携帯電話用SIMの金メッキの下は、どうなっている?


- Old Counter



携帯電話に使われているSIMカードの金メッキの下はどうなっているか、知りたいですか?

 

長い間使っていたSIMカッターが不具合になって、SIMを切るのに失敗したため(たまたま、解約済みSIMで良かった・・・)、SIMの金メッキの側とは反対部分が「ブヨブヨ」になり、ナイフで剥ぎ取れそうだったので、やってみました。

おかげでSIMカッターの柄が曲がって、新しいSIMカッターを買う羽目になってしまいましたが・・・

 

金メッキの裏側を剥がしてみた結果は、こんな感じ。黒いのがIC。金色部分が電気伝導の経路。

 

Smart Card (SIM Card) interface pinout
にSIMのピン・アサインメントが書かれていました。
このページが無くなってはいけないので、日本語訳してここに転載すると・・・

ISO 7816 標準スマートカード、チップカード、ICカードPINダイアグラム

Pin 名称 説明
1 VCC +5 VDC 電源入力 (オプション)
2 RESET この端子を使用してリセットする(外部装置からリセット信号を入力)か、内部のリセット制御回路との組み合わせ(オプション)でリセットする。リセットを使用する際には、VCCは必須。
3 CLOCK クロック、または、タイミング信号(オプション)
4 GND アース
5 Vpp プログラム用電圧入力(オプション)。SIM内部の不揮発性メモリの内容をプログラム(変更)したり消去するのに必要な電圧を提供する。
6 I/O SIMカード内のICへの入力/出力端子。
7 I/O or N/C データ入出力端子、または、未使用。
8 AS or N/C アプリケーションに依存して使える端子、または、未使用。

 
 

そして、携帯に使われているSIMカードは6PINのみ使用。

 

写真は金メッキ部分の裏から撮影しているので、左右が反対です。

 

銀行(クレジット)カード、IDカードなどは8PIN仕様?

 

携帯用の標準サイズのSIMには、金メッキ部分が小さいのと大きいのがあります。

 


 

金メッキ部分が大きい標準サイズのSIMをSIMカッターで切ると、金メッキの端を削ってしまうことがあります。

 

しかし、この内部の構造を見る限り、端の部分を多少削ったくらいではICは勿論ダメージを受けないし、電気伝導のパターン(経路)も多少削れたぐらいでは影響無いようです。

 

・・・ということで、これで安心して、金メッキ部分が大きい標準サイズのSIMでも、SIMカッターで切ることが出来ます。
 
 
 











――<●>――
関連すると思われる記事: