Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


iPad Pro 9.7の組込みApple SIMでAT&Tを選択しても、AT&Tにロックされない。




これまでのアップルiPad Air 2、iPad Mini 3、iPad Mini 4、iPad Pro 12.9インチのセルラー版では、Apple SIM(物理的Apple SIM)を挿入して使用する場合、一度AT&Tを選択すると他のキャリアが選択出来なくなります。また、逆にこのApple SIMでT-Mobile USまたはSprintを選択すると、AT&Tが選択できなくなります。もちろん、この場合、ロックされるのはApple SIMですから、新しい未アクティベートのApple SIMを使用すれば、再度、T-Mobile USやSprint、GigSkyが選択できるようになります。

iPad Pro 9.7が今年(2016年)3月21日に発表、2016年3月31日に発売開始された直後、iPad Pro 9.7はApple SIMが内部に組込まれていることがわかりましたが、この組込みApple SIM(Embedded Apple SIM)も物理的なApple SIMと同様に、いったんAT&Tを選択すると、内部組込みApple SIMがAT&Tにロックされて、他のキャリアが選択できなくなるのかどうか、心配されていました。

最近、もう一度あらためてネットをググった結果、この組込みApple SIMはどうやらAT&Tを選択してもAT&Tにロックされず、その後も他のApple SIM対応キャリアが選択できる、という報告を数件見かけたので、
【MacRumors】iPad Pro 9.7: Embedded sim carrier lock?
筆者も少し自信を持ち、恐々ではあるものの実際に試してみることにしました。

組込みApple SIMで、AT&Tを選択し、実際に1日$5のプランに加入します。







加入後も、AT&T以外のキャリアが選択できます。


数日して、AT&Tの通信プランが期限切れになった後も、

AT&T以外のプランの追加が可能です。

・・・と言う訳で、安心してiPad Pro 9.7インチの組込みApple SIMでAT&Tを選んでください。

なお、アメリカ国内販売のiPad Pro 9.7インチでは・・・
● アップルストアで購入したiPad Pro 9.7インチ WiFi+セルラー版は、組込みApple SIMは自由にキャリアを選択できます。SIMスロットも使用できるので、現地SIMを使用する場合には、SIMスロットに現地SIMを挿入して使ってください。
● AT&Tショップで購入したiPad Pro 9.7インチ WiFi+セルラー版(AT&T版)は、組込みApple SIMはAT&Tのロックされていて、アメリカ以外の国へ行ってもAT&T以外は選択できません。(そのままだと、AT&Tの国際ローミングプランに加入して米国外で使用することになります。) 現地SIMを使用する場合には、SIMスロットに現地SIMを挿入して使ってください。
● Verizonショップで購入したiPad Pro 9.7インチ WiFi+セルラー版(Verizon版)は、組込みApple SIMは無効にされており、使用できません。 Verizon SIMまたは現地SIMを使用する場合には、SIMスロットに現地SIMを挿入して使ってください。
● T-Mobile USまたはSprintショップで購入したiPad Pro 9.7インチ WiFi+セルラー版(T-Mobile US版、Sprint版)は、アップルストアで購入したiPad Pro 9.7インチ WiFi+セルラー版と同じ挙動をすることが報告されています。











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>