Nexus One (2.3.4 – GRJ22)をルート化しました


- Old Counter



目次:
全体の流れの説明・・・このページ
ステップ1.(もし既にインストールしていなければ、アンドロイドSDK実行に必要な)Java SE Development Kitをインストールする・・・ページ 2
ステップ2a.(もし既にインストールしていなければ)アンドロイドSDKをインストールして、Nexus One USB Driver(Google USB Driver package)をインストールする・・・ページ 3
ステップ2b.(もし既に正しくインストールされていなければ)Nexus One USB Driver(Google USB Driver package)を有効化する・・・ページ 4
ステップ3a.(もし既に済んでいなければ)Nexus OneのBootLoaderをアンロック(unlock)するのに必要なソフトをダウンロードする・・・ページ 5
ステップ3b.(もし既に済んでいなければ)Nexus OneのBootLoaderをアンロック(unlock)する・・・ページ 6
ステップ4a.スーパーユーザー(SuperUser)zipファイル、su-2.3.6.1-ef-signed.zipと、リカバリーイメージ(Recovery Image)をダウンロードする・・・ページ 7
ステップ4b.su-2.3.6.1-ef-signed.zipをNexus OneのSDカードにコピーし、リカバリーイメージをNexus Oneにフラッシュ(転送コピー)する・・・ページ 8
ステップ5.Fastbootモード⇒リカバリーイメージから、su-2.3.6.1-ef-signed.zipをNexus Oneにインストールする・・・ページ 9
おまけ.初期化されたNexus Oneの再初期設定の仕方・・・ページ 10


 
HTC Heroをルート化した勢いに乗って、Nexus One(最新アンドロイドOSバージョン:2.3.4、Build number:GRJ22)をルート化しました。

 
Nexus Oneのルート化の方法を書いたブログは、検索すれば日本語サイトでもいくつか出てきますが、一部、途中の手順が省略されていたりしていて、初めてだとその省略されている部分を試行錯誤で探し出すまで時間が掛かることがあるので、自分への記録も含めて、私なりにステップ・バイ・ステップで省略せずに書いてみたいと思います。


Nexus Oneの最新版OSバージョンのルート化は、「ワンクリック・メソッド」は(少なくとも私がググった限りでは)存在しません。

したがって、次の方法で行うことになります。

ステップ1.(もし既にインストールしていなければ、アンドロイドSDK実行に必要な)Java SE Development Kitをインストールする。

ステップ2a.(もし既にインストールしていなければ)アンドロイドSDKをインストールして、Nexus One USB Driver(Google USB Driver package)をインストールする。

ステップ2b.(もし既にインストールしていなければ)Nexus One USB Driver(Google USB Driver package)を有効化する。

Nexus One USB Driver(Google USB Driver package)は、ステップ3でBootLoaderをアンロックし、ステップ4でリカバリーイメージ(Recovery Image)をPCからNexus OneにFlash(転送)するのに必要なドライバーです。

ステップ3a.(もし既に済んでいなければ)Nexus OneのBootLoaderをアンロック(unlock)するのに必要なソフトをダウンロードする。

ステップ3b.(もし既に済んでいなければ)Nexus OneのBootLoaderをアンロック(unlock)する。

BootLoaderをアンロックする目的は、ステップ5でリカバリーイメージ(Recovery Image)をNexus One上で実行するためです。

注意:BootLoaderをアンロックすると、Nexus Oneが初期化されます。(電話帳などの個人データは残る場合があります。)

ステップ4a.スーパーユーザー(SuperUser)zipファイル、su-2.3.6.1-ef-signed.zipと、リカバリーイメージ(Recovery Image)をダウンロードする。

ステップ4b.su-2.3.6.1-ef-signed.zipをNexus OneのSDカードにコピーし、リカバリーイメージをNexus Oneにフラッシュ(転送コピー)する。

ステップ5.Fastbootモードでリカバリーイメージを実行し、su-2.3.6.1-ef-signed.zipをNexus Oneにインストールする。

以上で、Nexus Oneのルート化が完了します。
 
 
 
なお、BootLoaderをアンロックし、Nexus Oneが初期化された場合は、この後、グーグルアカウントの入力をし直し、初期設定を行います。(端末初期設定は、ステップ3b.の後でも良い。)

BootLoaderをアンロックでは、画面に貼り付けたアプリのショートカットも無くなりますので、注意してください。

また、デフォルトアプリ以外の、自分でアンドロイド・マーケットからダウンロードしたアプリも、再度ダウンロード/インストールする必要があります。

電話帳などのデフォルト・アプリの個人情報データは、残っているようです。

 
 
 











――<●>――
関連すると思われる記事: