Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2019年12月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。

年月別



VeriFoneがモバイル決済端末、SAILを発表


- Old Counter



日本ではようやくPayPalがソフトバンクと合弁でモバイル決済端末Paypal Hereを1年以内に導入すると2012年5月9日に発表しましたが、アメリカでは既にSquareが2010年ころから、Paypalは2012年4月から選択的に(まだ誰でも加入できるわけではない)、モバイル決済端末が使えています。

筆者も昨年(2011年)2月からSuareを使用し始めており、
iPhoneでクレジットカード決済-Square – 2011年2月1日

Paypal Hereも、Paypalアカウントがあることから、可能であればすぐにでも申し込みしたいと思っていますが、小口アカウントの筆者にはまだ加入資格はありません。
PaypalがiPhone/アンドロイド端末で使えるPaypal Hereクレジットカード決済システムを発表 – 2012年3月22日

アメリカで小売店舗の固定クレジットカード決済端末の大手メーカーは、VeriFoneと言う会社になります。
VeriFoneはアメリカのクレジットカード決済端末メーカー業界では、「既成勢力のジャイアンツ(巨人)」と考えて良いと思います。

そのVeriFoneが、2012年5月8日から10日までニューオリンズで開かれるCTIA Wireless 2012を前に、同社もSquare/Paypalに対抗してモバイルクレジットカード決済端末を導入することを発表しました。
VeriFone outs Sail mobile payment system, gives Square the evil eye – 2012年5月8日
Hands-on with SAIL, VeriFone’s Mobile Payment Card Reader – 2012年5月9日

VeriFone SAILの手数料は2.7%ですが、月に$10のメインテナンス料を支払うと、クレジットカード決済手数料は1.95%に下がります。したがって、毎月のクレジット決済金額の多い小売店は、月々のメインテナンス料を支払うことにより、総合的な手数料を安く出来ます。

VeriFoneの固定決済端末を導入している小売店は多い為、そのVeriFoneがモバイルのクレジットカード決済端末を導入することによって、この技術は一気にアメリカで普及すると推測されます。

例えば、既にVeriFoneの固定クレジットカード端末を利用しているレストランが、このモバイルクレジットカード端末SAILを併用することによって、飲食客の決済をお客さんのテーブルのそばで行うことが出来、カードをレジに持っていく必要が無くなりますから、客が抱く「レストランスタッフによるカードの不正利用」などの心配を払拭することができるようになります。

ホテルのチェックアウトでも、列が長く並んだときには、この端末でチェックアウトできます。

Squareが先駆的にもう1年半~2年も前から始めたモバイルクレジットカード決済ですが、VeriFoneの参入で、もっとこれが普及することになるでしょう。

ちなみに、もう、16年以上前にあるプロジェクトに関わって、その時に判って驚いたことですが・・・
日米のクレジットカード決済の違い(小売店から見た場合)・・・

 

アメリカ 日本
クレジットカード決済手数料 2.x~3%
毎月のボリュームや金額が多ければ、1.xから0.x%に手数料の割引を交渉できる。
5%が標準
量販店が手数料割引を交渉できるかどうか、筆者は知らない。
小売店の銀行口座へ入金するタイミング 顧客がクレジットカードを使ってから48時間以内(週末・祝日は除く) 月末締めで、翌月末入金。
(クレジットカード決済から30~60日後。)

 

もちろん、アメリカの安定した大企業では「支払期限は請求書発行から30日/60日」という条件を顧客に出しているベンダーもありますが、規模の小さい小売業・個人事業や企業では、「支払いはその場で支払い」と言う契約が多い為、日本の「月末締めで、翌月末入金。」という取引習慣にはとてもついていけません。

ともかく、日本の商習慣では「月末(25日)締めの、翌月払い。」とか「月末(25日)締めの、翌々月払い。」というのがいまだにはびこっていると言うのは、世界的なリアルタイム・ビジネスの流れに沿っていないので、国外の企業との話がかみ合わない一つの原因だと思います。

Paypalが日本で既成勢力(銀行)に排他される大きなポイントは、そこにあります。
(しかし、「銀行振り込み」が普及してきて、オークションの支払いが振り込みにデフォルトしてきているのは、取引の種類によっては「(お金の流れも)リアルタイムなビジネス」を認めていることに、日本も成りつつあるんですが。)
そして、Paypal Hereの日本での導入で、海外の標準手数料である3%以下には出来なくて、日本の標準の5%にせざるを得なかったのは、残念です。

しかし、このような海外勢力の影響で、日本も「流通業分野で、お金の流れもリアルタイムに近い流れで改革される」ことになるのではないかと、その点を注目してこれから見て行きたいと思っています。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>