アメリカのVISA/マスター/AMEXギフトカードを使ってみた(日本から使えるか、検証)


- Old Counter



■ギフトカードの使用(1):まずは、iPhoneのiTunesアカウントにこのVISAギフトカードを登録して、アプリ(曲)を購入してみます。
iTunesアカウントは、事前にアメリカのアカウントを登録してあるとします。
複数のiTunesアカウントを登録して使用する方法は、
海外在住でiPhone/iPad/iPod Touchの日本のアプリを購入する方法 ― 2011年4月10日
を参考にしてください。(アメリカと日本を逆にします。)

アメリカのiTunesアカウントでサインインしている状態で、「設定(Settings)⇒Store」とタップし、

 

 

「Apple ID」をタップします。

 

「Apple IDを表示(View Apple ID)」をタップします。

 

iTunesアカウントのパスワード入力画面が出る場合があるので、その場合はパスワードを入力します。

 

「Payment Info」をタップします。

 

カードの種類(「Credit Card」)を選択し、カード番号(「Card Number」)とセキュリティコード(「Security Code」)を入力し、有効期限(「Expiration Date」)の月と年を入力し、ギフトカードをオンラインサイトで登録した住所と郵便番号(ZIP)を入力し、画面右上の「Done」ボタンをタップします。
このとき、別の住所と郵便番号(ZIP)を入れてみたところ、カードがiTunesに正しく登録できずにエラーメッセージが出ました。
正しい郵便番号(ZIP)に入れ直したところ、正しく登録できました。

 


 

クレジットカードの認証に、
1.カード番号
2.セキュリティーコード
3.有効期限
4.カード登録の郵便番号(最初の5桁)・・・本来のポストペイド・クレジットカードの場合は、カードの請求先住所の郵便番号(ZIP)
を使用しているようです。

電話番号は、ギフトカード登録の電話番号と違う番号でも問題はありませんでした。住所の文字も、多少違っていても問題無いようです。

この検証から、たぶん、ギフトカード登録の際にアメリカの住所と郵便番号(ZIP)でないと、アメリカのオンラインショップなどで受け付けられないことがあるだろう、と推測されます。

ギフトカード登録後、AppStoreで有料アプリを買ってみましたが、問題無く購入・ダウンロードできました。
 
 
 











――<●>――
関連すると思われる記事: