デュアルSIM切替え装置Q-SIMは、iPhone 4S/iOS 5.1でも使える。


- Old Counter



もうかなり前からある(少なくとも1年以上前からある) 「iPhone 4用デュアルSIM切替え装置 Q-SIM」ですが、iPhone 4S (GSM/W-CDMA、CDMA2000、両方とも)のiOS 5.1でも脱獄無しで使えることを、確認しました。

 

これまでこのサイトではデュアルSIM同時発着信可能な装置を紹介してきました。
iPhone 4用同時着信デュアルSIM装置、2Phoneを使ってみた – 2011年9月19日
Skyroam Gmate(同時デュアルSIM装置)の使用報告、その1:iPhone編 – 2011年11月6日

そして、上記2つのデュアルSIM同時発着信可能な装置を組み合わせると、iPhone 4/4S 1台で3つのSIMが同時に発着信可能になることも検証しました。
iPhone 4 + 2Phone + Skyroam GMate = 3つのSIM同時発着信 – 2011年12月29日

しかし、これらの装置は
● iPhone 4/4Sを脱獄して、装置を使用するための脱獄アプリのインストールが必要である、
● 2つ目のSIMを使用するための装置は、2G GSMのみに対応している(iPhone 4/4S本体に挿入したSIMは、3G対応可能)ので、日本(と韓国)では使えない、
というデメリットがありました。

しかし、メリットとしては
● iPhone 4/4Sは、SIMフリーである必要は無い、
● 2つのSIMで、同時発着信が可能である、
でした。これは、2Phoneにしても、Skyroam Gmateにしても、それぞれが2G GSM携帯電話機能があり、画面とキーボードとマイクとスピーカーのみをiPhone本体と共用していたからです。

これに対してQ-SIMは、「2枚のSIMを、必要に応じて単に切り替える」だけの装置で、同時発着信は出来ませんが、
● iPhone 4/4Sを脱獄する必要は無い、
● 同じキャリアのSIM2枚を使用するのであれば、iPhone 4/4SをSIMロック解除する必要も無い、
● 2枚のSIMのどちらも、iPhoneの携帯機能を利用する(同時には使えないが・・・)ので、どちらのSIMも3G回線で利用できる、
● 基本的には「1枚のSIMに、デュアル(2つの)電話番号を持つSIM」の機能を装置でシミュレーションしているだけなので、(恐らく)将来iPhone 4/4SのiOSがアップグレードしても、永久に使えるであろう、
● これから発売の新iPhoneでも使えるであろう、
● iPhone 3Gs/3G版もある、
というメリットがあります。

ただし、違うキャリアのSIM2枚をQ-SIMで使用する場合には、iPhoneはSIMロック・フリーである必要があります。

「Q-SIM Dual SIM Card Adapter for iPhone 4」のパッケージには、Q-SIMアダプターと、iPhone 4/4S用ケースが入っています。

 

私が買ったのは昨年夏ごろでiPhone 4S発売前だったのか、ケースの左上側面の消音ボタン・ボリューム装置用の穴がiPhone 4で、iPhone 4Sに使うとボリュームボタンが少し接触します。が、はめた後に力を少し加えてケースをズラすと、使用には支障がありませんでした。
iPhone 4SでQ-SIMを使うときには、場合によっては自分でケースの消音ボタン/ボリュームボタンの穴を工具で少し大きくしないといけないかもしれません。ほんの1~2ミリですが・・・

 

なお、iPhone 3G/3Gs用のQ-SIMも販売されています。iPhone 3G/3Gs用は、ケースが付いて来ません。
Rebel iPhone 3G/3GS Dual sim Adpater

下の写真は、左側がiPhone 4(4S)用 Q-SIM Dual SIM Adpater、右側がiPhone 3G/3Gs用 Rebel(Q-Power、Q-SIM) Dual SIM Adpaterです。

 
 

■ SIMと、Q-SIM Dual SIM Adapterの装着の仕方(iPhone 4/4S用)

ステップ1: SIMトレイをiPhone 4/4Sから抜き出します。

 

ステップ2: Q-SIM Dual SIM Adapterと、第2のSIM(標準SIM)を並べます。

 

ステップ3: Q-SIM Dual SIM Adapterに、第2のSIM(標準SIM)を横から滑らして挿入します。

 

ステップ4: Q-SIM Dual SIM Adapterのフレキシブル・リボンのマイクロSIMサイズ側を、iPhone 4/4SのSIMトレイの下からくぐらします。そして、フレキシブル・リボンの端の欠けている角をiPhone 4/4SのSIMトレイの欠けている角に合わせ、SIMトレイにきっちり嵌めます。

 

ステップ5: 使いたいマイクロSIMを、iPhone 4/4SのSIMトレイに嵌めたQ-SIMの上にきっちり乗せます。

 

ステップ6: Q-SIMのフレキシブル・リボンを、iPhone 4/4SのSIMトレイの枠の、挿入時に内側になる部分で曲げて、折り返します。この時にフレキシブル・リボンができるかでピッタリSIMトレイの枠に沿って曲がるように、指で軽く押し付けながらフレキシブル・リボンを曲げます。

 

ステップ7: Q-SIMアダプターを装着したSIMトレイを、iPhone 4/4Sに挿入します。

 

SIMトレイをゆっくりiPhone 4/4Sに押し込みます。

 
 

■ SIMと、Q-SIM Dual SIM Adapterの装着の仕方(iPhone 3G/3Gs用)

ステップ1: SIMトレイをiPhone 3G/3Gsから抜き出します。

 

ステップ2: Q-SIM Dual SIM Adapterと、第2のSIM(標準SIM)を並べます。

 

ステップ3: Q-SIM Dual SIM Adapterに、第2のSIM(標準SIM)を横から滑らして挿入します。

 

ステップ4: Q-SIM Dual SIM Adapterの反対側の端にある接着部分を覆っている紙を外します。

 

ステップ5: Q-SIM Dual SIM Adapterのフレキシブル・リボンのマイクロSIMサイズ側を、iPhone 3G/3GsのSIMトレイの上から嵌めます。

 

ステップ6: 使いたい標準SIMを、iPhone 3G/3GsのSIMトレイに嵌めたQ-SIMの上にきっちり乗せます。トレイの下の部分のQ-SIM接着部分がSIMに張り付くように、指で挟んで圧力を掛けます。
これをしないと、組み合わせたSIMトレイをiPhone 3G/3Gsに挿入するときに、Q-SIMフレキシブル・リボンの端が中で引っかかることがあります。

 

ステップ7: Q-SIMアダプターを装着したSIMトレイを、iPhone 3G/3Gsに挿入します。

 

SIMトレイをゆっくりiPhone 3G/3Gsに押し込みます。

 
 

■ Q-SIM Dual SIM Adapterの装着後

Q-SIM Dual SIM AdapterをiPhoneに装着した後、iPhoneのキャリア信号部分が「No SIM (SIM無し)」から

 

「圏外(No Service)」に変わり、

 

暫くすると、どちらかのSIM(一番最初の時のデフォルトは、iPhone内部に挿入したSIM)のキャリアの名前が表示されます。

 

もし、キャリアの名前が表示されないようであれば、iPhoneの電源ボタン(右上)を3秒以上長押しし、電源を落とし、再度電源を入れて見てください。
それでもキャリア名が表示されない場合は、トレイがきっちり挿入されているかどうかを確かめたり、SIMはQ-SIMの接触を確かめてください。
 
 

■ SIMと、Q-SIM Dual SIM Adapterの切り替えの仕方

Q-SIM Dual SIM Adapterは、2つのSIMを切り替えて、どちらか一方を使うための装置です。
同時に2つのSIMを使うことは出来ません。

SIMの切り替えは、「設定(Settings)⇒」

 

「電話(Phone)⇒」

 

「SIM App (SIM Application)⇒」で、

 

Q-SIMアプリケーションを表示し、「Switch Number」をタップし、

 

使用するSIM、「SIM1」(iPhone内部に挿入されたSIM)か「SIM2」(iPhone外側に装着したSIM)のどちらかをタップします。
現在選択されているSIMは、SIMの名前の前に「*」マークが付いています。
使用するSIMを切り替えずにそのままにしたい場合は、「Cancel」をタップします。
使用するSIMをタップして切り替えると・・・

 

Q-SIM SIMアプリケーションメインメニューに戻り、

 

左上のキャリア信号部分が「圏外(No Service)」に変わり、

 

「検索中・・・(Searching・・・)」に変わり、
 
 

瞬間的に「圏外(No Service)」が表示され、

 

選択したSIMのキャリアに繋がり、キャリア名が表示されます。

 

これでSIMが切り替わって、選択したSIMでの発着信が出来ます。

もし、SIM ApplicationメニューでSIMを切り替えたにもかかわらずキャリアが変わらない場合には、iPhoneの電源を一度消し、再起動させましょう。

もう一方のSIMに切り替えるには、同じ操作を行います。

本来、Q-SIMのようなデュアルSIM「切替え装置」では、同時に2枚のSIMで発着信はできないので、主に使用しない方のSIMの着信は、使用する方のSIMの電話番号に転送しておくのが普通です。

しかし、国を超えての転送(国際電話での転送)は出来ないことが多いので、2枚のSIMの国が違う場合などは転送できません。
 
 

■ Q-SIM Dual SIM AdapterのAuto Switch (Auto/SW)設定と、使用方法

Q-SIMメニュー(「設定(Settings) ⇒ 電話(Phone) ⇒ SIM App (SIM Application)」)で、「Auto/SW」を選択(これを選択している間は「*」が「Auto/SW」の前に付く)すると、一定時間(デフォルトは3分)毎に自動的にSIMが切り替わります。

 


 


 


 


 


 


 


 

この「Auto/SW」モードは、2つのSIM間での着信転送が出来ない場合に、数分毎に自動でSIMを切り替えて、着信やSMS/テキストメッセージ、そして少なくとも留守番電話(Voice Message)をキャッチして、出来るだけ遅延無く対応しよう・・・という目的の為にあるのですね。

なお、気のせいかもしれませんが、バッテリー残量が20%以下になると「Auto/SW」が機能しないようです。

それから、「Auto/SW」をオンにすると、電池の減りは速いです。
 
 

■ Q-SIM Dual SIM Adapterの「Setup」メニューの使い方

Q-SIMのSetupメニューでは、

 

「SIM1 No.」または「SIM2 No.」をタップすると、

 

電話番号が入力でき、そこで入力した電話番号が、

 

Q-SIMのメインメニューの「Switch Number」をタップしたときに、「SIM1/SIM2」の代わりに表示されます。
 
 

また、「SIM1 time」および「SIM2 time」行と、それぞれの後ろに表示される数字は、「Auto/SW」モードの時のそれぞれのSIMがアクティブな時間(分単位)です。

 

これら行をタップして新しい数字を入力することにより、、「Auto/SW」モード時の各SIMの稼働時間を変更できます。下の写真は、「SIM1 10分⇒SIM2 03分⇒SIM1 10分⇒・・・」と自動切換え(Auto/SW)するように設定した場合です。

 
 

■ Q-SIM Dual SIM AdapterをiPhoneケースと一緒に使う

Q-SIMのフレキシブル・リボンをぶらぶらさせておくわけにはいかないので、フレキシブル・リボン折り込んで裏に回し、iPhone 4/4Sの場合は付属のケースに、iPhone 3G/3Gsの場合も適当なケースを探して、格納しておかないといけません。フレキシブルケースに付いているSIM枠やICが厚みがあるので、それを考慮してケースを選んで下さい。

 


 


 
 


 

いつも同じ2枚のSIMを使う人で、日本と海外などの行き来が多い人は、このQ-SIMを使うことによってSIMの入れ替えせずに切り替えが出来るので、便利かもしれません。
 
 

■ Sprint/Verizon(CDMA2000/GSM/W-CDMA)版のGSM/W-CDMAモードSIMフリー iPhone 4Sで使うときの注意

Sprint/Verizon(CDMA2000/GSM/W-CDMA)版iPhone 4Sで、GSM/W-CDMAモードのSIMロック解除した場合、このQ-SIM Dual SIM Adapterを使っても、GSM/W-CDMAモードで使用できるSIMの利用制限は変わりません。つまり、米国内キャリア(AT&TやT-Mobile USA、そのMVNOなど)のSIMをSIM#2のトレイに挿入して、そのSIMを使用しようとすると、「Activation Required」のポップアップが現れ、

 

「Only compatible SIM cards fom a supported carrier may be used to activate iPhone.」メッセージが画面に表示されます。

 

したがって、SIMロック解除されたSprint/Verizon版iPhone 4SにQ-SIM Dual SIM Adapterを使って、AT&T/T-Mobile USA/そのMVNOのSIMをSIM#2のスロットに挿入しても、意味はありませんので、しないでください。

SIM#2スロットに日本や海外のGSM/W-CDMAキャリアのSIMを挿入するのは、意味があります。











――<●>――
関連すると思われる記事: