SIMフリーiPhone 4Sは、AUとは契約できない。


- Old Counter



2011年10月7日よりiPhone 4Sの予約が開始されました。

SIMフリーiPhone 4Sは、カナダなどではアップルストアで販売開始されますが、オンライン注文の発送予定は、既に1-2週間後となっています。発売開始日(2011年10月14日)には、品薄状況が予想されます。

アメリカではSIMフリーiPhone 4Sの販売は、2011年11月からになります。これは、最初にキャリア向けの(SIMロック版)iPhone 4Sの出荷を優先するためでしょう。

iPhone 4S SIMフリー版のアメリカ・カナダでの価格は、
16GB $649(CND649)、
32GB $749(CND749)、
64GB $849(CND849)、
(それぞれ、契約不要、本体のみ価格、消費税別)です。

ところで、予約受付け開始前後のアップル・サイトの情報から、SIMフリー版iPhone 4Sは、CDMA2000キャリアでは契約できない(使用できない)ことがわかりました。つまり、SIMフリー版iPhone 4Sを購入しても、AUでは契約できません。(Verizonとも、Sprintとも、契約できません。)ご注意ください。

iPhone 4Sの各バージョンのSIM/キャリア依存性をまとめると、

(1)SIMフリー版は、GSM/W-CDMA(UMTS)キャリアのみで使用可能。

(2)GSM/W-CDMA(UMTS)キャリアのSIMロック版は、発売された対象のキャリアのSIMのみで使用可能。

(3)CDMA2000キャリアのキャリアロック版は、CDMA2000通信方式では発売されたキャリアのみで、SIM無しで使用可能(HTC Evo WiMaxと同じ方式。)。または、SIM使用。
ローミングは、CDMA2000同士ならそのままで可能。ヨーロッパのようにCDMA2000キャリアが一社も存在しないところでは、契約したCDMA2000キャリアの自社または推薦/パートナーSIMを挿入しているときに限りGSM/W-CDMAローミング可能。(auの場合は、auのSIMが、GSM/W-CDMAローミング用に使われる可能性は、大きい。)

となります。

なお、CDMA2000方式で使用する場合は、SIMは不要(AUのHTC Evo WiMax携帯と同じ)、と予想されるので、これらのCDMA2000携帯の既存の登録(アクティベーション)手順から、上記(1)および(2)のiPhone 4Sを「持込み」でCDMA2000キャリアと契約するのは、たとえ脱獄してSIMロック/キャリアロックを解除したとしても、不可能でしょう。(CDMA2000キャリア側が、そのiPhone 4Sの固体番号を受付けるように管理システムを変えないから。)

したがって、SIMフリーiPhone 4Sを入手するのを待って、AUにiPhone「持込み」で契約しようと思っていた人は、それはできませんので、諦めてください。

一つの望みは、(3)のiPhone 4SのGSM/W-CDMAのSIMの認識を、脱獄/SIMロック解除ソフトやGeveyアダプターのようなもので、指定SIM以外のSIMも認識できるようになるかどうか、です。(Verizon用またはSprint用のBlackberryと同じSIMロック解除後の使用の方法。)
これが出来れば(出来るという保証は、まだ無い)、CDMA2000通信モードでは契約したキャリアで使えるが、GSM/W-CDMA通信モードではどこのSIMでも使えるようになります。
これが出来なければ、CDMA2000通信モードでは契約したキャリアで使えて、GSM/W-CDMA通信モードでは契約したキャリアが指定したSIMでしか使えません。

筆者は、今回のiPhone 4Sはそれほど大きな改善がないので、一度は、LTE対応が期待される来年のモデルまで待とうかと思いました。が、よく考えたら、私のSprintのアンドロイド携帯(HTC Hero)は、前回機種変更から2年以上経過しているので、安く割引でキャリアロック版のiPhone 4Sが購入できるし、CDMA2000でiPhoneを使用したことが無いので、最安モデルの16GB版を購入してみることにし、予約注文しました。2011年10月14日または15日に自宅へ届く予定です。











――<●>――
関連すると思われる記事: