Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年7月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


バックアップしたSAM Unlock TicketをiPhoneに戻して、対応SIMで使用する方法


- Old Counter



SAM/SAMPrefsによるSIMアンロック手順は、アップルがアクチベーションサーバーのバグを修正した為、日本時間の2012年4月27日午前8~10時頃から使えなくなりました。
脱獄アプリ「SAMPrefs」による全iPhone(全バージョン)のSIMロック解除 – 2012年4月23日

しかし、その前にSAMアンロックを済ませ、その使用するSIMに対して Unlock Ticket (/var/root/Library/Lockdown/ フォルダー内に保存されている全てのファイル)を
● redsn0w 0.9.10b8b
● 脱獄アプリiFile(iPhone用)
● iExplorer(PC/Mac用)
などでバックアップしている場合、そのバックアップファイルをiPhoneに戻す(復元する)ことによって、iPhoneのiOSをアップグレードしない限り、将来いつでも再度このSIMをiPhoneに挿入して、通信が使えます。

※ Unlock Ticket (ファイル)は、同じiPhone機種(モデル)で、同じiOSバージョンであれば、違う本体へ復元しても、そのSIMを使えるようですが、今のところ筆者もそこまでは試していません。この記事を書いた後に、いくつかのiPhone 4/3Gsモデル間でファイルを復元して、試してみたいと思います。そして、その結果は、このページに追記します。

● ソフトバンクiPhone 4/iOS 5.0.1で作成したT-Mobile USAのUnlock Ticketを、AT&T iPhone 3Gs/iOS 5.0.1にコピーしてT-Mobile USAのSIMで起動してみましたが、ダメでした。つまり、機種モデルが違うと、コピーしてもダメですね。
機種モデルが同じで、iOSのバージョンが違う場合は、どうなんでしょうか? (iPhone本体のシリアル番号、UDID、と使用したSIMのIMSIがマッチすれば、iOSバージョンが違っても良いようです。 )

さて、筆者としてはredsn0wがさっさとアップグレードしてくれて、「SAM リストア(復元)」オプションを追加してくれるのを待っている(その方が記事の説明が、簡単になるだろうから・・・)のですが、どうも、すぐには出て来そうにないですね。

仕方ないので、面倒な手順を以下に書きます。

ここで使う道具(アプリ)ですが、iFile現在、シェアウェアになっており、試用期間を超えると、Cydiaで$4.00払わないと継続利用が出来ません。

そこで、ここでは無料アプリのPC/Mac用iExplorerを使う方法を書きます。
iFileのほうがいろいろな意味で便利(Unlock TicketファイルをiPhoneの一時フォルダーに保存しておき、iPhone内でファイルを移動できる)だとは思いますが、ご了承ください。

この記事で基本的な方法を学んだ後は、iFileを使う/iFileとDropBoxを使う、など、ご自分で色々で便利な方法を考案して使ってください。

追記:
SAMのunlock ticketバックアップ/復元の為の簡単アプリ(無料)が、Cydiaでダウンロードできるようになったようです。
アプリ名はCookieで、BigBoss レポジトリーからダウンロードできるようです。
脱獄アプリ「SAMPrefs」による全iPhone(全バージョン)のSIMロック解除 – 2012年4月29日
 
 

 手順目次:
■ 準備: iExplorerをダウンロードし、インストールする
■ Unlock Ticketバックアップファイルを解凍する
■ iExplorerを実行して、unlock ticketをPC/MacからiPhoneへコピーする
■ 使用するSIMを挿入し、iPhoneの電源をオフ⇒オンする
 
 

 準備: iExplorerをダウンロードし、インストールする 

iExplorer ダウンロードページ
にアクセスし、Mac版またはWin版の「DOWNLOAD」ボタンをクリックして、iExplorerソフトをダウンロードします。

 


 

ダウンロードしたファイルを実行し、iExplorerをインストールします。

 


 


 


 


 


 


 


 

手順目次へ戻る
 
 

 Unlock Ticketバックアップファイルを解凍する

redsn0w 0.9.10b8bのプログラムフォルダーに保存されたUnlock Ticketファイル(ZIP圧縮ファイル)を、(複数ある場合は)それぞれ別々のフォルダーに解凍します。

 
 


 
 
 

手順目次へ戻る
 
 

 iExplorerを実行して、unlock ticketをPC/MacからiPhoneへコピーする

iPhoneを、USBケーブルに繋げて、PC/Macに繋げます。

iExplorerを実行します。

 


 


 

フォルダー・ツリーを開いて、iPhone内の/var/root/Library/Lockdown/ をハイライトします。

 


 

別途、先ほどのPC/Macのハードディスク上、これから使うSIM用のUnlock Ticketファイルを解凍したフォルダー内の、var/root/Library/Lockdown/ フォルダーをハイライトします

 

PC/Macの解凍したフォルダーの var/root/Library/Lockdown/フォルダー内のファイルとサブフォルダー全てをハイライト(選択)します。

 

PC/Macフォルダーから、iExplorer内の/var/root/Library/Lockdown/フォルダーにドラッグします。
警告メッセージに「OK」をクリックします。

 

続いて、ファイルごとに上書き警告メッセージが出ますが、全て「OK」をクリックします。
(「OK」の位置が途中で左右移動しますので、注意してください。ゆっくり画面を見ながら、「OK」をクリックしてください。
もし間違えて「Cancel」を一度でもクリックしたら、ワンステップ戻って、もう一度PC/Macの全ファイルをiExplorerフォルダーにドラッグするところから繰り返してください。)
保存されているファイル数によって違いますが、約20ファイル(20回)、「OK」をクリックします。

 

PC/MacからiPhoneへの上書きコピーが終了します。

 

iPhoneを、USBケーブルから外します。

手順目次へ戻る
 
 

 使用するSIMを挿入し、iPhoneの電源をオフ⇒オンする

復元したUnlock Ticketファイルに対応したSIMを、iPhoneに挿入します。

 

電源をオフにします。

 


 

電源をオンにします。

 


 

画面左上の電波信号のところが「検索中(Searching…)」と表示され、・・・

 

キャリアの表示に変わります。

 

これで、電波を掴み、通信が可能になります。
 
 

手順目次へ戻る
トップへ戻る











――<●>――
関連すると思われる記事:

5 comments to バックアップしたSAM Unlock TicketをiPhoneに戻して、対応SIMで使用する方法

  • 4WD-i

    いつもとても参考にさせていただいております。
    インド駐在中の4WD-iと申します。
    ソフトバンクiPhone4で
    SAMアンロック成功、
    redsn0wでアンロックチケット保存を
    しました。
    その後、iOS4.3.3⇒5.0.1の作業で
    どつぼにはまり、
    その間にAppleによる対策実施。
    その後5.0.1化に成功しましたが、
    この状況でチケットを
    書き換えることによって
    再度アンロックは
    可能になるのでしょうか?

    現在ベースバンド4.10.1を保持して
    Gevey ULTRAとfurious modで
    Vodafone IndiaのSIMを
    普通に使えていますが、
    やはりバッテリーのもちを考えると
    Gevey無しで使いたいと思っております。
    お忙しいところお手数ですが、
    ご教示のほど、
    よろしくお願いいたします。

    [返信]

    管理人 返信:

    同じiPhone本体と、同じSIMの組み合わせであれば、Unlock Ticketが使える、と書いてある記事はありますね。

    私なら、

    1.今、Geveyで使っている状態で、redsn0wでファイルをバックアップする。(最悪の場合、これをiPhoneに戻せば、Gevey+現行SIMで使える、という理由。このファイルが無くともGeveyで使えるように戻すことは出来るだろうが、このファイルがあったほうがおそらく手順が簡単。)

    2.Geveyを外した状態のSAM Unlock TicketをiPhoneに戻してみる。

    3.Gevey板の無いトレイにSIMを装着して、iPhoneに挿入。電源をオフー>オンしてみる。

    これでうまくいけば、もうけもの。
    うまくいかなければ、Geveyを使っている状態のバックアップをiPhoneに戻して、Geveyで再度使ってみる。

    [返信]

    4WD-i 返信:

    管理人様

    早速の返信ありがとうございます。

    上記で試してみます。

    結果がわかりましたら報告させていただきます。

    いつもありがとうございます!

    [返信]

    4WD-i 返信:

    管理人様

    iOS4.3.3で取得したUnlock Ticketを
    iOS5.0.1にアップした同じ機種に入れてみました。
    (4.10.1のベースバンド保持)

    iExplolerでUnlock Ticketを導入。
    見事Geveyなしで電波を拾い、通話、データ通信もできました!

    ただ、その後iTunesに接続したところ、
    エラーが発生し、iPhoneを認識しなくなりました。

    その後Geveyで使っていたUnlock Ticketを
    iExplolerで戻そうとしたところ、
    iPhoneを認識せず。
    (iTunesで認識されないとだめなようですね)

    結局4.10.1ベースバンドを保持した状態で
    再度5.0.1へ復元。

    Gevey ULTRAとFurious modの組み合わせに
    戻しました。

    結論として、同じ機種、同じSIMカードであれば
    iOSが違ってもUnlock Ticketは使えます。

    ただ、インドのSIMが使えるのはいいですが、
    やはりiTunesに接続できないのはつらいです。

    いろいろご指導いただき、ありがとうございました。

    [返信]

    管理人 返信:

    自分ははじめっから5.0.1(ソフトバンクiPhone 4)なので、SAMでUnlockした後に「アップグレード」という行為をしていないから環境が違うと思うのですが、今日は何度もSIMを取替え、iTunesに繋げてみましたが、特に問題は無かったです。

    iTunesに繋げるたびにアップルのアクチ・サーバーに接続して、そのたびに「このiPhoneに挿入したSIMはサポートされていないようです。」メッセージが出ると予想していたのですが、それも無いです。

    どうしてでしょうかね。

    [返信]

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>