Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。

年月別



Clear WiMaxを解約後、一時的に使う方法(短期使用の為の再アクティベート手順)


- Old Counter



Clear (ClearWire)の4G WiMaxはアメリカで最初に開始された4Gサービスですが、1年半前から世界は4G通信方式としてLTEを採用する傾向にあり、いまや孤立した4G通信となっています。

カバーしている地域も全米80都市程度しかなく、しかも、そのカバーされている都市内でも信号の強弱のばらつきの目立つ地域もあります。しかも、Clearwire社の現在の経営状態と、同社がより需要の望まれるTD-LTE(2.5GHz)へ今後移行する計画があることから、これ以上米国内でWiMaxのカバー地域が増えることは無いでしょう。(比較:Verizon社は2011年末段階で既に190都市でLTEサービスを開始しています。)

 

ClearWireの最大の株主であるSprint社はClear WiMaxサービスをMVNOとして再販していますが、Sprint自体が4G通信はLTEに移行する計画であり、Clear WiMaxサービスの再販は2012年末で終了することを発表しています。
また、ClearWireの他の株主であるCATVケーブル会社数社もClear WiMaxの再販を行ってきましたが、それぞれの会社の所有する周波数帯域(700MHz)を2011年12月にVerizon社に売って、今後はVerizonのLTEサービスをWiMaxの代わりに再販していくことを発表しています。

このような事情からClearWireの企業としての存続も危ぶまれており、WiMaxサービスそのものも3~4年以内にアメリカから姿を消す可能性も出てきています。

しかしながら、WiMax信号でカバーされている地域であれば最大15Mbpsのダウンロード速度が得られて、また、上記の理由から加入者も他の4大携帯会社よりも少ないので、それなりの快適な速度が得られます。

現に、世界から15万3000人が集中して狭い地域に集まった2012年1月10-13日のラスベガス CESでは、Clear WiMaxは現地での加入者/使用者は少なかったため比較的トラブル無くネットに接続出来たようです。
関連記事:
2012 CES期間のラスベガスのモバイル通信状況 – 2012年1月5日

そこで、カバレッジ地域は少なく狭いものの、バックアップとしてClear WiMax用モバイル通信装置(USB、ポケットWiFi)を持っていれば、月額プランに加入せず、必要なときだけプリペイドで使用することは可能なのでしょうか?

実は、Clearのホームページ
http://www.clear.com/
をアクセスし、画面上のメニュー・タブの「Service Plans」をクリックすると、

 

プラン説明の画面の一番下に、「Need internet for just a few hours or days? / We have short term plans for you」という記述があります。これをクリックしてみると・・・

 

Weekly $24.99
Daily $9.99
2-hours $4.99
の短期プランがあることが表示されます。

 

このプランは、どうやって加入できるのでしょうか?

この記事では、Clear WiMax短期プリペイドプランへの加入の仕方を書きます。

すでにClear WiMax用モバイル通信装置を持っているが解約してしまった人、あるいは、eBayなどから中古のClear WiMax用モバイル通信装置を買って持っている人で、非常用として短期間だけ使用したい人のためのアクティベーション手順です。

■ Clear WiMax短期使用のための再アクティベートの手順

つまり、WiMaxモバイル通信装置を再アクティベートするのですが、月契約で再アクティベートすると、翌月自動的に登録したクレジットカードに前払いで課金されます。
そして、月契約を解約するには、Clearのカスタマーサービスに電話して解約意思を伝えなければなりません。

短期(short-term)プリペイド契約はその場で加入でき、かつ、解約手続き(連絡)の必要もありません。

したがって、出張や旅行などで短期間だけ使用するには便利なサービスです。

しかし、このClear WiMaxの短期プリペイド加入の詳細な説明は、Clearのホームページには見つかりません。

以下、その手順です。

ステップ1:Clear WiMaxモバイル通信装置の電源を入れ、WiMax 4G電波に接続します。

下のClear Spot 4GポケットWiFiの場合は、WiMaxの電波を掴むと4G LEDランプが黄色か緑色に点灯します。赤の場合は、4G WiMax電波が周囲に無いか、弱過ぎます。

 

ステップ2:PC/タブレット/スマートフォンなどでWiMaxモバイル通信装置に繋ぎます。

ここでは以下、iPadの画面で説明していきます。もちろん、PCでもアクティベートは出来ます。

 

ステップ3:ブラウザーを立ち上げます。

ブラウザーを立ち上げて、どこか(どこでも)のホームページをアクセスしようとすると、(解約済みのClear WiMaxモバイル通信を使った場合は)Clearのホームページが画面に現れます。
ここで「CONTINUE」をクリックします。

 

次のメニューで「Get Clear Service」をクリックします。

 

1週間、1日、2時間プランが表示されます。加入したいプランを選択します。

 

「Check Availability」をクリックします。

 

使用したい地域(サービスエリア)を選択し、WiMaxが使えるかどうかをチェックします。

 


 

「Submit」ボタンをクリックします。

 

選択した都市でWiMaxサービスが使用できる場合は、「Buy Now」ボタンをクリックします。

 

使用する場所の氏名・住所(アメリカ国内のみ)・電話番号・Eメールアドレス、クレジットカード/デビットカード情報、ログイン名とパスワード、セキュリティー質問選択とその回答を入力します。
クレジットカードの請求住所が、使用住所と違う場合は、「Billing Addressの右横のチェックマークを外すと、別途クレジットカード請求先住所(クレジットカードを登録している住所)を入力できます。

 

クレジットカード請求先住所欄も、アメリカ国内の住所しか選択できません。
だからと言って日本発行のクレジットカードが使えないとは限らない(やってみないとわからない)のですが、試してみて課金が出来ないようであれば、「カード番号と、その請求先住所の郵便番号(ZIPコード)が合致するかどうか、セキュリティーの為にチェックしている」ので、アメリカ国内発行のクレジットカード/デビットカードしか受け付けていないということになります。
それでもClear WiMaxを使いたければ、スーパーなどで販売している「VISA/MasterCardなどのGift Card」(プリペイドカードではダメです。ギフト・カードです。)を購入して、使用してみてください。
アメリカのVISA/マスター/AMEXギフトカードを使ってみた(日本から使えるか、検証) – 2011年9月7日
参照。


 

 

入力が済んだら、「Continue」ボタンをクリックします。

確認画面が表示されるので、使用許諾同意にチェックマークを入れ、「Place Order」をクリックします。

 

短期契約アクティベーションが完了しました。
使用期限は、「Expiration Date」として表示されます。

 

Eメールアドレスには契約内容のEメールと、

 

課金完了のEメールが届きます。

 











――<●>――
関連すると思われる記事:

1 comment to Clear WiMaxを解約後、一時的に使う方法(短期使用の為の再アクティベート手順)

  • ジョニー

    正にこれを同じことがしたかったので非常に役に立ちました。助かります!

    [返信]

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>