AT&TのiPhone SIMロック解除手続きが明らかに


- Old Counter



AT&Tが「2年契約束縛終了後」のiPhoneの無料SIMロック解除を開始した初日の2012年4月8日、早速、その体験を記述したオンラインニュースが出ています。
The Next Web:AT&T’s iPhone unlock process detailed: Up to 5 devices, Apple does the unlocking, requires IMEI only – 2011年4月8日

基本的には、

1.AT&Tのショップ、または、AT&Tのオンラインチャットで、SIMロック解除したいiPhoneのシリアル番号(IMEI番号、iPhoneの「Settings>General>About」で見つかる。)と、自分のEメールアドレスを伝える。

2.AT&Tが、そのiPhoneのSIMロック解除のエリジビリティーをコンピューターでチェックする。
この時にまだAT&Tと契約が継続している場合は、未払い・遅延などが無いかどうかチェックされます。
古いiPhoneで、既に現在、AT&Tとの契約が無い場合は、IMEI番号からiPhoneのデータベースをチェックして、オリジナルの購入日、解約日、解約までの経過、などをチェックしてエリジビリティーを決めるそうです。

3.AT&Tがアップルに連絡。

4.72時間以内にメールアドレスでアップル AT&Tからリモートアンロック完了の通知が来る。
一部にはその場でアンロック指示が来て、すぐにSIMロック解除できた人も居るらしい。
SIMロック解除をリクエストする人がオリジナルの購入者でない場合などは、社内での承認が必要なので、4月16日まで時間が掛かる、と言われた人も居るらしい。、

5.通知が来たら、そのiPhoneをPCのiTunesに接続する。最新のiOSで復元する。(復元前にバックアップを取って、復元後、「バックアップから復元する」で設定とデータを戻す。)このときに使うアクティベーションSIMは、どこのSIMでも良い。

となります。

※ 復元する代わりに、『iPhoneに他社SIMを挿入し、PCのiTunesを起動し、USBケーブルでiPhoneをPCに繋げると、「Congratulation・・・」のメッセージがiTunesに表示されて、SIMロック解除プロセスが終了する、というレポートもあるので、復元する前にそれもお試し下さい。iOSを復元すると、たとえデータを「バックアップから復元」しても、Eメールはその時にメールサーバーに残っているEメールしか戻りません。

最後の手順は、以下の記事内容と同じになるはずです。
をぢの日記:【iPhone】怪しい公式SIMロック解除サービスを使ってみた – 2011年4月16日

対象となる機種は、
● 購入後2年契約束縛を過ぎているiPhone、
または、
● 早期解約料($325-$10x契約期間経過月数)を払って解約しているiPhone、
または、
● アップグレードによって以前の2年契約束縛が完了したもの。

(注意:アメリカでは「端末代の分割払い」と言うのは、ありません。2年契約に同意すると、端末代が割引かれて最初に一括払い。2年契約束縛無い契約だと、端末代が割引かれないで、フルの定価で購入し、一括払い。どちらの場合も、最初に一括払いです。
2年契約束縛では端末代割引きになりますが、契約終了前に解約されると、キャリアが契約時の割引き分を損する。したがって、「早期解約者は、契約時の割引き分をペナルティーとして返せ」というのが、アメリカの早期解約料の趣旨です。
2年契約束縛でも、束縛無しでも、毎月払う通信料は同じです。特に「2年契約束縛有り」が安いということは、ありません。
余談ですが、2年契約が終了すると、その後いつでも機種変や早期解約料無しでキャンセルできます。日本のように1ヶ月間だけと言うことはありません。ただし、機種変で機種代割引きを使うと、そこからまた2年契約が始まります。)

最後の条件の場合の解釈は、
(1) 早期アップグレードで、フルプライスで購入した新機種の方
(2) 早期アップグレードで、フルプライスで新機種を購入して新たにその時点で2年契約を交わした場合の、古い機種の方
のどちらにも解釈できますが、どちらなのかは不明です。(この場合に該当する人は、AT&Tのカスタマーサービスに直接聞いたほうが良いでしょう。)

iPhone 4は2010年6月24日に発売されており、iPhone 4Sは2011年10月14日ですから、この発売時にiPhone 4/4Sを2年契約で割引価格で購入した人は、まだSIMロック解除権利はありません。

もちろん、早期解約料を払えばSIMロック解除してもらえますが、2010年6月にiPhone 4を購入した人は$115、2011年10月にiPhone 4Sを購入した人は$275、それ以降に購入した人はもっと高い金額を払うことになります。

フルプライスでiPhone 4/4Sを購入した人は、初めからUnlocked GSM/W-CDMA版を購入しているであろうから、対象外ですね。

つまり、普通の人は対称になるのは、iPhone 3GsとiPhone 3G(と、まだ持っている人が居れば、オリジナルiPhone)になります。
あるいは、アメリカ国外への引越しなどの理由で、早期解約料を払って解約しているAT&T版iPhone 4や4S。

また、一人でSIMロック解除をリクエストできる携帯の数は、1年間に5台までだそうです。
 
 

※ 筆者もAT&T契約だったSIMロックされたiPhone 3G(これは、既にベースバンドを6.15.00に上げてある。)、iPhone 3Gsがありますが、別途香港版SIMフリーiPhone 3Gsも持っています。
実験の為にはSIMロック版とSIMフリー版が必要なので、AT&T版iPhone 3Gsはそのままにしておくつもりです。

読者の中でAT&T版iPhoneのSIMロック解除体験談があれば、コメントを投稿してください。
こちらのサイトには、掲示板でいろいろな人がAT&T iPhoneアンロックの体験談を報告しています。
iMore Forums – AT&T Unlockスレッド
 
 

追記:
読者の依頼でiPhone 4のSIMロック解除の手続きを代行しましたので、以下、その様子です。

ステップ1:AT&Tのオンライン・サポートページにアクセス。
AT&T Wireless Support Page

画面右側の「Wireless Support Chat」の「Check availability >」をクリックします。

 

AT&TアカウントのオンラインID(通常、電話番号)とパスワードを入力し、「Log in」します。(先にログインしていれば、この画面はスキップすると思います。)

 

「Technical Support」の右横の「Chat now」をクリックします。

 

チャット・ウィンドウに氏名、称号(Mr/Mrsなど)、携帯電話番号、アカウント所有者氏名、ソーシャルセキュリティー番号の下4桁、オンラインアカウントのパスワード、を入力します。
そして、アンロックしたい携帯のメーカーとモデル名(「Apple iPhone 4」など)を記入し、「How may we assist you today?」欄に「I would like to have my iPhone unlocked.」と書き、「Start Chat」ボタンをクリックます。

 

チャットが始って・・・

 

聞かれるのは、iPhoneのIMEI番号と、メールアドレスだけ。
おそらく向こうも余りにも多量のリクエストが来ていて、淡々と機械的に処理しているように思えます。

このiPhoneはオークションサイトで入手したiPhone 4の為か、すぐに可否の返事は無く、「The case number is CM20120411_xxxxxxxx and you will receive an email on 04/19/2012 with the unlock code.」の返事があって、それでチャットはおしまいです。

 

あとは忍耐強くEメールが来るのを待つだけです。

・・・ということで、チャットでは、AT&Tのアカウントが無いと、iPhoneのアンロックリクエストは出来ないようですね。
 
 

追記2:
2011年4月11日午後12時20分頃にAT&Tにチャットで、読者が日本でeBayで購入したiPhone 4のSIMロック解除をリクエストして、2日後の2011年4月13日午後6時52分にAT&Tからめでたく「iPhoneのSIMロック解除にeligibleです。以下の手順でSIMロック解除の操作を完了してください。(以下、省略)」のEメールが届きました。

 

このメールには「PCのiTunesでバックアップ⇒復元⇒バックアップから復元」の手順がAT&Tから指示されていましたが、「AT&T以外のSIMをiPhoneに挿入する⇒PCのiTunesに接続する」だけでSIMロック解除が確認されたようです。(AT&Tとしては、「他社SIMを挿入しなさい。」とは書けないでしょう。)


 











――<●>――
関連すると思われる記事: