Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2018年11月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


Nexus S (2.3.4 – GRJ22)をルート化しました


- Old Counter



警告:Bootloaderをアンロックすると、Nexus Sが初期化されます。
それまでアンドロイド・マーケットからダウンロードしてインストールしたアプリや、ホーム画面のショートカット、場合によっては電話帳などの個人情報が削除され、初期化されます。

結論から言うと、Nexus S (2.3.4 – GRJ22)のルート化手順は、Nexus Oneと同じでした。
ただし、リカバリー・イメージ・ファイルだけが、Nexus S用のリカバリー・イメージ、「recovery-clockwork-3.0.2.4-crespo.img」を使います。

ダウンロード先は、
http://www.koushikdutta.com/2010/02/clockwork-recovery-image.html
から、「Google Nexus S」を選択してダウンロードします。

このファイルも、もし、うまくダウンロード出来ない場合は、ここから圧縮ファイルをダウンロードして、解凍してください。
Nexus S Recovery Image ファイル recovery-clockwork-3.0.2.4-crespo.img – NexusSRecoveryImage.zip – 3.86Mbytes
(ダウンロード後、解凍すること。)

ついでに、Java SE Development Kit (JDK)とAndroid SDK以外のファイルで、Nexus Sルート化に必要なファイルは、他に
Nexus S/Nexus One共通fastbootコマンドファイル – fastboot.zip – 1.41Mbytes
Nexus S/Nexus One共通スイーパーユーザーzipファイル – su-2.3.6.1-ef-signed.zip – 289Kbytes
があります。

Nexus One (2.3.4 – GRJ22)のルート化手順は、こちらです。
Nexus One (2.3.4 – GRJ22)をルート化しました。

Nexus S(最新アンドロイドOSバージョン:2.3.4、Build number:GRJ22)のバージョン情報は

備考:Nexus SのFastbootモードは、「ボリューム上げる」ボタンを押しながら電源ボタンを押します。

ただ、ひとつだけ、解決までに時間の掛かった問題がありました。

それは、Nexus SをFastbootモードでPCにUSB経由で繋いだときに、ドライバーが正しくインストールされず、PCからNexus Sへfastbootコマンドが送れなかったということ。

この問題を解決するには時間が掛かりましたが、結果的には方法を見つけました。

その方法を以下に書きます。

Nexus SのBootLoaderドライバーのインストールの仕方(正常にインストールされなかった時のために・・・)

Nexus Sを普通に立ち上げて、USB経由でPCに接続して、外部ストレッジとしてメモリー(SDカード領域。Nexus Sには物理的にはマイクロSDカードを挿入するスロットが存在しないが・・・)をアクセスする場合は、Windowsの標準USB外部ハードドライブのドライバーで問題無く接続できます。

 

 

 

しかし、Nexus Sを「ボリュームを上げる」ボタンと電源ボタンの同時押しでFastbootモードで起動してからUSB経由でPCに接続すると、ドライバーが正常にインストールされず、エラーメッセージが出たり、デバイス・ドライバーを探す/インストールする画面が出たりすることがあります。

 

 

 
Fastbootモード時のドライバーが正しくインストールされていない場合、PCからのfastbootコマンドはNexus SとUSB経由でコミュニケート出来ず、fastbootコマンドは実行されません。

 
この時、PC(Windows版)のコントロール・パネルからデバイス・マネージャーを開いてみると、Nexus Sのドライバーが正しくインストールされていないのがわかります。

アンドロイド開発者ウェブサイト
http://developer.android.com/sdk/win-usb.html
にWindows 7/Vista/XPにUSBドライバーをインストールする手順が書いてあるのですが、この手順に従ってやってもうまくいかないことがあります。

以下は、その時の対策方法です。

Nexus Sの電源がオフの状態で、「ボリューム上げる」ボタンを押しながら電源ボタンを押し、Nexus SをFastbootモードにします。

 

 
FastbootモードのNexus SをUSBケーブルでPCに接続します。

 
Windowsのデバイス・ドライバー自動インストレーションが失敗します。

 

 

Windows OSのコントロールパネル(Control Panel)⇒デバイス・マネージャー(Device Manager)を開きます。

備考:Windowsのバージョンによって、コントロールパネル(Control Panel)⇒システム(System)⇒ハードウェア(ハードウェア)⇒デバイス・マネージャー(Device Manager)と、デバイス・マネージャー(Device Manager)に達するまで幾つかの途中のステップが必要な場合があります。


 
デバイスが正しくインストールされていないNexus S(Android携帯)をハイライトします。(正しくインストールされている『らしい』Nexus Sのデバイス・ドライバーをインストールし直す場合も、以下、同じ手順です。)
Nexus S(Android携帯)をハイライトしたら、マウスを右クリックします。(←Windows 7の場合。  Windows Vistaの場合は、Nexus S(Android携帯)をダブルクリック⇒「Driver」タブをクリック⇒「Update Driver」をクリック。)

 
「Update Driver Software…」をクリックします。

 
「Browse my computer for driver software」をクリックします。

 
「Let me pick from a list of device drivers on my computer」をクリックします。

 
ステップA:Android Phone が「インストール済みデバイス・ドライバー・リスト」にリストされている場合

ここで「Android Phone」がリストされていれば、それをハイライトして、「Next」をクリックします。
「Android Phone」がリストされていなければ、下記の『ステップB:』に進んでください。

 
「Android Bootloader Interface」をハイライトし、「Next」をクリックします。Fastbootモードでアンドロイド携帯をPCに接続して、PCとコミュニケートするためには、この「Android Bootloader Interface」ドライバーでなければなりません。

 
ドライバー・インストレーションの警告ポップアップに「Yes」をクリックします。

 
「Android Bootloader Interface」がインストールされました。

 
デバイス・マネージャーに戻ると、「Android Phone ⇒ Android Bootloader Interface」が正しくインストールされています。

 

ステップB:Android Phone が「インストール済みデバイス・ドライバー・リスト」にリストされていない場合

「Show All Devices」をハイライトしたまま、「Next」ボタンを押します。

 
「Have Disk」をクリックします。

 
ドライバー・ファイルの保存場所に、アンドロイドSDKのドライバーフォルダーを指定し、「OK」をクリックします。(デフォルトは、C:Program FilesAndroidandroid-sdkextrasgoogleusb_driver)

 

 

 
「Android Bootloader Interface」をハイライトし、「Next」をクリックします。Fastbootモードでアンドロイド携帯をPCに接続して、PCとコミュニケートするためには、この「Android Bootloader Interface」ドライバーでなければなりません。

 
ドライバー・インストレーションの警告ポップアップに「Yes」をクリックします。
 
「Android Bootloader Interface」のインストールが開始され、

 
確認ポップアップに「Install」をクリックし、

 
「Android Bootloader Interface」がインストールされました。

 
デバイス・マネージャーに戻ると、「Android Phone ⇒ Android Bootloader Interface」が正しくインストールされています。

 

以上でNexus SのFastbootモードのためのドライバー「Android Bootloader Interface」が正しくインストールされました。これで、PCからfastbootコマンドでアンドロイド携帯にコミュニケートできます。

 

この後、Nexus One (2.3.4 – GRJ22)のルート化手順、
Nexus One (2.3.4 – GRJ22)をルート化しました。
「ステップ3b.(もし既に済んでいなければ)Nexus OneのBootLoaderをアンロック(unlock)する・・・ページ 6」に進めます。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>