Virgin Mobile USAプリペイド携帯を、再アクティベートしました


- Old Counter



目次:
説明・・・このページ
以前のアカウント(電話番号)が抹消されたことの確認・・・このページ
携帯の再アクティベート手順1:ESN/MEDIの登録・・・ページ 2
携帯の再アクティベート手順2:本体のプログラミング・・・ページ 3
トップアップ・・・ページ 3
再アクティベート時のボーナス分数・・・ページ 3


 

一ヶ月だけテストのため、有効期限の切れたVirgin Mobile USAのプリペイドのアンドロイド携帯Samsung Interceptを再アクティベートしました。

その手順で注意点が一ヵ所ありますので、記録のためにここに書いておきます。

このVirgin Mobile USA携帯は、2011年3月1日まで料金有効で使用。その後、60日間の電話番号有効期限が2011年4月30日に達し、それから4ヶ月以上(料金有効期限からは6ヶ月以上)未使用となっていたものです。

アメリカのCDMA携帯の良いところは、期限が切れても、トップアップカード以外は何も追加購入せずとも、そのまま携帯を再アクティベートできるところです。

アメリカのCDMA携帯の悪いところは、携帯本体が各携帯キャリア専用になっているので、他のキャリアでは使えないところです。(一部のマイナーなキャリアでは、Verizon用またはSprint用の携帯を自社で使えるようにしてくれるキャリアもありますが、これは例外的存在です。)

アメリカのCDMA携帯のアクティベート/再アクティベート/機種変更手順は、以下の2ステップを経て行います。

ステップ1:携帯本体の固体番号(ESNまたはMEID番号)を、キャリアに登録する。
ステップ2:携帯本体に電話番号(PTN=Personal Telephone Number)と、MSID(Mobile Station ID、その携帯に割当てられたキャリアの「実」電話番号)を、プログラムする。

以下、Virgin Mobile USAのアンドロイド携帯Samsung Interceptを再アクティベートしたときの手順ですが、Virgin Mobile USAの全ての携帯は同じ手順でサイアクティベートできるはずです。

なお、Virgin Mobile USAのプリペイド携帯の新規アクティベーションの手順に関しては、
Virgin Mobile USAプリペイド携帯のアクティベーションの方法 - 2010年12月26日
Virgin Mobile USA (プリペイド) アンドロイド携帯 (Samsung Intercept) - 2011年1月29日
を参照してください。


以前のアカウント(電話番号)が抹消されたことの確認

まず、以前の電話番号(アカウント)が存在しないことを、Virgin Mobile USAのウェブサイトで確認します。
http://www.virginmobileusa.com/
へアクセスし、画面右上の「Sign In」をクリックし、

 

以前の電話番号と、6桁のPINを入力し、「Sign In」をクリックします。
PIN番号を忘れたら、「Forgot your password?」をクリックすれば、電話番号と秘密の質問と、その答えを正しく入力すれば、登録されているEメールアドレスへPINを送ってくれます。(ただし、アカウントがまだ有効期間内の場合。)

 

以前の電話番号と6桁のPINを正しく入力しても、アカウントの有効期限が切れて、電話番号が抹消されると、「Sorry, the login info you’re using is invalid.」というエラーメッセージが出ます。

 

入力した電話番号とPINが正しいのにこのエラーメッセージが出るということは、携帯を再アクティベートしないと使用出来ないということです。

そこで、以下の手順で再アクティベートします。
 
 
 











――<●>――
関連すると思われる記事: