Virgin Mobile USA (プリペイド) アンドロイド携帯 (Samsung Intercept)


- Old Counter



目次:
プリペイド携帯各社のアンドロイド携帯と、Virgin Mobile USAアンドロイド携帯のパッケージ・・・このページ
アクティベーションの仕方と、プラン、操作性・・・ページ 2
日本語入力インストール方法・・・ページ 3
日本語入力の確認・・・ページ 4
引き出し式キーボードとの相性・・・ページ 5


 
編集後記:Virgin Mobile USAは2011年2月4日、プリペイドプランに新しいアンドロイド2.2携帯、LG Optimus V($149.99$199.99 (2011年4月22日現在))を追加ラインアップしました。
出荷は20011年2月9日以降になるそうです。

発売前のレビューを読む限り、LG Optimus Vはタッチスクリーンでマルチタッチが使えます。引き出し式キーボードは付いていませんが、日本語ウェブサイトを閲覧するときにはマルチタッチで画面拡大ができないSamsung Interceptはかなり画面が見にくいと思います。(2011年3月17日追記:マルチタッチは使えませんが、画面右下コーナーを2秒以上長押しすると、画面拡大/縮小アイコンは出てきますので、画面拡大は不可能ではありません。)

※2011年6月1日追記:Virgin Mobile USAのSamsung Interceptは、2011年4月にアンドロイド2.2アップデートが配信されました。
アンドロイド2.2によって、Samsung Interceptもマルチタッチでの画面拡大が可能になりました。

したがって、Virgin Mobile USAのプリペイドプランでアンドロイド携帯を使用したい人には、Samsung InterceptよりもLG Optimus Vをお勧めします。
Samsung InterceptもLG Optimus Vも、アクティベートの方法も日本語入力インストールの方法も、同じはずですから、LG Optimus Vのアクティベート・日本語入力の方法は、以下を参考にしてください。
 
——————————
 
アメリカのプリペイド携帯会社、Virgin Mobile USAが2010年10月4日にアンドロイド携帯をプリペイド・プラン用に発売しました。
この機種(Samsung Intercept)の操作性とアクティベーションの仕方に付いて、調べます。

また、日本語入力を追加し、その使い勝手を報告します。

最近では、競争各社でもアンドロイド携帯をプリペイド用に販売しています。
Virgin Mobile USA
Samsung Intercept (モデル番号 SPH-M910) (Android 2.1) $249.99$199.99(2011年4月22日現在価格)
LG Optimus V (Android 2.2) $149.99 (2011年2月4日追加-2011年2月9日出荷開始) $199.99(2011年4月22日現在価格)

T-Mobile
Huawei Comet (Android 2.2) $149.99
ただし、理論的にはT-Mobileポストペイド用アンドロイド携帯、および、SIMロックフリー携帯も使用可能。

AT&T GoPhone
アンドロイド携帯のプリペイドパッケージはまだ無い。
2011年4月17日、LG Thrive アンドロイドOS2.2を$179.99で発売開始。
理論的にはAT&Tポストペイド用アンドロイド携帯、および、SIMロックフリー携帯が使用可能。

Verizon
Droid R2D2 by Motorola (Android 2.2) 定価$599.99⇒割引価格$394.99
Samsung Fascinate (Android 2.1) 定価$579.99⇒割引価格$394.99
Droid X by Motorola (Android 2.1) 定価$569.99⇒割引価格$394.99
Droid Pro by Motorola (Android 2.2) 定価$479.99⇒割引価格$374.99
Droid Incredible by HTC (Android 2.1) 定価$529.99⇒割引価格$344.99
Samsung Continuum (Android 2.1) 定価$579.99⇒割引価格$294.99
LG Ally (Android 2.1、2.2に更新可) 定価$369.99⇒割引価格$294.99
LG Vortex (Android 2.2) 定価$309.99⇒割引価格$234.99
Motorola CITRUS (Android 2.1) 定価$289.99⇒割引価格$194.99

Cricket Mobile
Sanyo Zio by Kyocera (Android 2.1) $249.99⇒期間限定特売$109.99
Huawei Ascend (Android 2.1) $159.99⇒期間限定特売$139.99

BoostMobile
Motorola i1 【通信方式はiDEN/WiFiのみ。iDENは将来廃止される。】 (Android 1.5) $349.99
Samsung Galaxy Prevail (Android 2.2) $179.99

パッケージ
Virgin Mobile USAのウェブサイト
http://www.virginmobileusa.com/
で$249.99プラス消費税で購入し、到着した箱はこんな感じ。
店頭では、ディスカウントショップのTarget、Walmart、家電量販店のBestBuy、電気店のRadio Shack、および、Sprint(親会社)の市内ショップで購入できると思います。

開けてみると中に入っているのは本体、電池、マイクロSDアダプター、充電器、USBケーブル、アクティベーション・ガイド(Welcome to Virgin Mobile)、サービス契約詳細、カスタマーサービス連絡カード。
また、本体にはすでに2GBのマイクロSDカードが挿入されていました。

(Virgin Mobile USAはCDMA One/CDMA2000キャリアのため、SIMを使用していません。Virgin Mobile USAの携帯には、SIMを挿入するスロットはありません。)

早速、裏蓋を開けて、電池を入れます。

電池を入れる前に、中のシールに書いているMEID番号(写真ではDECの右横に書いてある18桁の番号)が大事です。この番号はこの携帯の固体番号であり、携帯をアクティベートする際に必要な番号です。別の紙に書き留めておきましょう。

ちなみに、DECは固体番号の10進法番号で、HEXの右横の番号は同じ番号を16進法で表した番号です。

この携帯は、本体をスライドするとキーボードが出てきます。

電源を入れると、Virgin Mobile ⇒ Samsungのロゴを表示した後、待ち受けロック画面になります。


画面を指で下から上へなぞると、メインメニュー画面が出てきます。

 
 











――<●>――
関連すると思われる記事: