AT&TにSIMロックされたiPhoneでは、以下の全てのAT&TのMVNOのSIMが使えます。


- Old Counter



AT&TにSIMロックされたiPhone (iPhone 3G/3Gs/4/4S)には、以下の全てのAT&TのMVNOのSIMが使えます。
● AT&TプリペイドGoPhone SIM (GoPhoneパッケージで$15などの通話クレジットが含まれている場合に、そのパッケージ内の携帯機種本体でアクティベートしたSIMは、ダメ。)
● H2O Wireless (Locus Telecommunications)のSIM
● Red PocketのSIM
● StraightTalk BYOP (Bring-Your-Own-Phone) AT&T回線用 SIM (StraightTalkの携帯本体と一緒に購入したものは、ダメ)
● Net10 BYOP (Bring-Your-Own-Phone) AT&T回線用 SIM (Net10の携帯本体と一緒に購入したものは、ダメ)
● Hanacell (ハナセル) 米国国内用 (月$9.99プラン、プリペイドXプラン) SIM ← 注:2015年2月にT-Mobileに変更したので、新規Hanacell顧客は使えなくなった。
● その他、AT&Tの全てのMVNOで、SIMカードのMCC/MNCが「310/410」であれば、使えます。(MCC/MNCを判読するには、SIMカードリーダーが必要です。)

個人の方でこの事実を知らない人が居るのは理解できますが、最近(2011年12月31日)、以下のようなコメントを頂いたのを一例として、携帯サービス会社までが「(自社はAT&TのMVNOなのに・・・)、自社で販売/提供しているSIMは、AT&TにSIMロックされたiPhoneには使えません。/使えないことがあります。」と明記・明言するのは、いったいどうしたことなのでしょうか?
そもそも業界の人なのに知識が無いのか、それとも、AT&Tに圧力を掛けられているのか・・・でも、SIMフリーのiPhoneには平然と自社のSIMを販売するのだから、何を考えているのか、良くわかりません。
「ももた」さんから寄せられたコメント - 2011年12月31日 11:52

したがって、上記のMVNOのSIMをアメリカ国内で使う場合は、必ずしも高価なSIMフリーiPhoneを新規購入する必要はありません。それどころか、最新モデルに機種変更した際に余ったAT&T iPhoneの古いモデルを、これらの会社のSIMで使用できます。

iPhoneに、AT&T GoPhoneまたはAT&TのMVNO(上記の全てのMVNO)のSIMを挿入すると、通話とテキストはそのままで問題無く、すぐに使えます。
これは、使用するiPhoneが「AT&TにSIMロックされたiPhone」の場合でも、「SIMフリーのiPhone」の場合でも、どちらの場合でも同じです。

ただし、AT&T GoPhoneまたはAT&TのMVNO(上記の全てのMVNO)のSIMを挿入すると、ネット接続の為のAPN設定の画面が表示できません。したがって、APN設定にはAPNChangerを使用し、インストールすれば、インターネット(データ、パケット、Eメール)が使えるようになります。
これも、使用するiPhoneが「AT&TにSIMロックされたiPhone」の場合でも、「SIMフリーのiPhone」の場合でも、どちらの場合でも同じです。

APNChangerの使い方は、
AT&T GoPhone/プリペイドSIMをiPhoneで使う場合のアクティベーションの方法 – ■APNの設定 2011年3月19日
を参照し、使用しているSIMの会社(MVNO)のAPNを選択し、APNChangerで設定します。
他のSIMに変えるときは、APNの設定を削除(Remove)してください。

ところで、このAPNの設定をしないと、データ(パケット)通信は使えません。したがって、Hanacellのようにパケット料金が従量課金制で、3Gでネットを使うと高額請求される場合には、逆にこの設定をしないでおけば、絶対に誤って3Gでデータ(パケット)通信を使うことが出来ずに、音声通話とテキストメッセージしか使えません。ネットは、WiFiが繋がっているときだけは、使えますから、高額請求を心配せずに安心して使える・・・というメリットはあります。

iPhone 3G/3Gsは、標準SIM、iPhone 4/4SはマイクロSIMを使用しています。
それから蛇足ですが、iPadのSIMは、iPad (iPad 1)用もiPad 2用もどちらも、マイクロSIMを使用しています。











――<●>――
関連すると思われる記事: