Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


iPhone/iPad/iPod TouchでマイクロSDカード/SDカードを読める「i-FlashDriveの中華コピー」i-FlashDeviceが、ファームウェア更新+独自アプリで、また使用可能になった。




iPhone/iPad/iPod Touch用外部ストレージ装置で、
iPhone/iPad/iPod Touch用の外部ストレージ装置 – 2015年4月14日
で紹介したPhotoFast社のi-FlashDriveの、その「中華コピー版」i-FlashDeviceは、発売当時、PhotoFast社のアプリを不正(?)に「相乗り」利用していました。

これを嫌った元祖PhotoFast社は、同社のアプリ「(PhotoFast)i-FlashDrive HD」を2015年6月初旬に更新し、同社純正メモリースティック以外のアプリ使用を禁止してしまい、中華コピーの同等品はこれらのアプリを使用することが出来なくなり、(Windows PC/MacのUSBポートで使う以外では)まったく用をなさなくなりました。

ところが、中華コピーのi-FlashDeviceのファームウェアの開発元はその直後(2015年6月18日ころか、それ以降)にこのデバイスの更新ファームウェアを発表し、「(PhotoFast)i-FlashDrive HD」と同等機能のアプリ「iStick (by Gopod Group Limited)」で使用できるようにしたようです。このデバイス、つまり、iOS用標準SD/マイクロSDリーダーが、また使えるようになりました。

※ ちなみに、
 - iPhotoFast社のi-FlashDriveは内部メモリーを持ち、SDカードをソケットを備えていません。そのため、価格は高価(数十ドル~100数十ドル)になります。
 - 中華コピーの同等製品(通常、本体に刻印されている商品名は「i-FlashDevice」)は内部メモリーを持たず(持つものもあるが・・・)、マイクロSDカードスロット、または、最近発売のものは標準SDカード/マイクロSDカードを両方備え、メモリーは自分でこのスロットに挿入して使います。結果的に、価格は10ドル~20ドル台で収まります。

※ アップルの純正「Lightning to SD Card Camera Reader」と、この「i-FlashDrive/i-FlashDevice」の違いは、前者が親フォルダー「DCIM」以下のJPG/PNGなどの画像・動画ファイルのみ読み込むものであるのに対し、後者はワード、エクセル、PDF、音楽ファイルなど、画像・動画ファイル以外にも多くのファイル形式を読み込むことが出来て、親フォルダーも「DCIM」に限らないこと。


■「i-FlashDevice」のFirmware更新

まず、2015年6月以前に製造された中華コピー「i-FlashDevice」を購入した人は、Windows PCで
【ixium】Support and Downloads
にアクセスし、「i-FlashDevice Firmware」の「Software」をクリックし、新しいFirmwareをダウンロードします。ファイルはZIP形式なので、ダウンロード後に解凍しておきます。
ファームウェアアップデートの手順は「Manual:」の「Word」または「PDF」をクリックして参照できます。

解凍後、i-FlashDeviceをWindows PCのUSBポートに接続し、マニュアルに沿って「A Tool」を起動し、「Start」ボタンをクリックします。
もし、そこで「Please use “B TOOL” to update!」と表示が出たら、「A Tool」を終了し、「B Tool」を起動し、「Start」ボタンをクリックします。

筆者の「i-FlashDevice」は、「B Tool」でのFirmwareアップデートが必要でした。

アップデートソフトで「Equipment Upgrade Success!」と表示が出るまで、やってください。筆者は、なぜか一度では出来なかったです。

■「iStick」アプリをiPhone/iPad/iPod Touchにインストール

アプリは、「iStick」をダウンロードして、インストールします。「iStickPro」というアプリもありますが、少なくとも筆者の「i-FlashDevice」では「iStickPro」は外付けメモリーデバイスを認識しませんでした。

マイクロSDカードを装着した「i-FlashDevice」をLightningポートに接続し、「iStick」アプリを起動し、


「iStick」アイコンをタップすれば、

そのマイクロSDカードのコンテンツを表示します。ファイル名をタップすれば、それぞれのファイルタイプに応じたビューアーが自動的に起動し、ファイル内容を表示したり、(音楽や動画ファイルを)再生したりします。



アクセス可能なファイルタイプは、かなり種類が豊富です。

iPhone/iPad/iPod Touch用マイクロSDカードリーダーとして、とても便利です。(リーダーの反対側は普通のUSB端子になっているため、iPhone/iPad/iPod Touchから外したら、そのままPCに接続して、PC内のファイルをマイクロSDカードにコピーが出来ます。中華コピー製品の割には、なかなか良い製品だと思います。(初めから独自アプリを開発すべきだったんです!)











――<●>――
関連すると思われる記事:

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>