Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年11月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


T-Mobile LG Optimus TのSIMロックを解除しました


- Old Counter



T-Mobile USA用LG Optimus TのSIMロックを解除しました。

SIMロック解除コードの入手の方法は、
T-Mobile Comet(アンドロイド携帯)のSIMロックを解除しました – 2011年9月17日
と同じなので、省略します。
なお、上記記事には新しく、SIMロック解除コード(Unlock Code)リクエスト時のカスタマーサービスとのチャットの英文内容を追加していますので、英語に自信の無い方は、参考にしてください。

翌日(24時間も経っていない)、Unlock Codeは届いたのですが、そのEメールに書かれていたUnlockの仕方(手順)がLG Optimus Tには全く使えなかったので、その部分だけここに書きます。

なお、T-MobileからのEメールは、筆者のマイクロソフトOutlookではジャンク(Junk)メール・フォルダーのほうに自動振り分けられていたので、注意してください。

T-MobileからのUnlock Codeを知らせるEメールは、以下のようなものでした。

 

このアンロック手順の指示1~12は、全くデタラメです。LG Optimus Tには当てはまりません。

おかしいと思い、ネットを調べ、次の方法がわかりました。
LG Optimus T所有者は、参考にしてください。

■SIMロック解除の手順

1.LG Optimus Tの電源を入れます。この時、SIMは挿入しなくても、T-Mobile以外のSIMを挿入しても、(そして、多分、T-MobileのSIMが入ったままでも)、構いません。
電源が入って、ロック画面が現れたら、画面ロックを解除します。

 

2.電話(Phone)アイコンをタップします。

 

3.電話番号欄に「2945#*509#」と入力します。最後の「#」を入力すると、自動的にSIMロック解除画面へ変わります。

 

4.SIMロック解除コード(Unlock Code)入力欄をタップし、

 

5.キーボードを画面に出し、受信したMロック解除コード(Unlock Code)を入力します。
入力が完了したら、キーボードの「Done」キーをタップします。

 

6.「Unlock」ボタンをタップします。

 

7.「Registering Network」というようなメッセージが出た後、SIMロック解除が成功すると「Network unlock successful」というメッセージが表示されます。これで、LG Optimus TのSIMロック解除が成功・終了しました。

 

8.自動的にLG Optimus Tは再起動します。

 

これで、他社SIMを挿入すれば、2G GSM 850・900・1800・1900MHz、3G 2100MHzで使用できます。(もちろん、それ以外に3G 上り1700MHz/下り2100MHzのT-Mobile USA周波数でも使用できます。)

 
 
 











――<●>――
関連すると思われる記事:

41 comments to T-Mobile LG Optimus TのSIMロックを解除しました

  • Kimi

    管理人様。

    はじめまして、

    日本に一時帰国する度に携帯電話を借りていましたが、その都度番号が変わるのが不便で、
    ジャパンSIMを使いたく、長年使っていた旧GTE時代、Verizonから
    数日前からT-Mobile のLG P509 B(色が黒なので)をプリペイドプランで使い始めました、

    上記のものと同型と思われます。

    アメリカではT-MobileのSIMを使い、日本に一時帰国したときにはジャパンSIMを使いたいと思います。

    将来はSoftBank の新品未使用品の白ロム携帯を手に入れて日本用とします、理由は電話番号交換の時に、
    赤外線通信で簡単にできるから、その都度SIM交換と設定をし直すのが面倒、Talkしか使わない、
    2年半落ちが7、8千円で買えるという手軽さもあります。

    そこで質問です、
    1:SIMロック解除する場合、”2945#*509#” は共通なのでしょうか?
    2:SIMロック解除した後は、T-Mobileのロゴはでてこないと思いますが、
      初期化した場合、T-Mobile関係のアプリも無くなる、もしくは変わってくるのでしょうか?
    (Androidに限らずずスマートPhone(i-Pod Touchは使っています)
      は、初めてですので慣れなくて何度も初期化しました)

    よろしくお願い致します            

    [返信]

    管理人 返信:

    1. LG P509なら、同じです。

    2.SIMロックを解除しても、携帯のソフトは全く変わりません。
    SIMロック解除は、T-Mobile以外のSIMを認識するように内部設定が変わるだけで、携帯内部の元々のソフトは変わりません。
    どこの会社のSIMを挿入してもT-Mobileのロゴは相変わらず出てくるし、一度入れたアプリも消えません。T-Mobileの元々入っていたアプリも、消えません。
    データの初期化もされません。

    なお、ジャパンSIM/ニッポンSIMを使うとパケット通信(データ通信、インターネット)も日本で出来ますが、料金は非常に高いです。10KB当たり$0.29ということは、1MB当たり約$30です。10MBで約$300です。
    スマートフォンにハナセルのジャパンSIMを挿入して日本へ行き、「最初の2日、知らずにスマートフォンの設定をそのままにしておいたら、$300の請求がクレジットカードに課金されていた。次の月末には幾ら請求されるのか、今から怖い。」という怖い話もネットで見たことがあります。
    スマートフォンは、使用者が自分で自主的に設定を変えないと、知らずに3G/2G携帯電波でネット接続していますからね。

    私から言わせると、ハナセルはずるいですね。
    スマートフォンを自社で販売しておきながら、「ネットはWiFiで使いましょう」とWiFiを推薦しておいて、ハナセルの料金体系下で3Gで使うと高額の請求が来ることを全く注意喚起していない。
    しかも、ジャパンSIMは事前登録したクレジットカードに自動課金、ですから、支払う前に「請求金額が高い」とクレームや相談する余地が無い。
    使用者本人がスマートフォンの扱い方や設定の仕方を良く理解していないのが問題なのですが、それにしても、ハナセルでは使用者から高額データ使用料金請求の苦情や相談が少なからずあるはずなのですが、それに対してどう対応しているのか、興味あります。
    http://blogfromamerica.com/wp/?p=207
    http://blogfromamerica.com/wp/?p=2960

    あと、Softbankのプリモバイル(プリペイド)携帯は、季節(サイクル)の後半になると在庫切れが多いですが、新品が2000円~8000円で安く買えますよ。年に2回くらいは新モデルを追加するので、在庫切れになったら次の在庫補充になるのを根気強く待つことです。
    もちろん、プリペイド契約のSIMも付いてくるし、ソフトバンクのプリペイドSIM契約では(ジャパンSIMと違って)パケット通信が出来ませんから、絶対に高額請求になることはありません。その代わり、通話とメールしか出来ませんが。
    http://blogfromamerica.com/wp/?p=435

    私はソフトバンクのワンセグテレビ付きの携帯をプリペイドで買いました。

    [返信]

  • Kimi

    管理人様。

    解りやすい説明を、ありがとう御座いました。

    プリペイド携帯がそんな値段で買えるとは思っていませんでした、
    これも選択の一つに加えます。
    基本的には通話しか使いませんから、これで十分だと思います、
    欲言えば偶にメールです。

    スマートフォンは使いこなせば大変便利だというのが段々分かって来ました、
    今日は写真をFacebookにアップローしたし、またこの写真を
    https://my.t-mobile.com

    で保存できるのも発見しました、それと連絡先はもうとっくにこのサイトに載っていました、驚きです。

    ところでT-Mobile のLG P509の場合、どうやってネットはWiFiだけに設定をするのでしょうか?
    教えて下さい。

    よろしくお願いいたします

    [返信]

    管理人 返信:

    「メニューボタン(本体下の一番左のボタン) ⇒ Settings ⇒ Wireless & networks ⇒ Mobile networks」で、
    「Data enabled」のチェックマークを外します。

    こうすれば、通話は出来ますが、インターネットはWiFi以外は出来なくなります。

    [返信]

    Kimi 返信:

    管理人様

    上記の設定に少し補足させて頂きます。

    アンドロイドマーケットから、データー通信料を確認できるアプリをダウンロードしたところ、
    上記の設定に更に念には念を入れる必要があることが解りました。

    アプリの種類によってはデーター通信が行われる物があるようです。

    そこでLG LG P509の設定を変えます、アンドロイドは同じだと思われますが、
    保証はありませんので、自己責任でお願いいたします。

    OS アプリの設定

    Settings →Account & sync   →Background data  → チエックをオフ
    Settings →Account & sync   →Autoーsync   → チエックをオフ
    Settings →Locatione&security  →use-wireless network → チエックをオフ
    Settings →Locatione&security  →Use GPS satellites   → チエックをオフ

    Settings → Applicationes →Runing services →使っていないアプリを停止。

    となり、データー通信は行われていません。

    管理人様確認をお願い致します。

    [返信]

    管理人 返信:

    Account SyncやLocations関連の設定をオフにしてしまうと、WiFiでもこれらの機能は、機能しなくなります。
    したがって、私ならオフにしませんね。

    「Data enabled」の設定をオフにするだけで必要十分だと思いますが、自分ならそれで不安であれば、機能しないダミーのAPNを
    「メニューボタン(本体下の一番左のボタン) ⇒ Settings ⇒ Wireless & networks ⇒ Mobile networks ⇒ Access Point Names」
    に作成して、3Gデータを繋げたくない場合は、それを選択しておきます。

    ※ WiFiではなく、3G接続時にAccount SyncやLocations関連の設定をオフにすると、3Gデータ消費量が減るので、意味はあります。
    しかし、WiFi接続オンリー時(「Data enabled」の設定をオフのとき)には、Account SyncやLocationsの設定をオフにする必要は、無いですよ。

    [返信]

    Kimi 返信:

    管理人様、  有難う御座います。

    実はこのT-Mobileにしてから、データー通信を22Mbも使っていました、
    Facebookに携帯から写真を送ったのが2回、他はスクリーンがオンの時に、
    間違って、U-tubeをクリックしてしまったようで、ポケットの中で音楽映像が流れていました、
    でも、それは数分でした、それと、Wi-Fiに繋がっていながら、3GでFacebookを見ていたようです

    これが、ハナセルからの請求だとすると、ぞっとします、
    計算すると、22Mbですから、$638.00にもなります、ものすごい高額です。

    それで、全て疑わしいところはオフにしました。

    以前から疑問に思っていましたが、このAPN とはどういう意味なのでしょうか?

    私のはT-Mobile GPRSとなっています。
    New APNをクリックするとName, APN, Proxy、Port,とか、ずらーっと出て来まして
    とても初心者の手に負えるものでは無いと思いました。

    よろしくお願い致します

    [返信]

    管理人 返信:

    お話が最初の「どうやってネットはWiFiだけに設定をするのでしょうか? 」という質問から、だんだんズレてきているので、誤解が生じ始めているようです。

    iPhone/スマートフォンは、ネット接続方式は
    1.100%WiFiだけの場合 (3G/2Gは絶対使わない)、
    2.WiFi優先(WiFiの繋がらない場所、および、WiFiの繋がらない「時」は、3G/2G接続。この場合の「時」とは、数秒以内の瞬間的な場合もある)、
    3.100%3G(または2G)接続 (WiFiは絶対使わない)、
    4.WiFiも、3G(または2G)も、絶対使わない、
    の4つの接続設定を使い分けることが出来ます。

    1.は、
    「Settings ⇒ Wireless & networks ⇒ Mobile networks」で、 「Data enabled」のチェックマークを外します。(オフ)
    同じく、「Settings ⇒ Wireless & networks」で、 「WiFi」を選択します。(オン)

    または、Airplane Mode オン、Wi-Fi オン。

    2.は、
    「Settings ⇒ Wireless & networks ⇒ Mobile networks」で、 「Data enabled」を選択します。(オン)
    同じく、「Settings ⇒ Wireless & networks」で、 「WiFi」を選択します。(オン)

    3.は、
    「Settings ⇒ Wireless & networks ⇒ Mobile networks」で、 「Data enabled」を選択します。(オン)
    同じく、「Settings ⇒ Wireless & networks」で、 「WiFi」を非選択します。(オフ)

    4.は、
    「Settings ⇒ Wireless & networks ⇒ Mobile networks」で、 「Data enabled」のチェックマークを外します。(オフ)
    同じく、「Settings ⇒ Wireless & networks」で、 「WiFi」を非選択します。(オフ)

    または、Airplane Mode オン、Wi-Fi オフ。

    1.と4.では、3G(2G)通信は全くしませんから、携帯会社からの課金は生じません。
    3.は当然発生し、ハナセル・アメリカ国内SIMや、ハナセル・ジャパンSIMや、ソフトバンク日本国内3G SIMレンタル(iPhone用以外)は、従量課金制なので、高額請求が発生します。
    同じく、Verizon、Sprint、T-Mobile USAのSIMで日本で国際ローミングした場合も、従量課金制なので、高額請求が発生します。
    AT&Tでも、Global Data Add-Onに加入しないで日本(米国外)へ行った場合は、従量課金制なので、高額請求が発生します。

    問題は2.の時ですが、「WiFi優先」と言ってもスマートフォンの電源を入れた直後は、携帯がWiFiに自動ログインして、WiFi通信が接続(確立)されるまでに、数秒の時間を要します。この数秒の間に、メールの同期、Account&Sync、Location&Security、裏で走っているアプリ、などがサーバーのデータをアクセスしようとし、3G(2G)でサーバーに接続してしまいます。
    また、WiFiで暫くの間データをやり取りしていない(WiFiがinactiveの)時に、携帯のWiFiモードがスリープ状態になり、次にデータを送ろうとするときに携帯のWiFI通信機能が立ち上がるまで、同じく数秒掛かることがありますが、アプリの方はその間待てないので、3G(2G)通信でデータをやり取りしてしまうときがあります。

    これが、「予期せず、3G(2G)通信でもデータのやり取りが発生した。」で、「WiFi優先で使っていて、WiFiが繋がっていたはずなのに、なぜ、こんなに3G通信が発生して、高額請求されるの?」とびっくり仰天する原因です。

    したがって、高額請求を避けるためには、そもそもiPhone/スマートフォンを買ったら、完全従量課金制(「1KB当たり幾ら、1パケット当たり幾ら」と言う課金方法)の通信会社とは契約してはいけません!
    または、どうしてもデータが完全従量課金制の通信会社のSIMを使う(契約している)場合は、絶対に上記2.または3.の接続方法では使っては、いけません。

    ハナセルは現時点では、アメリカ国内のSIMも、日本用ジャパンSIMも、どちらもデータ接続は完全従量課金制しかありません。したがって、ハナセルとスマートフォン契約をすること自体が、「無謀なこと」であり、消費者としては「自殺行為」です。悪いのはハナセルではなく、完全従量課金制しかないその会社を選んだ自分にあります。

    ハナセルと契約するなら、普通の携帯以外では、しないことです。(それも、AT&TのPay-as-you-goが2011年10月から1分当たり25セントから10セントに値下げになったので、いまだに1分当たり25セントで課金しているハナセルの優位性は、その時点で無くなりました。)
    ネットの出来ない普通の携帯以外では、今のハナセルと契約してはいけません。

    APNは、他社SIMで携帯を使う際に、データに接続するためには、設定する必要があります。
    ただし、それも、携帯の種類、および、SIMの種類(通信会社)によっては、SIMを挿入して電源を入れ直せば自動的に設定されるので、APNの設定が不要の場合もあります。

    SIMを挿入して電源を入れ直しても自動的にネットに接続できない場合は、APNを自分で設定する必要があります。
    通話とショートメッセージ(SMSテキストメッセージ)だけを使う場合は、APNの設定は不要です。

    また、わざと間違ったAPNを設定して有効にしておけば、間違ってデータ接続して高額請求される可能性を下げることが出来ます。

    [返信]

    Kimi 返信:

    管理人様。

    わかりやすい説明を有難うございます。

    そうです、2の設定で3G接続があったようです。

    ハナセルのジャパンSIMの良い点は日本の電話番号をずっと使用料なしでキープできるところです。
    欠点はデーター通信料が異常に馬鹿高いということです。

    データー通信を使わなければ、便利と思います。(まだ使っていませんが)

    また質問です、白ロムとSIMロックフリーとは同じ意味なのでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

    [返信]

    管理人 返信:

    > ハナセルのジャパンSIMの良い点は日本の電話番号をずっと使用料なしでキープできるところです。

    無料なのは、最初の5年間だけですよ。
    その後は、1年$8の維持費を支払う必要があります。

    >白ロムとSIMロックフリーとは同じ意味なのでしょうか?

    違います。

    白ロムとは、ただ単に「解約済み(中古)携帯」のことを意味します。元の購入者が分割払いで購入していた場合、残債は全て払ってあることを確認されたものが「白ロム」です。
    残債が残っていることが分かっている中古携帯は、「赤ロム」と言います。

    「白ロム」は、未使用携帯の場合もあります。(未使用携帯は、必ず残債0円です。)

    それだけの意味です。
    携帯がSIMフリーかどうかは、「白ロム」「赤ロム」うんぬんでは、分かりません。

    つい最近まで日本の携帯は全てSIMロックされていましたので、日本の中古携帯は殆どSIMロックされていると思ったほうが良いです。
    一部のモデルはSIMロックは解除可能ですが、海外携帯ほど簡単ではありません。

    [返信]

    Kimi 返信:

    管理人様。

    初心者にも解りやすい説明でいつも感謝しております。

    有難う御座います。

    実はジャパンSIMは、キャンペーンに応募して当選して、年間費8ドルが永遠に無料になりました。

    http://www.hanacell.com/twitter/

    そこで、データ通信が異常に高いので、間違ってつながって課金されたらとんでもない事になりますので、
    データ通信サービスの解除をハナセルに問い合わせましたところ、可能ですという答えをいただきました。

    アクティベーション後にデータ通信サービスの解除を依頼する予定です。

    後はジャパンSIMを入れて使う日本での携帯電話を探すだけとなりました。
    今使っているT-MobilのをSIMロック解除は時期が来ればしますが、
    このSIMが使えるお勧めの携帯があれば教えて下さい
    厚かましいお願いですが、お時間がある時で結構ですのでお願い致します。

    [返信]

    管理人 返信:

    ハナセルのジャパンSIMは、基本的にはソフトバンクのSIMですから、日本で発売しているソフトバンクの携帯が一番合っています。

    ソフトバンクの携帯でないと、ソフトバンクの全てのサービス(機能)が使える保証がありません。

    たとえば、ソフトバンクの携帯でないと、ソフトバンクの携帯メール(MMS)は使えないか、非公開の情報を見つけてきて自分で携帯を設定しないと、使えません。

    ソフトバンクの携帯なら、何も設定せずに、自動的に使えます。

    特に、『Y!』ボタンはソフトバンクの携帯本体にあったほうが良いです。

    あと、せっかく日本に居るときに使うなら、ワンセグTV機能も付いているほうが良いです。
    日本では家庭でのTVの数も多くないし、海外から日本に時々しか行かないと、TV番組の興味も違い、自分の見たい番組を見せてもらえない時がありますので・・・(笑)

    常時、ホテル住まいなら、関係無いでしょうが。

    [返信]

    Kimi 返信:

    管理人様。

    早々のお返事、有難う御座います。

    ソフトバンクの携帯にします。

    TV番組の件、まさに私と同じです。見たい番組が見れない、その通りです。
    ワンセグTV付きを探します。

    ところで、

    http://www.bmobile.ne.jp/index.html 

    というのが出てきました。

    ポケットWi-Fiで年間契約に縛られなくしかも使用料が安い、
    もっとも本体を持っていればの話ですが。

    http://www.bmobile.ne.jp/wifi/index.html

    http://h50146.www5.hp.com/products/portables/mobilebroadband/wifi/product.html

    いろいろあるんですね、YAMADAではこの手は見なかった気がしますが、
    質問の内容が抽象的で申し訳ございません、
    どうでしょうかこいうのは?

    またまた、よろしくお願い致します。

    [返信]

    管理人 返信:

    コメントの返信の数が多くなると読みにくくなるし、システム的にも返信のツリーの数に制限が有るので、別の新しいコメント・スレッドで返信します。

    [返信]

  • Kimi

    管理人様。

    なるほど。 どうも有難う御座います。

    ところで、WiFi Callingというのは、鉄筋建てのビルの中では3Gが届かず、WiFiは使えるので、
    それを使って電話交信するものでしょうか?

    これを利用するとPlan minutes から引かれると書いてあります

    度々お聞きします

    [返信]

    管理人 返信:

    WiFi Callingは、アメリカではT-Mobile USAのみが提供しているサービスです。
    SkypeなどのVoIPサービスとは根本的に違いますので、誤解されないようにしてください。

    WiFi Callingは、T-Mobile USAの携帯電波が繋がりにくいところで、携帯電波の代わりにWiFiネットワークを使って『電話』を受発信するものです。
    WiFi Callingを使った場合、そのときの通話は全てアメリカ国内通話とみなされ、加入しているプランによってアメリカ国内通話料金が課金されるか、または、プランの無料分数から引かれます。

    WiFi Callingは、WiFiでネット接続できるところなら、世界中でどこでも使用できます。
    つまり、「3Gが届かない鉄筋建てのビルの中」はもちろん、T-Mobile USAの電波が届かない米国内過疎地や郊外、および、米国外でも使用できます。

    日本国内で、T-Mobile USAのWiFi Calling機能の付いた携帯で、(日本の)WiFiネットワークに接続して、日本からアメリカの電話番号にWiFi Callingで電話すると、アメリカ国内電話料金(または、プランのアメリカ国内無料電話分数)が適用されます。
    つまり、米国外からも、安く米国国内に電話できます。

    ・・・というのが、理論的な説明ですが、自分で実際にやってみたことはありませんので、多少違っているかもしれませんので、その場合はご了承ください。

    [返信]

  • Kimi

    管理人様。

    有難うございます。

    私はてっきりAndroidだったら付いてくる一般的な機能だと思っていました。
    T-Mobilだけとは驚きました。

    調べたところ下記に載っていました、やはり日本からアメリカにかけると米国通話分数で収まるようです。
    ローミング料もかからず、WiFiが繋がる所なら、時差を気にしなければ普通に米国内にかけられるという事です、
    凄い発見です。

    http://support.t-mobile.com/docs/DOC-1680

    新しい発見でまた得した気分です。

    そうしますと、T-Mobilのmonthly4G Planはお得ですね、
    特に私は,$30.00 no taxes . 1500 minutes talk and text with 30Mb of data ですから。

    それと、またまた質問ですが、Tethering とはどいう使い方をするのでしょうか?

    [返信]

    管理人 返信:

    Tetheringとは、携帯をモデム(ポケットWiFi)として使い、PCやiPad/iPod Touch/アンドロイドタブレット端末などをWiFiでこの携帯につなぎ、携帯を介して、携帯の3G通信を利用してPCなどからインターネットに接続するものです。
    外出先でも、携帯さえ3Gでネットにつながっていれば、それを利用してPCなどでインターネットが出来ます。

    T-Mobile USAのアンドロイド携帯にはTethering機能が標準で付いているものがあります。
    メニューキー⇒Settings⇒Wireless and networks⇒Tethering and portable hotspots⇒Mobile AP Settings⇒Mobile APをタップ(選択)することによって、Tetheringを有効化(開始)できます。
    WiFiホットスポットのSSIDやパスワードは、Configure mobile APをタップして、設定できます。(デフォルトはパスワード無し。)

    iPhoneでは追加料金を携帯会社に支払わないと、Tetheringは使用できません。

    [返信]

    Kimi 返信:

    管理人様。

    解りやすい説明を有難う御座います。

    i-Pod Touchで試しに使って見ましたが問題なくWEBを読み込めました。
    これも驚きです、優れた機能ですね。

    ところで、この3Gはデーターになるのですか?

    電話の3GをWEBなどの読み込み、もしくはE-mailチエックなどに使うと
    データー通信になって課金されるのでしょうか?

    パケット代とかデーター通信料の意味がよくわかりません、

    またまた、よろしくお願い致します

    [返信]

    管理人 返信:

    「パケット代」と「データー通信料」と「3Gデータ通信料」は、同じ意味です。
    日本では通信の量の単位に「1パケット」(1パケットは128バイト)を使うので、「パケット代」と呼ぶことが多いです。
    アメリカでは通信の量の単位にパケットは使わずに、「バイト、キロバイト、メガバイト」を使います。

    8パケット=1KB(キロバイト)です。

    アンドロイド携帯の場合は、テザリングで使ったバイト数は、加入プランのデータ通信バイト制限数に数えられるか、プランによっては使用バイト数単位で課金されます。

    [返信]

  • うらしまたろう

    こんにちは、はじめまして。
    日本に一時帰国でハナセルを利用して高額な請求書が届いてしまった者です。
    産業があまり発展していない国で長く生活しているのでパケ死という言葉も知りませんでした。
    動画を閲覧すると高額になるという注意事項は読んだのですが、具体的にどういった操作をすればいくらぐらい
    かかるということが分かりませんでした。
    海外の現地採用で働いているので、そのお給料の3カ月分くらいになってしまいびっくりしました。
    ハナセルの方にメールしたのですが、以後お気を付け下さい、との内容の返答でした。。
    便利なので今後も利用したいのですが、やはり日本で生活するのは大変そうだと痛感しました。

    [返信]

    管理人 返信:

    インターネット接続機能が付いている携帯を販売して、ネット接続サービスをしている以上、使い方によってその料金が高額になる可能性があることを告知・啓蒙することは、そのサービスを提供している通信会社の責任だと思います。
    残念ながら、その責任の強さが、ハナセルのホームページには見られないですねぇ。

    もうひとつ、スマートフォンは、外出先でも、道の真ん中でもインターネットが出来るから、スマートフォンです。道の真ん中でGPSなどを使って自分の位置を確かめたり、目的地までの道のりを調べられたり、日本なら電車の時間を調べられるから、スマートフォンのメリットがあります。
    道の真ん中でも(料金に関して)安心して使用できるようにしなければ、スマートフォンを提供する意味は無いでしょう。
    WiFiだけ使うことを薦めるのなら、何もスマートフォンを押し付けるべきではなく、iPod Touchを薦めるべきです。

    ハナセルのやっていることは、なんかちぐはぐで、一貫性が無く、利用者が気の毒です。

    [返信]

  • うらしまたろう

    管理人さま
    ご返信ありがとうございます。お詳しい方のご意見を伺えてとても参考になりました。
    家族に日本でのクレジットカードの管理を任せているので、明細書が実家に届かないようにしたり、クレジット会社に直接振り込んで通帳に記録が残らないようにしたりと大変でした。日本に送金するにも船や飛行機を乗り継いで銀行に行かなくてはならないので、まだ出国前なので何とかなりました。
    成田に到着して公衆電話を探している間にリムジンバスに乗り遅れることのないように購入しただけなのですが。。
    また、ソフトバンクより使用中のデータ通信費に関するメッセージが届きましたが、その時点でその通知の数倍の料金が発生していました。WIFIは外出先で利用するものだと思っていたので、自宅の無線ランを利用できることも知りませんでした。。
    基本料金が必要なく同じ番号が利用でき、海外でも同じ端末が使えるので本当に便利なのですが、これから新しく購入する方が同じ思いをされないようにと思います。

    [返信]

    管理人 返信:

    再度、ご報告ありがとうございます。

    なぜかHanacell(ハナセル)の高額請求の失敗談はネットでなかなか探せないか、あっても数ヶ月前の掲示で、その掲示板の過去ログの自動パージにあっていて検索できないか、・・・になっています。
    しかし、実際には少なからず経験者がいるはずです。
    Hanacell(ハナセル)利用者の注意喚起のため、この「うらしまたろうさん」の報告は、永く残しておきたいと思います。

    しかしこれは、海外キャリアのSIMやSIM無し(CDMA=Verizon/Sprint携帯)で日本でローミングする場合も、ソフトバンクの日本国内用SIMを空港でレンタルして海外アンドロイド携帯で日本国内で使う場合も、同じ危険性を持っていますので、ハナセル(Japan SIM/Nippon SIM)以外の利用者も、気を付けてください。

    [返信]

  • 管理人

    Kimiさん、

    >ポケットWi-Fiで年間契約に縛られなくしかも使用料が安い、
    >もっとも本体を持っていればの話ですが。
    >・・・
    >いろいろあるんですね、YAMADAではこの手は見なかった気がしますが、
    >質問の内容が抽象的で申し訳ございません、
    >どうでしょうかこいうのは?

    装置自体は日本で買う必要は無く、3G 2100MHzに対応していれば、日本でポケットWiFiとして使用できます。

    たとえば、アメリカでは
    http://blogfromamerica.com/wp/?p=318
    で紹介しているようなSIMフリーポケットWiFiが入手できますから、それに日本通信(b-mobile)のSIMを挿入すれば、同じ目的で使用できます。

    また、LG Optimus Tを含むT-Mobile USAの携帯で、テザリング・オプションが設定できるものであれば、SIMロック解除されていれば、理論的にはb-mobileのポケットWiFi用(つまり、データオンリー)SIMが使えて、テザリング機能をオンにすれば、ポケットWiFiとして使えます。

    つまり、Kimiさんの場合、(既に持っているLG Optimus TさえSIMロック解除すれば)あとはb-mobileのSIMを入手して、それに挿入して、テザリング機能をオンにして使うだけですよ。何も新規に装置を買う必要は無いと思います。(実際にその組合せで個人的に試していはいないので、100%確実とは言えませんが、理論的には出来るはずです。)

    海外在住者が日本で入手できる携帯のSIMでは、ポストペイド契約しか提供されていない、いわゆる「パケ放題」契約が出来ないです。しかし、b-mobileが発売しているような「音声通話機能の無い、データ専用SIM」は、
    1.「携帯電話不正利用禁止法」の対象になっていないため、海外在住者でも入手しやすい(公式な日本の居所証明が不要)、
    2.パケ放題、または、定額定量データの契約が出来る、
    ので、日本で一時的にノートパソコンやWiFi機能付きの装置(タブレットなど)を使うには、便利です。

    b-mobileのデータオンリーSIMは、amazon.co.jpからも注文できるし、b-mobileウェブサイトからも注文できます。
    http://www.bmobile.ne.jp/

    ただ、安いやつは、アクセススピードも遅いので、ご注意を。

    ちなみに、私は日本のウィルコムの3G通信SIMを契約しており、全く使用しない月は月952円、使った月は最大で月6937円で使い放題、を払っており、アメリカのクレジットカードに毎月自動課金して貰っています。

    [返信]

  • Kimi

    管理人様

    いつも有難うございます。

    LG Optimus T を使って、テザリング機能を使う方法があったんですね。
    これはいい方法です。

    11月早々にT-Mobileと月極めのプリペイにしたので、60日待つ必要がありますから、
    来年にはSIMロック解除できそうです。

    日本に一時帰国した時にbmobileのデーター専用SIMを手に入れて使ってみようと思っています。
    b-mobile 1GB定額パッケージ 30日間または1GB※に達するまでのSIMがいいかなっと思っています。

    http://www.bmobile.ne.jp/1gb/detail.html#

    あと、明日の日曜日20から 26まで、
    TargetでT-Mobile Samsung DART  $150で買うと $50.00のGift Cardが付いてきます
    つまり$100で買えるのと同じになります。
    (実際にはTaxが $150に掛かるのと、現金割引ではなくGift Cardが付いてきます)

    考えちゃいます。
    コンパクトなAndroidでWi-Fi Calling  と Tethering もついていますから。

    ここでまた質問です、60日過ぎたら、2台SIMロック解除できますでしょうか?
    一台はアクティビエイションはしません、それでもできるのでしょうか?
    それと、今使っているLG Optimus TからSIMを取り出してSamsung DARTに差し込んだら使えますでしょうか?

    また、よろしくお願い致します。

    [返信]

    管理人 返信:

    Samsung DartとOptimus Tは、Dartのほうがちょっと小さい(縦が5ミリほど短い)だけで、どちらもWiFi Callingアプリがインストールされていて、テザリング機能がある点では、機能的には変わりませんよ。サイズも、それほど大きく違う感じはしません。

    実際にT-Mobile USAの携帯を2台SIMロック解除してわかったことは、T-Mobile USAの携帯をSIMロック解除する場合の条件の一つには、「SIMロック解除(Unlock Code)をリクエストする携帯は、最低24時間T-Mobile USAのSIMで使用している」必要があります。
    これは、たとえば、現在LG Optimus Tに挿入されているSIMを、その時だけDartに移し変えて、それから24時間以上経ってからT-Mobile USAのカスタマーサービスにSIMロック解除をリクエストすれば、良いです。SIMを挿入しているだけで、実際に電話とかを使っている必要は無いようですが、私は念のため、1度だけ通話をしました。
    T-Mobile USAのカスタマーサービスは、何時、その携帯にSIMを挿入したかが判るようです。
    私の2台目はそれで引っかかり、そのあと数日待ってから、再度リクエストする必要がありました。(翌日でも良かったのですが、他の事で忙しく、数日後になりました。)

    あと、同じSIM(電話番号)で1年間に何台まで(無料で)SIMロック解除をリクエストできるかは、キャリアごとに決まっているはずです。
    これまでのT-Mobile USAの2台は、別々のSIMでSIMロック解除をリクエストしたので、この条件には引っかかりませんでした。T-Mobile USAのアンドロイド携帯はもう一台手元にあるので、3台目をSIMロック解除することを考えており、このときにこの「1年間に何台まで」の条件があるかどうかわかりますが、今のところは不明です。

    もちろん、SIMアンロックコードを入試してくれる業者にお金を払ってリクエストすれば、携帯は契約している必要も無く、1年間に何台でもSIMロック解除できますが。(機種によりますが、1台当たり$10-50です。ネットで 自分の携帯の機種と、「SIM UNLOCK CODE」と入力して検索すれば、いくらでも見付かります。)

    >それと、今使っているLG Optimus TからSIMを取り出してSamsung DARTに差し込んだら使えますでしょうか?

    はい。何もせずに、そのまますぐに使えます。
    逆も、同じです。

    [返信]

    Kimi 返信:

    管理人様。

    お礼が遅くなりましたが、有難う御座います。

    結局、衝動買いはしませんでした、一時帰国まではまだまだ時間がありますから、
    今の新型が安く売られていると思いますので、待ちます。

    ところで、Samsung Dartですが、Assist GPSでした

    LG Optimus T はWi-Fi、データー通信に繋げなくてもGPSは動きます、
    カーナビとして問題なく使えました。凄いです。

    i-Pod Touchに Bad Elfをつけて使っていますが、後付しないのがでてこないかなと
    思っていたところです、小さいGPSデバイスですから、本体につけられないことも無いと
    思っていました。テクノロージの進歩は凄いです

    http://bad-elf.com/products/gps/

    [返信]

    管理人 返信:

    アメリカの最近(ここ2~3年発売)の3G対応携帯には、スマートフォン・非スマートフォンに限らず、全てA-GPS(Assisted-GPS)回路(チップ)が入っています。(もちろん、Optimus Tにも入っています。)
    これはアメリカの警察当局が、非常時に当該被害者・加害者の位置情報を携帯のGPSから突き止めることが出来るように、携帯会社に要求したためです。

    携帯がGPSではなくてA-GPSチップを使っているのは、A-GPSのほうが位置計算が早く数秒(1-5秒)以内に位置情報が計算できるからです。位置計算を早くするために、GPS衛星の電波だけでなく(3G通信が可能であれば)3G通信を補助に使って位置情報を計算するのが、A-GPSです。また、A-GPSであれば、GPS衛星の電波が届かない室内でも3G電波さえ届いていれば、最悪でも基地局の位置までは確定できます。

    携帯や小型デバイスの位置情報を知る方法は、他にも2つの方法があります。

    2つ目は、Bad Elfやi-gotu
    http://blogfromamerica.com/wp/?p=3196
    のような純粋なGPS装置です。これらはA-GPSよりも精度が高かったり(2.5メートル内の制度で位置情報が分かる)、高度(1万メートル)でも使用可能(航空機の飛行用)だったりします。
    これらに内蔵されているGPSチップは、GarminやTomTomなどのカーナビ専用GPSにも入っています。
    昔は3個のGPS衛星から位置情報を計算していて、位置計算時間も数秒以上かかっていましたが、現在のチップは20個までのGPS衛星を使って位置情報を計算するため、精度が上がりました。
    欠点は、室内や立体駐車場では窓の近く(立体駐車場の外側に近いところ)でもない限り、使用できないことです。

    3つ目は、装置(携帯)が周囲のWiFiルーター電波を検知し、インターネットでWiFiルーターのMacアドレス(シリアル番号)をデータベースで検索し、その位置情報を表示する方法です。
    http://en.wikipedia.org/wiki/Skyhook_Wireless
    http://www.skyhookwireless.com/
    iPod TouchやWiFiオンリー版のiPad/アンドロイド端末は、この機能を使って自分の現在位置を測定できます。
    この方法が有効に利用されるためには、何らかの方法(3G、またはWiFi、またはポケットWiFi経由)で装置がインターネットに繋がっていないと、いけません。そうでないと、せっかく周囲のWiFiルーターの電波を検知しても、そのWiFiルーターの位置が保存されているデータベースにアクセスできないからです。
    また、検知した周囲のWiFiルーターの位置が既にデータベースに保存されていなければなりません。
    Skyhook社はこのために毎日特殊な電波収集装置を装備した車を都市部で走らせて、市内に飛んでいるWiFiルーターの電波と位置情報を収集しています。常時新しいWiFiルーターを消費者は買って新設しますので、一度データ収集した地域でも、定期的に何度も車を走らせて収集しないと、新設したWiFiルーターの位置はデータベースには追加できません。
    メリットは、iPod TouchなどWiFiしか使えない装置でも、大体の位置が分かること。
    欠点は、ネットに繋がっていないと位置が分からないので、外出時でも無料ホットスポットかポケットWiFiなどでネットに繋げている必要があること。そして、Skyhook社がでまだデータ収集していない郊外や都市では、位置が分からないこと、です。

    GPSチップ/A-GPSチップ/Skyhook社の技術では緯度・経度・高度しか分からないので、その情報を地図上で表示するためには、装置(携帯)がその周辺の地図をメモリーに持っていなければなりません。
    カーナビ専用装置は地図を内蔵していますから、GPSさえ正しい情報を得てくれれば、地図を表示します。
    携帯の場合は、メモリーが少ないので、全米の地図を携帯に常時保存しておくことは出来ません。
    この場合、地図は必要に応じて3GまたはWiFi回線でネットから先読みでダウンロードしています。
    したがって山奥や辺鄙な郊外で携帯電波の届かないところでは、A-GPSで緯度・経度・高度が判かっても、地図がダウンロードできないため、その位置を地図上で表示できません。こういう場合、ナビ・アプリの画面は全体が全く白くなり、その画面の中央にポツンと自分の位置と進行方向を示す矢印だけが表示されます。
    よって、携帯では大草原の真ん中や山奥ではカーナビとして役に立ちません。

    もっとも、ナビ・アプリ(ソフト)によっては、事前に一定地域の地図データをダウンロードして携帯内部に保存できるアプリもあるので、そう言うのを使えば、携帯電波の無い地域を旅行しても、地図を表示できます。

    Sprint社は、3G携帯であれば非スマートフォンでも画面に地図を表示してナビとして使える、Sprintナビというアプリを提供しています。たしか、データプランに加入していれば無料だったと思います。WAPブラウザーと言う、非スマートフォン用の内臓ブラウザーで稼動します。同様なサービスは他社もあると思いますが。

    [返信]

    Kimi 返信:

    管理人様。

    お礼が遅くなりました、申し訳ございません。
    いつも有難う御座います。
    大変ためになります。

    ところで、
    >WiFiルーターのMacアドレス(シリアル番号)をデータベースで検索し、
    その位置情報を表示する方法です。

    とありますが、このWiFiルーターというのは、一般家庭もしくはコーヒーShopとか会社内で使っている、
    物を指すのでしょうか? 
    WiFiルーターは当然ながら電波を発信していますから、その場所は探せますが、そんな事をしている
    会社があるんですね、驚きです。

    基本的な質問ですが、Macアドレスとはどいう事なのでしょうか?
    よく出てくる言葉なのですが、解らなくって。。

    それと、HTC Wildfire S をBestBuyで$150で買って使っています。
    SIMを差し替えただけで簡単に使えました。

    Android™ 2.3 (Gingerbread) with HTC Sense™ はSamsung Optimus T とまた違って面白いです、
    軽くって少し小さいので私にとっては使いやすいです。
    一昨日の夕方から使い始めたので、使いこなしていませんが、テザリングは時間制限がありませんでした、

    これも時期がくればSIM Lock Free にする予定です。

    それと、また質問ですが、SIMロック解除する時に別のSIMを入れる場合、それは生きていても死んでいても、
    いいのでしょうか?

    よろしくよろしくお願い致します。

     

    [返信]

    管理人 返信:

    >このWiFiルーターというのは、一般家庭もしくはコーヒーShopとか会社内で使っている、
    >物を指すのでしょうか? 

    そうです。

    >Macアドレスとはどいう事なのでしょうか?

    世界中のすべてのネットワーク機器の固体番号(シリアル番号)で、それぞれすべて違います。

    ネットワーク機器は、必ず通信するときに、自分の固体番号(Macアドレス)を送信しています。

    >SIMロック解除する時に別のSIMを入れる場合、それは生きていても死んでいても、
    >いいのでしょうか?

    SIMロック解除をT-Mobileにリクエストするときには、契約中のT-MobileのSIMが挿入されていないといけません。

    Unlock Codeを入手したあとに、それを入力するときには、解約済みのSIMでも可能なはずです。(今まで特に意識してそんなことをしたことは無いので、確認はしていない。)
    ただし、機種によってはUnlock Codeを入力するときに、他社SIMではなく、T-MobileのSIMを挿入して手順を行う機種もあります。

    基本的にUnlock Codeを入力する手順は、それぞれメーカーと機種によって違います。

    [返信]

  • K

    管理人様

    詳細な解説のおかげでOptimus Tを無事にSIMロック解除できました。
    ありがとうございました。

    T-Mobileからは、正しい手順がメールで来ました。

    Thank you for taking the time to contact T-Mobile. Below you will see the Instructions for unlocking your LG device.
    NOTE: If you receive an error message while performing the instructions below, stop. Please be aware that if an excessive amount of incorrect attempts are made, the phone will be permanently locked.

    1. Insert T-Mobile or Non T-Mobile SIM card in to the device. Once the device is powered on the screen should display Invalid SIM card Network lock
    2. Tap the Dialer
    3. Enter 2945#*509# (after inputting this a pop up box will appear)
    4. Enter in the unlock code
    5. Click done
    6. Click unlock

    The phone should display “Network Unlock Successful”. The phone is now unlocked.

    Thank You,

    Sim Unlock Department
    T-Mobile USA, Inc.

    ただ、日本でやったせいなのか分かりませんが、T-MobileのSIMをさしっぱなしのままUnlock codeを入力したところ、unsuccessfulの文字が出てきて、焦りました。
    codeの入力間違いがあったのかと思い、2度目はかなり慎重にやったのですが、同様の結果でした。

    そこで、日本通信のSIMに差し替えてから、同じことを繰り返したところ、今度は無事、 “Network Unlock Successful”と出てきて、安心しました。

    T-MobileのSIMをさしっぱなしのまま日本でやったのが良くなかったのか、理由はさっぱり分かりませんが、2度も失敗してしまったので、皆様の参考になればと思い、経過を記しておきます。

    [返信]

    管理人 返信:

    報告ありがとうございます。

    なるほど、・・・

    CometやGalaxyは違うSIMを入れないと、Unlockコードを入力する画面が出てきません。

    以前、AT&TのPantech携帯をSIMロック解除したときは、手順は同じような手順でしたが、AT&TのSIMを挿入してやることになっていました。

    Optimusの場合は、別のSIMを入れないといけないのですね。

    日本でやったからかどうかは、関係無いと思いますよ。
    私の推測ですが、このような手順で行うときは、特に携帯からコード検証などのための通信はしていないと思います。

    Unlock codeは、何回か(3回とか5回とか・・・)間違って入力すると、完全にロックされてしまう機種があるようなので、注意が必要ですね。

    [返信]

  • K

    if an excessive amount of incorrect attempts are made, the phone will be permanently locked.
    とあったので、かなり焦りました。

    T-MobileのSIMでもOKと書いてあるのは、誤りなのかも知れませんね。
    完全にロックされなくて、本当に良かったです。

    その後、チャイナ・テレコムのSIM(データ専用)も、ちゃんと認識してくれたので、中国出張の際に役立ちそうです。ありがとうございました。

    [返信]

  • Kimi

    管理人様。

    ご無沙汰しております。
    無事にLG P509をSIM Unlockしました。

    下記のE-mailが電話でリクエストしてから、18時間ほどで届きました、
    私のLG P509はT-mobileの SIMを挿したままUnlock作業をしましたが、
    一回で問題なく、Network Unlock Successful できました。

    ご参考まで。

    T-Mobile Sim Unlock Request
    Sim Unlock Reference: xxxxxxx
    IMEI: xxxxxxxxxxxxxxxxx

    Unlock Code: xxxxxxxxxxxxxxxx

    Thank you for taking the time to contact T-Mobile. Below you will see the Instructions for unlocking your LG device.

    NOTE: If you receive an error message while performing the instructions below, stop. Please be aware that if an excessive amount of incorrect attempts are made, the phone will be permanently locked.

    1. Insert T-Mobile or Non T-Mobile SIM card in to the device. Once the device is powered on the screen should display Invalid SIM card Network lock
    2. Tap the Dialer
    3. Enter 2945#*509# (after inputting this a pop up box will appear)
    4. Enter in the unlock code
    5. Click done
    6. Click unlock

    The phone should display “Network Unlock Successful”. The phone is now unlocked.

    Thank You,

    Sim Unlock Department
    T-Mobile USA, Inc.

    [返信]

    管理人 返信:

    おめでとうございます。

    [返信]

  • Kimi

    管理人様。

    このサイトと管理人様のお陰でできました、有難う御座います。

    次はHTC Wildfire S をUnlockします、そのと時は報告致します。

    なお、T-mobileの4Gを$350だして買う価値はありますでしょうか?

    [返信]

    管理人 返信:

    確かにT-Mobile USAの4G (HSPA+)は安定していて、速度も電波の良いところなら5Mbps以上出るので、速い方ですよ。カバレッジも全米で比較的広いし。
    しかし、これからはLTEの時代であり、VerizonのLTEだと15Mbps程度の速度は安定して得られます。

    現在、T-Mobile USAに加入していて、もう一台アカウント(電話番号)が必要ならば、新規に買うのは4G(HPSA+)対応を考えるのは懸命だと思います。

    [返信]

  • Kimi

    管理人。

    前回アンロックしてから、プリペイドノ場合90日待たないと次の機種は解除コードを教えてくれないそうです。
    今さっき電話して解りました。

    4G検討します。

    それと、UMTS band I: 2100 MHz ですが、携帯の本体内にどの周波数が使えるかとかでているのでしょうか?

    今は、ウェブのSpecか箱に書いてある周波数帯を信じて買うしか無かったですが、一番信頼性が高いのは、
    携帯本体で確認するのが一番だと思います。

    よろしくよろしくお願い致します

    [返信]

    管理人 返信:

    対応周波数(特に、3G、4G)は、本体のどこを見ても書かれていません。
    古い2G GSM限定携帯の場合は、バッテリーケースの内側に書かれているものも稀に見たことがあります。

    [返信]

  • Kimi

    失礼致しました、 様が抜けていました、誤字脱字が多いので申し訳ございません。

    [返信]

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>