゴン州 Eugene, Portland, Salem
• ペンシルベニア州 Pittsburgh
• サウスカロライナ州 Charleston, Dayton
• テネシー州 Chattanooga, Knoxville, Memphis, Nashville
• テキサス州 Austin, Brownsville, Bryan/College Station, Corpus Christi, Del Rio/Eagle Pass, El Paso, Houston, Laredo, McAllen, San Antonio, Temple/Killeen
• ユタ州 Salt Lake City
• ワシントン州 Spokane
 
 

ところが、Virgin Mobile USAはデータ通信もSprintの自社基地局サービスエリア全てをカバーするので、アメリカの主要都市はほぼ全てカバーします。(人口カバー率で2億7800万人、全米の約89%)
したがって、Virgin Mobile USAでプリペイドiPhoneが発売されると、アメリカへの短期旅行者にとっても便利になります。

なお、Sprint/Virgin Mobile USAはCDMA2000を通信方式として使っているキャリアであり、発売されるiPhone 4S (4も発売される?)はCDMA2000通信方式です。iPhone 4Sの場合は、GSM/W-CDMAモードはSIMロックされているでしょう。
 
 

同じくSprintの100%子会社のBoostMobileも、9月初めにはプリペイドiPhoneを発売するという噂が流れています。
 
 

なお、アメリカのプリペイド携帯契約は、
● 身分証明書不要、
● ソーシャルセキュリティー番号不要/アメリカでの与信履歴不要、
● デポジット(保証金)不要、
● 14歳以上は本人名義で契約できる (14歳未満に対しては、保護者が加入し、使わせることが出来る)
● 解約はいつでも無料 (翌月分料金を支払わなければ、自動的に解約。それから2-4ヶ月で電話番号も消失。したがって、解約手続きすら不要。)
● MNP(電話番号移行) 無料
です。

また、アメリカのCDMA2000通信形式のプリペイド携帯会社は、原則的にSIMを使用していません。(Virgin Mobile USA/BoostMobile版iPhone 4Sはアクティベーションの為にSIMを使用することになると思います。)
しかし、契約が切れ、電話番号が消失した後でも、いつでもその携帯本体を再アクティベートが出来ます。

Virgin Mobile USAの携帯は、ハワイを含むアメリカ50州 + ワシントンDCと、プエルトリコと米領バージン諸島で使えます。(日本を含むそれ以外の国・グアムでは、3Gの国際ローミングでは使えません。WiFi接続時は、ネットのみ使用できます。)

したがって、このVirgin Mobile USA/BoostMobileのアメリカ・プリペイドiPhoneサービスは、米国留学生や、アメリカに短期で頻繁に訪れる人にはとても便利でしょう。

もちろん、アメリカで購入したiPhoneは、約3秒で日本語設定に変更出来ます。











――<●>――
関連すると思われる記事: