Notice:

URL of English Site has moved. Please Go To Eng.BlogFromAmerica.com
2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
サイト運営とテスト機器調達資金、および、プリペイド検証用通信費の為に、寄付・自主購読料のお支払いをお願いします。

この記事が役に立ったら、→ここをクリック←して寄付を。
「How-To記事一覧」をクリックするのをお忘れなく!
このサイトの豊富な「ハウツー」「方法」記事が、カテゴリー別にリストされています。

商品購入代行

リクエストの多い商品の購入代行を行っています。
入り口はこちらです。


アメリカ・アップルストアが公式SIMフリーiPhone 6s/6s Plusを販売開始。




アメリカアップルストアが公式「SIM-Free」版を昨日2015年10月8日より予約開始、9日より販売開始。契約無し、SIM無し、もちろんSIMフリー、アメリカ国内ではAT&T、T-Mobile US、Verizon、Sprint回線で契約可能。

モデルは「最強版」のAT&T版と同じく、A1633/A1634 【確定】 らしい(誰かが手にしてみるまでは、未確認情報。)
【PC Magazine】Apple’s SIM-Free iPhone 6s Is the Better Model – 2015年10月9日

T-Mobile US、Verizon、Sprint、米アップルiPhone Upgrade Program版、ドコモ、、ソフトバンク、KDDI au版に比べて、FD-LTEの対応バンドBand 30が一個多いだけだけど・・・でも、同じ値段なら、欲しいよね。AT&TのSIMを入れて、かつ、Band 30がサービスされているところしか「追加機能(周波数)」は使えないけど・・・

アップル・オンラインサイトで予約して、店舗でピックアップ出来るので、旅行者でも購入しやすい。

注意(追記:2015年10月16日):アメリカ・アップル公式SIMフリー(SIM free)版およびAT&T版のA1633/A1634モデルは、ドコモのSPモード既契約のSIMではSPモードが使用できない、という報告があります。「ドコモのSPモード使用」が必須条件の人は、アメリカT-Mobile US版A1688/A1687「Pay in full」(または、Verizon版)を購入することをお勧めします。

参考:
iPhone 6s/6s Plus、アメリカ・日本・香港・欧州モデル の周波数対応表 – 2015年9月9日
【最終結果】今年のiPhone 6s/iPhone 6s Plus最強モデル – 2015年9月27日
SIMフリーiPhone 6s/6s Plus、アメリカ・日本・香港・欧州モデルの日米SIM対応表 – 2015年10月2日











――<●>――
関連すると思われる記事:

2 comments to アメリカ・アップルストアが公式SIMフリーiPhone 6s/6s Plusを販売開始。

  • ろし

    本日、WEBで朝にストア購入で予約して午後に買ってきました。
    6sをSIMフリーでオーダーしたところA1633でした。し、技適マークも確認できました。
    WEBでオーダーをする際に、SIMフリーが出たり出なかったりでしたが、最終的にSIMフリーでオーダー出来たのでまあ良かったです。
    サイトではIDとクレジットカードの2つが最低限必要となっていましたが、クレジットカードを出しただけで買えました。IDは?と聞くと「信用してる・・・まさか盗難カード?」との回答でしたので、普通に会話ができれば 後は担当者次第ってところですね。まあ、アメリカ的と言えばそれまでですが。

    [返信]

    A Yoshida 返信:

    ご報告、ありがとうございます。
    無事に最強モデルが買えて、良かったですね。

    [返信]

コメントを残す

これらのHTMLタグが使えます。

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>