redsn0w 0.9.10b7でiPhone 4S/iPad2 iOS 5.0.1を脱獄する手順


- Old Counter



昨日、redsn0w 0.9.10b7がリリースされましたが、これを使ってiPhone 4S iOS 5.0.1を脱獄(Jailbreak)しましたので、その手順を記録します。

 

まず、ダウンロード先は、
Windows版 0.9.10b7.zip
Mac OS X版 0.9.10b7.zip

ダウンロードしたら、解凍しておきます。

繰り返しますが、以下の手順は、iPhone 4SとiPad 2 (A5 CPU搭載機)のJailbreakの手順です。
iPhone 4/3Gs/3G、オリジナルiPadなど、A4以下のCPU搭載機の脱獄は、手順は
redsn0w 0.9.10b3でiPhone 4/3Gs/iPod Touch/iPad iOS 5.0.1を脱獄する手順 – 2011年12月30日
と同じです。

また、iOS 5.1はまだ紐付き(tethered)脱獄になります。
 
 

ここで脱獄したのは、iPhone 4S CDMA2000(Sprint版) iOS 5.0.1です。

解凍したredsn0w 0.9.10b7を実行します。

 

iPhone 4Sの電源を入れたまま、USBケーブルでPCに繋げます。
redsn0w 0.9.10b7のメインメニューで、「Jailbreak」ボタンをクリックします。

 

iPhone 4SにMobile Configuration (設定プロファイル)が転送されます。

 

もしここで以下のような画面が出て、「If you have an iPhone 4S or an iPad 2, please connect it in normal mode (iTunes mode) now.」と表示された場合、「<Back」ボタンをクリックして、一度、iPhone 4S(iPad 2)をケーブルから外し、電源が入っている状態を確認し、再度接続しなおし、redsn0wのメインメニューの「Jailbreak」ボタンを押してみてください。
あるいは、ケーブルを繋げたまま、iPhone 4Sの電源をオフ/オンし、redsn0wのメインメニューの「Jailbreak」ボタンを押してみてください。
それでもダメなら、redsn0wを終了し、再起動して見ます。
※ 筆者も、何度もやり直しているうちに、(上の)正常な処理画面に到達しました。

 
 

すぐに画面に指示のポップアップが出ます。

 

PCのポップアップ画面指示通り、(USBケーブルを繋げたまま)、iPhone 4S画面で「Install」をタップし、

 

「Install Now」をタップし、

 

「Next」をタップし、

 

「Done」をタップします。

 

ネットワーク・プロファイル(VPN用)がインストールされます。

 

PCのredsn0w側で処理が継続されます。

 


 

「Please turn on the VPN Settings to trigger the jailbreak install.」というポップアップがPCのredsn0wの画面に表示されます。

 

iPhone 4SでVPNを起動させます。
ホーム画面に進み、

 

「設定(Settings) ⇒ 一般(General)」」画面に進み(戻り)、「ネットワーク(Network)」をタップします。

 

「VPN」をタップします

 

「VPN」を「オン(ON)」に変えます。

 

うまくいけば、VPNのステータス(Status)がConnecting…からStarting…に変わります。

 

VPNの接続が確立すると、残りのJailbreakの手順がPCで自動的に継続され、「Jailbreak was successfully installed.」というメッセージが表示されます。

 

無事にiPhone 4Sの脱獄(Jailbreak)が終了し、Cydiaがインストールされました。

 

※ 最後のステップで、iPhoneでVPNをオン(有効)にする手順がうまく出来ず、VPNが開始しないことがあります。
その場合は、PC側が

 

の画面から先に進みません。
このときには、このポップアップの右上の「X」をクリックし、redsn0wのプロセスを「Cancel」し、再度redsn0wの起動からやり直してください。
筆者も、何度も(10回くらい)色々いじってはやり直して、最終的にはVPNがうまく接続でき、残りの手順がPC側で自動的に開始され、脱獄がうまくいきました。











――<●>――
関連すると思われる記事: