iPhone/iPod Touch/iPadからPCへのメールの文字化け解消


- Old Counter



iPhoneからPCへメールで返信(Reply)や転送(Forward)をすると、文字化けすることがありませんか?(特に、「転送」で頻繁に起こるようです。)

ここでは、iPhoneの「メール(Mail)」アプリを使って返信/転送する時のことを言っています。
「メッセージ(Messages、SMS/MMS)」アプリの文字化け解消法では、ありません。

筆者も自分がiPhoneから返信したメールが相手に文字化けしていたことが一度あって、それ以降はiPhoneはメール閲覧専用とし、返信する時は殆どPCを使って返信していました。

この文字化け現象が起こる理由は、
ステップ1.PCからシフトJISで、iPhoneにメールを送った。
ステップ2.iPhoneで返信・転送する際に、自動的にUTF-8で返信・転送される。

したがって、一つのメールにシフトJISとUTF-8がマルチパートで混在し、受信したPC側で文字化けが起こる・・・と言うことだそうです。

しかし、面白いことに、同じPC宛のメールを、(そのPCメールアドレスをiPhoneに設定しておいて)同時にiPhoneで閲覧すると、文字化けしないんですよね。
iPhoneやMacなどのアップルの商品は、一つのメールにマルチパートでそれぞれが文字のエンコーディングが違うセクションが含まれていても、全体の表示が文字化けしないように初めからなっているんですね。

参考:
iPhoneのメールは絵文字を使うと文字化けしない?

この対策として、返信/転送する時にメールに一文字でも絵文字(絵文字は、シフトJIS文字)を挿入すると、その絵文字を挿入した本文部分も全体がシフトJISのエンコードになり、マルチパートの全てがシフトJISのエンコードになるため、 その絵文字を挿入した本文部分の全てのシフトJIS文字が、全てUTF-8に変換されるため、全体がUTF-8のエンコードになり、マルチパートの全てがUTF-8のエンコードになるため、そのメールをPCで受信しても、文字化けしないようです。

筆者も、「iPhoneからメールを返信(転送)する時に、メールに一文字でも絵文字を挿入すると、文字化けが防げる」ということはいくつかのサイトで読んでいて知っていましたが、自分では検証してみる時間がありませんでした。

それに、メールを返信・転送するたびに、毎回、絵文字キーボードを画面に出して、絵文字を一文字入力するのって、面倒だし、忘れることもあるじゃあないですか!?

で、少し暇な時間が出来た時に、思い出して、いろいろ実験してみました。


テスト1.PCからiPhoneへ日本語メールを送信する。⇒そのメールをiPhoneから別のメールアドレスへ転送する⇒PCで閲覧、&、iPhoneで閲覧
(PCは、デフォルトはシフトJISで送信)

転送メールをPCで受信すると、文字化けする。

 

同じ転送後のメールをiPhoneで受信すると、文字化けしない。

 

テスト2.PCからiPhoneへ日本語メールを送信する。⇒そのメールをiPhoneから別のメールアドレスへ転送するが、その際に、本文に絵文字を一文字挿入する⇒PCで閲覧、&、iPhoneで閲覧
(PCは、デフォルトはシフトJISで送信)

iPhoneからメールを転送す際に、本文に絵文字を一文字挿入する。

 

転送メールをPCで受信すると、文字化けしていない。(絵文字部分は、□印となって、表示されない。)

 

同じ転送後のメールをiPhoneで受信すると、文字化けしない。

 
 
 

※ iPhoneで絵文字(Emoji)キーボードを出す方法:
 

「設定(Settings) ⇒ 一般(General) ⇒ キーボード(Keyboard) ⇒ 各国のキーボード(International Keyboards) ⇒ 新しいキーボードを追加…(Add New Keyboard…)」で、「絵文字(Emoji)」をタップします。

「設定(Settings)」をタップし、

 

「一般(General)」をタップし、

 

「キーボード(Keyboard)」をタップし、

 

「各国のキーボード(International Keyboards」をタップし、

 

「新しいキーボードを追加…(Add New Keyboard…)」をタップし、

 

「絵文字(Emoji)」をタップすると、

 

「絵文字(Emoji)」キーボードが追加されます。

 

使用する際には、画面キーボードの最下部左下部分の地球儀マークをタップすれば、インストールしたキーボードが順番に表示され、絵文字キーボードが現れます。

 

 
 
 

なるほど、返信・転送メールに絵文字を一文字入れると、受信したPC側でも文字化けしないことがわかりました。

しかし、毎回々々絵文字を忘れないで挿入するのも、大変です。

しかも、絵文字キーボードを追加すると、日本語キーボードと英語キーボードの切り替えをするのにステップが一つ増え、時間が掛かります。
筆者はそんなに絵文字愛好家でもないし・・・

そこで、考えました!
iPhoneのメール作成・送信の時に毎回追加される「署名(Signature)」のところに絵文字を追加しておけば良いのでは・・・と!

そこで、
テスト3.PCからiPhoneへ日本語メールを送信する。⇒そのメールをiPhoneから別のメールアドレスへ、絵文字付き署名(Signature)で転送する。⇒PCで閲覧、&、iPhoneで閲覧
(PCは、デフォルトはシフトJISで送信)

まずは、メールの署名(Signature)に、絵文字を一文字入れましょう。
「設定(Settings) ⇒ メール/連絡先/カレンダー(Mail, Contacts, Calendars) ⇒ 署名(Signature)」をタップし、「iPhoneから送信」の後ろに絵文字を一文字追加します。

「設定(Settings)」をタップし、

 

「メール/連絡先/カレンダー(Mail, Contacts, Calendars)」をタップし、

 

「署名(Signature)」をタップし、

 

署名の最後に絵文字を一文字挿入します。画面左上の「メール…(Mail…)」をタップして、・・・

 

前の画面に戻ります。

 

そして、PCからiPhoneへメールを送信し、そのメールを、「絵文字付き署名」のiPhoneからPCアドレスへ転送します。
転送メールをPCで受信すると、文字化けしていない。(絵文字部分は、□印となって、表示されない。)

 

同じ転送後のメールをiPhoneで受信すると、文字化けしない。

 

英語の署名(Signature)に絵文字を追加した場合も、文字化けしません。

 


 

これで、
1.毎回絵文字を挿入することを覚えておかなくても良い。
2.署名(Signature)に絵文字を挿入したら、その後は邪魔なら絵文字(Emoji)キーボードは削除しても良い。
3.英語オンリーのメールの時も絵文字は挿入されるが、相手には署名の最後だけが□印、または、変な文字が一字表示されるだけで、特に違和感は無いであろう。
 
 
 

これでもう、iPhoneからPCへ日本語メールを返信・転送する時も、文字化けの不安が全く無くなりました!!!

皆さんも念のため、iPhoneの署名(Signature)の最後に、絵文字を一文字だけ追加しておいたほうが良いですよ。
 
 
 

注意:
初代iPadには絵文字(Emoji)キーボードがキーボード選択肢には無いことが判明しました。
ネットを検索すると、日本語キーボードを出しておいて、『emoji』と入力すると、変換候補文字欄に絵文字が複数現れる・・・という2010年後半ごろの記事が見付かります。しかし、手元の「初代iPad + iOS 4.3.5」で実際にその通りにやってみましたが、全く絵文字が出てきません。

結局、著者は、
(1)別のiPhone(iPod Touchでも可)から絵文字付きのメールを送信し、
(2)それを初代iPadで受信し、(初代iPadで絵文字は正しく表示はされる)
(3)絵文字を選んでコピーし、
(4)メール設定の「署名(Signature)」にそのコピーした絵文字をペーストする
という手順で、「署名(Signature)」に絵文字を追加することに成功しました。

絵文字を初代iPadの「署名(Signature)」に追加した後、PCへのメールの返信・転送時の文字化けは、無くなりました。

iPad 2には、初めから設定に絵文字(Emoji)キーボードがあります。

 

注意:2
初代iPadも、iOSを5.0または5.0.1にアップグレードすると、絵文字(Emoji)キーボードがキーボード選択肢に追加されます。

 
 
 











――<●>――
関連すると思われる記事: