Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年11月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


Nexus OneのアンドロイドOSをダウングレード(クリーン再インストール)


- Old Counter



実はこんなことをするつもりはまったく無かったのですが・・・

「Googleプレイストアのハッキング版を使うと、自分の住んでいる国以外でダウンロードできるアンドロイド・アプリを、ダウンロードできるようになる」と言う記事を見つけたので、それを試して皆さんに報告しようと思って、やってみました。
Redmond Pie:Tweaked Google Play Store App v3.5.16 For Android Removes Country Restrictions – 2012年4月16日
xda-developers Forum thread:[APK] Google Play Store v3.5.16 + MOD – 2012年4月4日

結論から言うと、
1.Googleプレイストアのハッキング版に入れ替えても、日本でしかダウンロードできないアプリが表示されるようになったかどうかが、良く判定できなかった。
2.xda-developersの当該スレッドにも何人かから報告されているような、「プレイストアから何かをダウンロードしようとすると、プレイストアがクラッシュする」現象が発生した。

使用した端末は、Nexus One アンドロイドOS 2.3.6、ルート化済みです。
特に、2.のおかげで、何度も「プレイストアのメモリーキャッシュをクリア ⇒ プレイストアをアンインストールし、インストールし直す(プレイストア/アンドロイドマーケットのバージョンも、いくつか試した。)」を繰り返しても、現象は直らず、ほぼ半日を無駄に費やしてしまいました。

ということで、この『「Google Play Store v3.5.16 + MOD」をインストールしてのダウンロード国制限を取り除く』ソリューションは、少なくともNexus Oneでは不成功に終わっただけでなく、あとあとプレイストアに問題が残りました。自分でお試ししたい方は、リスクを承知で試しましょう。機種やOSバージョンにもよるのでしょうが・・・

原因はおそらくMarket Updaterモジュールなどの周辺関連モジュールとのバージョン不一致なのだと思います。が、アンドロイド開発者ほどの深い知識は持っていない筆者にはどのモジュールが問題なのか断定できないし、一つのモジュールだけではないかもしれません。また、そのモジュールだけアップデートする方法も知りません。

で、何度プレイストアだけ再インストールしても、このプレイストアの障害が解決しないので、結局、このNexus OneのアンドロイドOSをワイプアウトして、新しくフレッシュ(クリーン)に再インストールしかない、と判断しました。

以下、備忘録にその手順を書き留めます。

なお、この端末はテスト用の端末なので、特に大事なデータは入っていません。
日常使用している端末の場合は、この手順を行う前に、必要なデータやアプリのバックアップをしてください。
この操作の後、Nexus One上の内部メモリーのデータは全て失われて初期化されます。(/sdcardフォルダー内のデータは、残ります。)
 
 

ステップ1:PCにNexus OneのUSBドライバーをインストールする。

通常、Nexus OneをUSBケーブルでPCに接続するとUSB外付けHDドライバーとADBドライバーがインストールされると思うのですが、ADBドライバーが自動でインストールされない場合は、
Nexus One (2.3.4 – GRJ22)をルート化しました – 2011年6月4日
のページ1~3、特にページ3を参照してください。
 

ステップ2:OS入れ替えのリカバリー・プログラム(リカバリー・イメージ、Recovery Image)を実行するため、Nexus OneのBootLoaderをアンロックする。

これに関しては、
Nexus One (2.3.4 – GRJ22)をルート化しました – 2011年6月4日
のページ1~6、特にページ5・6を参照してください。

BootLoaderのアンロックは、一度すれば(再ロックするまで)その状態は維持されます。
問題のNexus Oneも、上記記事を書いたときに既に「BootLoaderのアンロック」は済ませているので、今回は不要でした。
 

ステップ3:新しくフレッシュ(クリーン)にインストールしたいアンドロイドOS(目的によっては、カスタムOSでも良い)を、ダウンロードする。

Nexus Oneのストック・アンドロイドOSは、以下のサイトからダウンロードできます。
xda-developers Forum WiKi:HTC Nexus One/Roms
筆者は、このリストの中では本日現在一番新しい「GRI40 (アンドロイドOS 2.3.3)」をダウンロードして使うことにしました。

このOSファイルは、拡張子が「.zip」です。解凍せずに、そのままNexus Oneにあとでコピーします。
 

ステップ4:リカバリーイメージをダウンロードする。

Clockwork Recovery Imageを使います。
Nexus One (2.3.4 – GRJ22)をルート化しました:ページ7 – 2011年6月4日

このサイトにもミラーしておきます。ここから圧縮ファイルをダウンロードして、解凍してください。
NexusOneRecoveryImage.zip – 2.83Mbytes
(ダウンロード後、解凍すること。)
 

ステップ5:Fastbootコマンドをダウンロードする。

Clockwork Recovery ImageをNexus Oneにプッシュする為に使うFastbootコマンドをダウンロードします。
Nexus One (2.3.4 – GRJ22)をルート化しました:ページ5 – 2011年6月4日

このサイトにもミラーしておきます。ここから圧縮ファイルをダウンロードして、解凍してください
fastboot.zip – 1.41Mbytes
 

以上で準備完了。
ここからが実際の作業です。
 

ステップ6:OSファイルをNexus Oneの/sdcardにコピーする。

通常の「携帯(Nexus One)をUSB外付けドライブとしてPCに接続する方法」で、USBケーブルでNexus OneをPCに接続します。
そして、ステップ3でダウンロードしたOSファイル(zipファイル)を、Nexus Oneのメモリー(/sdcard)のどこかにコピーします。
 

ステップ7:リカバリーイメージをNexus Oneにプッシュ(フラッシュ)する。

Nexus OneをUSBケーブルでPCに繋げたまま、電源をオフにします。

ここからは、
Nexus One (2.3.4 – GRJ22)をルート化しました:ページ8 – 2011年6月4日
の中ほど、「2.リカバリーイメージをNexus Oneにフラッシュ(転送コピー)する」からと同じです。

Nexus Oneの電源が落ちている状態で、トラックボールと電源ボタンを同時に押し、・・・
 
Fastbootモードにします。

PCでDOSコマンド・ウィンドウを開け、ステップ5でダウンロード/解凍したFastbootフォルダーに移動します。

なお、ステップ4でダウンロードしたリカバリー・イメージ・ファイル、recovery-clockwork-3.0.0.5-passion.img、をこのフォルダーに保存していることを確認してください。(保存していなければ、ここにコピーして下さい。)

DOSコマンド・ウィンドウ内で、「fastboot-windows flash recovery recovery-clockwork-3.0.0.5-passion.img」とコマンドを入れ、実行します.
長いので、スペル間違いの無いように、事前にDOS バッチ(.BAT)ファイルを作っておいたほうが良いですね。
(アンドロイドSDK内のコマンドを使う場合は、「fastboot flash recovery recovery-clockwork-3.0.0.5-passion.img」。)

リカバリー・イメージ・ファイルがNexus Oneにflash(転送)されます。

Nexus Oneの電源を落とさずに、そのまま次の(最後の)ステップに進んでください。

(リカバリー・イメージは、再起動すると、Nexus Oneのメモリーから消えます。再度、リカバリー・メニュー・オプションを表示したい場合は、リカバリー・イメージ・ファイルをまたNexus OneにFlash(転送)する必要があります。)
 

ステップ8:リカバリーイメージからOSをインストールする。

現在、画面はFastbootモードの状態です。この状態で電源ボタンを押すと、・・・
 
HBOOTモードに画面が切り替わります。
 
2、3秒してハードブートが実行されます。
 
HBOOTメニューが再表示されます。
音量ボリュームの下げるボタンを押して、「RECOVERY」をハイライトし、電源ボタンを押します。
 
リカバリー(Recovery)メニューへの起動が行われます。(少し時間【約20秒】が掛かります。)
 
リカバリーメニューが表示されます。音量ボリュームの下げるボタンを押して、
 
データを初期化するために、「Wipe data/factory reset」を選択し、トラックボールを押します。
 
サブメニューが表示されます。音量ボリュームの下げるボタンを押して、「Yes -- delete all user data」を選択し、トラックボールを押します。

「Wipe cache partition」を選択し、トラックボールを押します。
 
サブメニューが表示されます。音量ボリュームの下げるボタンを押して、「Yes - Wipe Cache」を選択し、トラックボールを押します。 

「Install zip from sdcard」を選択し、トラックボールを押します。

サブメニューが表示されます。「choose zip from sdcard」を選択し、トラックボールを押します。

音量ボリュームの下げるボタンを押して、ステップ6でPCからNexus Oneの/sdcardにコピーしたOSファイルを選択し、トラックボールを押します。
 
サブメニューが表示されます。「Yes - Install (OSファイル名).zip」を選択し、トラックボールを押します。

アンドロイドOSのクリーンインストールが始ります。
数分して、選択したバージョンのアンドロイドOSがNexus Oneにクリーンに再インストールされ、Nexus Oneは再起動します。
 
 

以上で、アンドロイドOSの再インストールが完了です。

Nexus One起動後、必要に応じて「Settings ⇒ About Phone ⇒ System updates」でアンドロイドOSの最新版へのOTAアップデートを行います。
 

これで、Gggoleプレイストア内のアプリダウンロード時のクラッシュ問題も、無事解決しました。
 

備考:再起動/OTAアップデート後、Nexus Oneのv2.3.6は、ルート化はSuperOneClickで簡単に出来ました。
SuperOneClickの使い方は、
T-Mobile USA Samsung Dartをroot化しました:SuperOneClickルート化ツールの使い方 – 2012年3月31日
を参照してください。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>